fbpx

就活に失敗したらどうなる?その後の選択肢と対応策を一挙公開

カテゴリ

就活に失敗したらどうなる?その後の選択肢と対応策を一挙公開

就活に失敗したと言えども、人によって失敗したと感じる内容は違うことでしょう。
そもそも内定が取れずに就活に失敗したのか、内定はもらえたものの自分の納得行く企業ではなくて失敗なのか・・・。
どちらにせよ、就活に失敗したと思って悩んでいる人のために、その後の人生設計はどうしたら良いのか、就活に失敗しないためにはどうしたらいいのかなどをまとめました。

就活に失敗するとは?

パターン1〜内定がもらえず、失敗した〜

就活に失敗したと思うパターンのひとつめは、「就職先が見つからず、就職出来なかったので失敗した」というパターンです。これは、就活をしたものの内定を得られず、大学卒業後の就職先が未定であるため、このままだったらどうなってしまうんだろうと将来が不安になってしまうことでしょう。
では、就職ができなかった人はどうしたらいいのでしょうか。
このパターンの人は、こちらからチェック

パターン2〜就職先は見つかったが、納得いかず失敗した〜

就活に失敗したと思うパターンのふたつめ、「就職先は見つかったが納得いかずに失敗した」というパターンです。
これは、内定は頂いたものの、自分が納得いく就職先ではないという状態であり、卒業後の就職に前向きになれず不安になってしまうことでしょう。
では、納得いかない人はどうしたらいいのでしょうか。
このパターンの人これから紹介していきます!
このパターンの人は、こちらからチェック

就職しない場合、その後どうなる?

就職に失敗するとは?のパターン1の解決策を紹介します。
就職出来ず失敗した人は、その後どうなるのでしょうか。
また、就職出来ず、失敗した人は、その後どうしたらいいのでしょうか。

既卒で就活をもう1年する

1つめの解決策は、既卒で就活をもう1年する方法です。大学や専門学校等を卒業したが、就職先が決まっていない場合、いわゆる就活浪人をするのです。1年間、就活に集中できることはメリットです。しかし、企業からすると、就活に失敗した人だというレッテルを貼られてしまう可能性が高いです。

留年して就活する

2つめの解決策は、留年してもう1年就活する方法です。1年間さらに在学することになるので、学費がかかってしまい、経済的に負担がかかってしまいます。しかし、就活に失敗したというレッテルは貼られる可能性は少ないです。また、1年間就活に集中できます。金銭的な余裕があるのであれば、既卒で就活をするよりも留年して就活したほうがいいでしょう。

専門学校へ進学する

3つめの解決策は、専門学校へ進学する方法です。将来やりたいことや、取りたい資格がある場合、専門学校へ進学することで、あなたの目指す就職先に近づくことでしょう。

大学院に進学する

4つめの解決策は大学院に進学する方法です。理系学生の場合は大学院に進学するケースは珍しいことではありません。大学院に進学したい明確な目的がある人は、大学院に進学することもおすすめです。しかし、文系学生の場合は大学院に進学すると、就活が困難になってしまうこともあります。

派遣社員として働く

5つめの解決策は派遣社員として働く方法です。これは、まず派遣社員になり、正社員を目指すことになります。しかし、派遣社員は正社員に比べ、給料は少なく、待遇が悪いので出来ることなら避けるべきでしょう。やむを得ず派遣社員として働くことになったら、紹介予定派遣社員として働くと正社員になれる可能性が高くなります。なぜなら紹介予定派遣という仕組みは、正社員として雇用することを想定したうえで採用するからです。

アルバイトを続ける

6つめの解決策はアルバイトを続ける方法です。
就職出来ず、学生時にしていたアルバイトを続けながら、就活したり、アルバイトから正社員の目指すパターンもあります。

納得できないまま就職した場合、その後どうなる?

