fbpx

失敗しない就活ノートの作り方と書き方のポイント

失敗しない就活ノートの作り方と書き方のポイント

就活が終わる時期は人によって違いますが、この違いは一体何なのでしょうか。
実は早期に内定をもらった人たちのほとんどが「就活ノート」を作っていると言われています。

とは言っても、「就活ノート」って何をかけばいいのか少し悩む就活生も多いはず。
そもそも、どんなことが書いてあると就活に役立つのでしょうか?
就活ノートの作り方のポイントを抑え、使いやすい就活ノートをつくていきましょう!
今回は就活ノートに書くといいポイント、就活ノートのテンプレートまで一挙公開します!

そもそも就活ノートって?

就活ノートとは、一般的に就職活動をしている方たちが作成する、就職活動の記録をまとめたノートのことを指します。
いまの就活生は、企業の内定を勝ち取るために多くの企業をまわって面接を受けたり、会社説明会やセミナーに参加することが求められています。

そこで苦労するのが情報の”管理と整理”です。
どれほど記憶力に自信があっても、短期間の内にたくさんの企業と接触していると、どうしても記憶がうすれたり混乱したりしてきます。

就活ノートは就活に関する情報をまとめて活動をスムーズに進めるための記録帳です。
記録する内容は人それぞれですが、たとえば選考のスケジュールや進捗状況、企業の基本情報、印象や選考の手ごたえ、あるいは反省点や今後の課題、自己分析などをまとめる人もいます。

就職活動をただやみくもに行うのではなく、これらの活動をきちんと就活ノートに記録していくことで、あなた自身が就職活動に強くなる効果が期待できるでしょう。

なぜ就活ノートは必要?

就活ノートは、あなた自身の就職活動を記録するもの。
記録を残すことで頭の中が整理でき、企業の特徴や自分自身の長所短所を見つめ直すことができます。
ある就職活動支援サイトの調査では、内定を獲得した人の8割が就活ノートを作成していたというデータがでています。
もしあなたが「就職を志望する企業があるが競争率が高くて不安」「なかなか内定が獲得できない」といったことで悩んでいるのであれば就活ノートを作成してみることをおすすめします。

また、就活を始めると一気に大量の情報が流れ込んできます。
雑多な情報をそのままにしておくと、必要な時に取り出したり想い出したりすることができません。
つまり記憶だけに頼っていると、情報を正しく整理できなくなり、誤った情報のまま記憶してしまう場合があります。
それを防ぐのもまた、就活ノートです。
「あれはいつのことだっけ?」「あの時何を聞いたんだっけ?」、そんな時就活ノートに記録があれば、正確な情報を確認できて、自分の記憶もよみがえります。
もともと就活中にメモを取る機会は多くあるので、そのメモを就活ノートにとってしてしまえば選考に参加するたびに就活ノートの内容が充実します。

就活ノートの選び方


就活ノートを選ぶ際には「A5」サイズのノートがおすすめです。なぜなら就活ノートは就職活動中ずっと持ち運んでそばにおいておきたいから。
会社説明会やセミナー中にメモをとったり、面接の前に情報を見直したりする際に、あまり大きいノートではかさばってしまい不便です。
また複数の企業を同時に就職活動することもありますので、ルーズリーフに記入し、リングファイルで企業ごとにまとめて管理するのが良いでしょう。
カレンダーや住所録、路線図や年号早見表などが初めから付属しているものが便利です。
あまり見た目が派手だと選考会場で浮いてしまいますので、落ちついたカラーのものを選びましょう。

就活ノートの書き方

作り始める時期

一般的に大学3年生の7月頃がよいと言われていますが、就活ノートを作り始めるのは早ければ早いほうがよいです。
もし具体的に志望する会社が決まっていないのであれば、プロフィールや自己分析から始め、自分の強みや弱み、どんな会社で働きたいかを整理しておくと、志望する企業を絞り込む際に役に立つでしょう。
すでに就職活動を始めているのであれば、まず現在把握している会社説明会やセミナー、面接日のスケジュールを書き出すこと、面接を受けている企業情報を書き出してみましょう。

就活ノートを書く際のコツは?

