fbpx

就活メイクがわからない人もこれで完璧!プロに教わる好印象なメイク方法

カテゴリ

就活メイクがわからない人もこれで完璧!プロに教わる好印象なメイク方法


みなさんこんにちは^^!就活アイドルキチョハナカンシャのあやのです。

就活女子のみなさん!突然ですが就活のメイクって、普段のメイクとどう分ければいいのか、また普段メイクをしない人はそもそもメイクってどうしたらいいのか、色々と不安なことも多いですよね?
私も不安に思うことがたくさんありました。

今回はその不安を解消すべく、キチョハナカンシャのりょうこと一緒に、新宿の『iDAカレッジ』で開催される『就活メイク講座』に参加して、就活メイクのHOW TOを教わってきました。そして実際に教わったポイントをもとに就活メイクをしてみたので、その様子をレポートします!

これを読んで一緒に就活メイクを完璧にしましょう!

【今回私たちが受講してきたのはーーー】


iDAカレッジ

TIFFANY、PRADAなど世界を代表するラグジュアリーブランドやUNITED ARROWS、RonHermanなどの人気セレクトショップでのお仕事を多数紹介している【株式会社iDA】が開催している、登録者無料の研修講座。
プロのトレーナーがファッションやコスメの販売、PR・マーケティングの研修や美容部員に必須の皮膚知識研修などを実施してくれるので、憧れブランドのお仕事を探しながら専門知識やスキルを身につけることができちゃいます。

いざ就活メイク講座へ!

講座を受けるべく、新宿の小田急サザンタワー7Fへ!
多くのラグジュアリーブランドの求人を取り扱っている会社だけあって、エントランスもとてもおしゃれです!

就活メイク=ただの薄化粧は大間違い!?

そして、さっそく講座開始!
講師を務めてくださったのは株式会社iDAの中根さん。かつて大手化粧品メーカーの百貨店カウンターでBA(ビューティーアドバイザー)をされていたのだとか。

始まってまず驚いたことが、就活メイクは”薄くしたり、地味にすればいいわけではない”ということです。これまでただ薄くすればいいと思っていた私は予想外のコメントにびっくり。
ナチュラル=薄化粧というわけではなく、ちゃんと好印象を与えるメイク方法があるということ。では、どうすればそのような理想の就活メイクに近づけるのでしょう・・・そんな疑問を抱きながら、一字一句聞き逃さないように必死でメモを取りました。

講座中は、自分の顔やメイクをチェックしながら進めていく形だったので、とても分かり易かったです。そして、メイク方法の基本だけでなく、スキンケア方法や好印象な髪型まで、ポイントを示しながら丁寧に教えていただきました。

貴重なお話ありがとうございました!

そして後日・・・

教わっても自分でできなければ意味がない!ということで、当日一生懸命とったノートと 共に、メイクを落として実践してみました!

これを読んでいる皆さんにもわかりやすいように実際に教わったポントを紹介していきますね!
ぜひ一緒に就活メイクにトライしてみてください^^

就活メイクはベースメイクが命!

まずはスキンケアから

メイクアップはスキンケアで決まる!といってもいいほどスキンケアが大切だとのこと。化粧水はたっぷりつけて乳液は薄めに塗るのがポイントです!
乳液をつけると肌がべたべたしてしまうから化粧水だけで済ませているという人もたくさんいると思います。(実際に私がそのうちの一人です…)
ですが!元々下地は油分と馴染むように作られているので、化粧水だけつけることが逆に崩れやすくなってしまったり、化粧水だけだと逆に皮脂が出やすくて化粧のノリが悪くなってしまうそうです。なのでしっかりと化粧水、乳液とつけてあげましょう。

ベースメイク

次はベースメイクについてです!
①下地
下地は使っている方がほとんどですが、下地を使う、使わないでベースメイクが全く変わってきます。自分の肌に合った下地を1つでいいので持っておきましょう。

②コンシーラー
コンシーラーは使っても使わなくてもOKです。使う場合は、目の下のクマや口角の部分に使うと顔が明るくなります。プチプラのもので十分カバーできるようです!

③ファンデーション
ここで重要ポイント!ファンデーションは厚塗りNGです!
ファンデは基本内側から外側に向けてやさしくつけます。リキッドタイプのものでも、パウダータイプのものでもどちらでも大丈夫です。
お直し用に小さめのファンデを持っておくのがベター。コンビニとかでよく見かけますよね?あれ、意外に使えるそうです…!