就活に失敗するとは?のパターン2の解決策を紹介します。

転職せず、働き続ける

1つめの解決策は、転職せずに働き続ける方法です。
納得できないまま就職し、働き始めたものの、転職したいと思う人はいることでしょう。
しかし、入社して働きつづけることで今の仕事の良さを発見できるかもしれません。また、スキルが身につくかもしれません。
1~2年で仕事を辞めると、転職する際に、すぐに仕事を辞める人だと思わて、不利になることもあります。
なので、納得いかない就職先で働き始めたからといって悲観するのではなく、視点を変えて前向きに仕事に取り組んでみるのも良いでしょう。

内定後に納得がいくためにすべきこと

内定後に納得できない理由は人それぞれあることでしょう。
納得できないまま、働くのは誰でも憂鬱になってしまいます。
では納得いくためには何をすべきでしょうか。

内定後にまだ就活を続けられるとしたら、引き続き就活を続けてみるのがおすすめです。
自分が納得できる企業に入れるようにねばりましょう。この時、「なぜ納得できていないのか」理由を明確にすることが大切です。

しかし、入社目前にして、「やはり納得がいかない」となってしまった場合はどうしたらいいでしょうか。
来年もまた就活をする道もありますが、今は転職してキャリアアップする時代でもあります。
入社先企業で一生働く訳ではないので、「○○のスキルを身につけるために就職する」など、目的を設定するのも良いでしょう。

また、入社する企業のいい点を探したり、身近な人に相談することで解消されるかもしれません。

転職する

2つめの解決策は納得できないまま就職し、数年は働いて転職する方法です。
働いてはみたが、自分がしたい仕事ではなかった、納得できないことが入社当時から変わらない…
など、転職することで自分が納得できる企業に就職できるかもしれません。

内定がもらえない原因は?落ちる学生の特徴25例と対策法とは

今からでも間に合う!?巻き返し方法

入社前なら、就活を続けよう

内定後に就活を続けられるとしたら、引き続き就活をすることもおすすめです。
自分一人での就活で息が詰まってしまったり、第三者の意見を聞きたいと思う方がいることでしょう。
無料で利用できる就活支援会社に相談するのもおすすめです。

「新しい価値基準を創造し、 すべての人の適材適所を実現させる」をMISSIONに新卒紹介事業を展開しているマイナビ出資の会社です。

自己分析をプロにお願いしたら就活の方向性が見えてきた【DiG株式会社】

どうしたら就活に失敗しない?

そもそも就活を失敗しないために、今できることはどんなことなのでしょうか。

自己分析をしよう

就活においては、まず自分を知ることが大切です。
自分のことを知り、自分が何をしたいのかを見つけることで、自分が向いている企業や仕事を見つけられます。

効果的な自己分析のやり方って?これで内定レベルの自己分析が完了!

業界や職種研究をしよう

自己分析をしたら、業界研究や企業研究をすることで、自分のいきたい業界や企業を絞りましょう。
たくさん受ければ1社くらい内定をくれるだろうと甘い考えでは、面接でブレブレな回答してしまうことになってしまいます。

この業界で何をしたいのか、自分が目指す仕事ができるのか、企業と自分の方向性は合っているのかなど、これらのポイントをもとに自分の就活の方向性を決めることで失敗を防げるでしょう。

効率的な企業研究のやり方、ポイントを紹介!内定率アップで就活に勝つ!

譲れない条件を挙げよう

さらに、就活に失敗しないためには、最低限譲れない条件を挙げ、条件を満たした企業を受けることもおすすめです。
やりがい、年収、職場の雰囲気、仕事内容、福利厚生、労働時間など、自分の譲れない条件を考えてみましょう。

しかし、ここで気をつけたいのは全ての条件を満たしている完璧な企業を探し続け、内定をもらえても決めきれないということ。
自分の重要度に順位をつけてみましょう。全て満たしていなくても、ある程度の妥協は必要です。

まとめ

いかがでしたか?就活に失敗しても、巻き返す方法はあります。
また、就活に失敗しないためにも自己分析から始めて、自分が納得いく企業にいけるといいですね。


関連記事