就活ノートを書くコツは、あらかじめテンプレート(書く内容・項目)を決めておくことです。
項目が統一されていれば比較もしやすくなりますし、何かを思いついた時にどこに書くべきかパッと思い浮かぶノートになります。
あとは、書くべきことが発生したらすかさず書きとめるくせをつけましょう。

毎回真っ白なノートに情報を書き出していては時間がかかりますし、記録もれが発生することもあります。
書くべき内容があらかじめ分かっていれば、話を聞く際に要点が絞れて記憶しやすいですし、実際にノートを書く際にも効率よく思い出すことができます。

テンプレート例

■企業情報編
・会社名 
・業界 
・事業内容
・代表者
・経営理念 
・歴史 
・所在地 
・連絡先  など
 ■カレンダー
・説明会 
・セミナー 
・エントリーシート提出期限 
・試験日程 
・面接日程 
・内定予定日  など

総合商社まるっと研究!【現役東大生の業界研究シリーズ】


 

目的別の就活ノートの書き方(手順)

●会社説明会、セミナー
会社説明会や企業セミナーでは、質疑応答で出た質問と企業側の回答を簡潔に書きとめておきましょう。
特に職場の雰囲気や求められる人材像に関するやりとりの記録は、ESを作ったり面接に進んだりした時とても役立ちます。
その場の雰囲気や自分の感想もぜひ書きとめておきましょう。
コツは得られた情報に関してポジティブとネガティブをはっきりさせておくことです。
つまり自分が何をどんな風に感じたか、思い出せる手がかりを残すことがポイントです。

■メモしておくとよいポイント
・日時と場所
・スピーカーの名前
・セミナーの内容
・会社やセミナーの雰囲気
・他の参加者の意見や反応
・自分の意見/質問と考察
・今後の就職活動に活かしたいと感じたこと

 

●自己分析
自己分析を行うのにも就活ノートは効果的です。
自分についてわかっているつもりでいたことやわかっていなかった本当の強み、夢などを洗い出すために就活ノートをぜひ活用してみましょう。
例えば夢ややりたいことがたくさんある場合、それをとりあえず書き出してみると、その中から本当に自分がやりたいことの優先順位が見えてくるはず。
面接試験の際には面接官からどのような質問が投げかけられるか分かりません。
普段から自己分析をして、自分の考えや思い・主張・将来像を明確にしておくことで、よどみなく質問にこたえることができるでしょう。

効果的な自己分析のやり方って?これで内定レベルの自己分析が完了!

●面接
面接の際にメモをとることはできませんが、面接が終わってから面接の記録を残しておくことも大切です。
記憶が鮮明な内にしっかりとノート上に再現しておきましょう。

しっかりと記録することで、たとえばESと面接、あるいは一次面接と二次面接とで受けこたえに矛盾が生じるといったミスを防ぐことができます。
もし上手く答えられなかった質問があったとしても、同じ質問をされたら2回目は確実に自分の思いを伝えるように準備しておくことで、内定獲得にもつながります。

■面接試験で記録しておきたいポイント
・面接日時と場所
・試験官の名前(わかれば)
・質問された内容とその回答
・試験自体の雰囲気
・自分が感じたことや反省点

こちらの記事もオススメ


アプリとノートの違いは?

ノートでまとめるメリットデメリット

就活ノートを手書きするメリットは、「手で書く」という作業によって頭の中が整理されることです。
鉛筆やペンを持って何を書くか考えながら筆記をしていくと、それだけで記憶に残りやすく、頭の中が整理されやすいです。
図を書いたり、頭の中のイメージをそのまま書き出せることも手書きのメリットといえるでしょう。

一方、手書きのノートはどうしても情報が散らばりがちであったり、時間がかかることや、メモすべき内容を忘れがちであることがデメリットといえるでしょう。
どこかに書いたはずなのに見つからない、メモをとりにくい状況で無理やり書いた自分の字があとになって判読できないなど、せっかくの情報をいかせないこともあります。
また、字を間違えたり漢字が出てこなかったりして時間を無駄にしたり、メモしておかなければいけない内容を忘れる可能性がありますので、書き出すべき項目はあらかじめどこかにリスト化しておくことをおすすめします。