片頬にこれくらいで十分!

アイブロー

眉毛は顔の表情を左右する大事なパーツ。眉毛の描き方のポイントを写真に沿ってみていきましょう。
① 眉頭の始まりは、目頭と同じ位置


② 眉山は外側の白目内に


③ 眉尻は小鼻と目尻の延長線上

です!この3つが眉毛を描く時の基本ポイントです。
眉毛が短いと顔が大きく見えてしまうので、長さを少し足してあげて隙間をパウダーで埋めるときれいに仕上がります。
眉の角度に正解はないので、基本は自眉に沿って描きましょう。

アイメイク

アイシャドウは2色以上使うのがポイント。
①アイホールのくぼみの部分に薄い色を
②まぶたの3分の1くらいの部分に濃い色を塗りましょう。

アイライナーはまつ毛のあいだを埋める程度でOK。また、マスカラの重ね塗りをするとバザバサで派手な印象になってしまうので避けましょう。下まつ毛を塗るのも同様の理由で避けた方が無難です!

チーク

チークを塗る前に!自分のチークポイントをおさえましょう。
チークポイントとは:小鼻と目尻の延長線上の頬骨のところです。

この辺!

そこに軽く印をつけて、チークポイントを卵が横に寝ているイメージで包むようにぬりましょう。
ポイントは、まんまるくぬらないこと、鏡は少し斜めから見て幅広くぬることがポイントです。横顔って意外と正面よりも見られていますよ!

リップ

最後に仕上げのリップ!ポイントはリップラインをきれいに取ること。リップラインがよれてしまったりぼやけてしまうと、女性としての品格も下がってしまいます。
そしてもうひとつのポイントは、チークとリップは基本同系色でまとめるのがベターです。リップでどうきれいに見せるかが勝負!

これで完成です!

●Before(いつものメイク)

●After(就活メイク)

どうですか?なんだか一気にできる就活生のような印象になりました!笑
ちょっと気を使うだけでこんなに印象が変わるなんで驚きです^^

メイク以外にもためになる情報がたくさん!

また、講座当日はメイクの他にもいろんなことを教えてくださいました!

ヘアスタイル

目元にかかる前髪はNGです。髪の毛はおくれ毛なくすっきりまとめましょう。
またダークブラウン(トーン7~8まで)以上明るくしないのも重要。

選考当日にあったほうがいいもの

・歯ブラシ
・あぶらとり紙(ティッシュ)
・めんぼう
・リップクリーム
・ピン
・ゴムの予備
これらはあると便利です。カバンの中に入れておきましょう。
また、あぶらとりミストは一度浮いてしまったファンデーションをもう一度肌と密着させる効果があって、すごく万能品なのでおすすめです!

意外とみられているところ

爪、靴、スーツ、襟
これらは面接官から意外とよく見られています!爪は長すぎないか、靴は汚れていないか、スーツにシワかないか、襟は左右対称になっているかなど、しっかりとチェックする必要があります。

講座に行ってみての感想

今回就活メイク講座に行ってみて分かったこと、それは日々の大切なケアが大切だ!ということです。あやふやにしていたところも実際に知らなかったこともたくさんあったのでとってもいい機会になりました。また、このメイク講座就活の時だけでなく普段のメイクの時でも基本として使えそうなのでいい勉強になりました!
就活メイク講座の他にも無料で行っている講座がいろいろあるみたいなので、みなさんもぜひ行ってみてくださいね!

【改めて、今回私たちが受講してきたのは・・・】


iDAカレッジ

TIFFANY、PRADAなど世界を代表するラグジュアリーブランドやUNITED ARROWS、RonHermanなどの人気セレクトショップでのお仕事を多数紹介している【株式会社iDA】が開催している、登録者無料の研修講座。
プロのトレーナーがファッションやコスメの販売、PR・マーケティングの研修や美容部員に必須の皮膚知識研修などを実施してくれるので、憧れブランドのお仕事を探しながら専門知識やスキルを身につけることができちゃいます。

【iDAカレッジを開催しているのは・・・】


株式会社iDA

ラグジュアリーブランドや人気セレクトショップを含むアパレル・ファッション・コスメ業界に特化した人材会社です。ファッション業界最大級の求人数を誇り、自分が好きなブランドを選んで働くことができるのが特徴。
セール時期などは学生もできる短期のお仕事も紹介してくれるので、ファッション好きさんは要チェック!


関連記事