アプリでまとめるメリットデメリット

「ペンを持つよりスマホに入力した方が早い」あるいは「検索機能で必要な情報を素早く見つけたい」という人は、アプリを活用するのもいいでしょう。
言わずと知れたマイナビ・リクナビのアプリも、一通りの機能はそなわっていますが、いずれも他サイトで集めた情報は別アプリで管理する必要が出てきます。
ただし、注意が必要なのがスマホが壊れてしまったり、何らかの原因でデータが消えてしまうこと。
こまめにデータを別の場所に保存しておき、万が一に備えておいた方が安心でしょう。

おすすめアプリ4選

1.evernote
スマホやPCから保存したメモや写真、ドキュメントなどを同期させてまとめることができるクラウドサービス。
検索機能が抜群で、保存してある写真の中の文字まで検索してくれるので、情報を見失うということがありません。
またメモだけでなく、ボイスレコーダー機能もあってあらゆる情報を一括管理できます。

2.Google ドライブ
Googleアカウントを持っていれば、メール、カレンダー、地図などGoogleの提供する様々なアプリを同期あるいはリンクすることができて情報の一元化に活躍します。
使いなれたWordやExcelで独自の就活ノートや資料を作り、Google Driveにアップしておくと、移動中でもスマホから閲覧、編集もできます。

3.瞬間日記
テーマ別にタグ分けできる日記帳形式のメモアプリです。
写真も動画も音声も貼りつけ可能で、文章以外の情報も充実させることができます。
シンプルですが検索機能とカレンダー機能も付いていて気軽に使えます。

4.xmind
マインドマップの定番アプリ。情報をまとめたり整理するのに便利。

気をつけること

書くだけで満足しないこと

手書きの場合、まじめな人に多いのが、美しいノートを作ることに熱中したり、きれいに仕上がったことに満足してしまうパターンです。
使いやすくする工夫は必要ですが、どこかに提出するものではないので、作っただけで終わってしまっては本来の目的を達成できません。
ノートをキレイに作ることばかりに気をとらわれず、あくまでも就職活動成功のためのツールとして考えましょう。

置き忘れや紛失に注意

企業サイトに作ったマイページのID・パスワードを就活ノートごとなくしてしまったら大変です。
他にも、自分の率直な感想や面接中に聞いた非公開の企業情報など、中身が他人の目にふれると大ごとになるケースもあります。
空き時間に利用したカフェに忘れてしまったり、電車の荷物置きに忘れたりする人も多いので注意してくださいね。
スマホやパソコンで管理する場合は必ずロックをかけておきましょう。

実践と改善を繰り返す

ノートに記録したら終わりではありません。定期的に内容を振り返り反省点を見つけ、次の活動に活かしましょう。
そしてまたその結果を記録し、そこから次の改善策を考えます。これを繰り返すことで、あなたの就活スキルはどんどん向上していくことでしょう。

まとめ

どんな就活ノートを作り、どんな活用方法をするかは就活生の自由です。
そうは言ってもどうしても作り方がわからないという人は、既成の就活ノートを参考にしましょう。

最初はネットから無料で入手できる就活ノートをいくつかダウンロードしてみてはどうでしょう。
集めた中からそれぞれ必要と思われるページをピックアップしてファイルすれば自分らしい就活ノートの完成です。
あるいはそれらを参考にして自分なりのテンプレートを作ってもいいでしょう。

ただ、あまり管理方法が複雑にならないように注意が必要です。
スケジュール管理はスマホのアプリ、企業情報はパソコンの中、実際の活動は就活ノートで、ノートも数冊を使い分けている…という状態では、「情報をまとめる」という本来の目的が達成できません。
できるだけシンプルに、必要な情報を厳選して、いつでも取り出せるようにしておくことが就活ノートを活かす秘訣です。

就活時期は大学の勉強やバイトなどもあって多忙になりがちで、就活ノートを作ろうと思っても手を抜きがちですが、そこを逃げないことでライバルに差をつましょう!


関連記事