就活にパソコンって必要?選び方や取得しておくべき資格を一挙公開

就活にパソコンって必要?選び方や取得しておくべき資格を一挙公開

最近はスマホが普及したおかげで、パソコンを持っている人がどんどん減ってきていると言われています。
では、就活においてはパソコンは必要なのでしょうか?
今回はそんな疑問に加え、パソコンがなくても内定が取れるのか、どんな場面でパソコンが必要になるか、購入する時はどんなパソコンを選ぶべきなのかなど、就活におけるパソコンに関する疑問を一から解説していきます。

就活にパソコンは必要?

パソコンはあった方が便利

スマホやタブレットだけでも内定を取れることはできますが、パソコンがあった方がより効率よく進めることができるでしょう。
就活は時間に追われることもしばしば。できるだけ時間を短縮したい場合は、パソコンを用意することがおすすめです。

パソコンが必要な場面って?

では、どういった場面でパソコンが必要なのでしょうか?
パソコンが必要な場面は大きく分けて
①エントリーシートを印刷する時。
②webテストを受ける時。
の2つがあります。

エントリーシートを印刷する時は、Web上からダウンロードする場合や、メールに添付されているものを印刷して使う場合が多いですが、パソコンがないとその都度コンビニや学校にいって印刷をする必要が出てきてしまいます。これでは時間とお金もかかり手間ですよね。

家にスマホに対応しているプリンターがあるし大丈夫!と思っても、エントリーシートや履歴書を提出した後に、企業からwebテストを課される場面も少なくありません。中にはスマホで解答できるwebテストもありますが、基本はパソコン画面に合わせて作られているため解答がしづらいですし、パソコンがないと解答できないwebテストもあります。パソコン環境が整っている場所へ出向く手間も出てきますし、そういったスペースは周りの騒音が気になり、集中してテストを受けられない可能性もありますよ。

こちらの記事もオススメ


どんなパソコンを選べばいいの?

デスクトップかノートパソコンどちらにすべき?

パソコンを選ぶ時に、まず、デスクトップかノートパソコンかを決める必要があります。映像編集などの複雑な作業をする必要がない場合は、持ち歩くことができるノートパソコンがおすすめです。面接と面接の空き時間にカフェで作業ができたり、時間を有効に活用することができますよ。

MacかWindowsどちらがおすすめ?

次に迷うのは、MacかWindowsかという点ですが、就活で使うものについてはWindowsがおすすめです。

先ほど伝えたように、パソコンが必要にるのはWebテストを受けるとき。しかし、Macは一部のWebテストに対応していない場合があるのです。
また、同じ性能のものを比較した時に値段が安いのもWindowsであるため、就活のためにパソコンを準備するのであれば、Windowsがおすすめです。

どこで買えばいいの?

パソコンを買うにはどこに行けばいいのでしょうか?
安全にパソコンを手にいれるなら、家電量販店で店員さんに相談した上で購入するのがおすすめです。
ただ、少しでも安く買いたいのなら、家電量販店に行き、買いたい商品を下見して決め、それを通販で買うのが良いと思います。商品の下見をせずに、いきなり通販で最安値の商品を買うと失敗も多いので、あまりおすすめできません。

おすすめパソコン機種

「Inspiron 11 3000 エントリー・プラス」

これはWindowsの中でも、小型でありながら比較的性能が良いタイプです。価格帯は5万前後で安く買いたい方にはおすすめです。

「Surface Laptop」

これはSurfaceなので、別売りの専用ペンを使うと、パソコンの画面に手書き入力することができます。
Windowsストアからしかアプリを購入できないようになっている点に目をつぶれば、13万円前後という価格からすればとても高性能です。

就活で必要なパソコンのスキルって?

パソコンをせっかく買ったのであれば、使いこなせるようになりたいもの。
社会時に出てからはPCスキルは必須ですし、就活時に身につけておけるとスムーズに業務取り組むことができますよ。

タイピングスキル

web上で履歴書やエントリーシートの作成をする機会も増えていますよね。
パソコンを普段から使い慣れていない場合は、文字を打ち込むことにかなりの時間を要してしまうもの。
インターネット上で無料で練習ができるサイトも公開されているので、苦手意識のある人はチェックしてみてください。

Micro Soft Officeのスキル

多くの企業で使用されている、Micro Soft Office(マイクロソフトオフィス)。
中でもWordとExcelは、就活においても履歴書の作成などでよく使います。
社会に出てからも使う場面が多くあるMicro Soft Officeは、今のうちから使いこなせるようにしておくと良いでしょう。

ショートカットキーが便利

ショートカットキーを使いこなせると大幅に稼業時間を短縮することができますよ。
ここで、覚えておくべき基本のショートカットキーを紹介します。

■Windowsでよく使うショートカットキー
Ctrl + A すべて選択する
Ctrl + C コピーする
Ctrl + V 貼り付け
Ctrl + X 切り取り
Ctrl + F 検索
Ctrl + Z 元に戻す
Windows ロゴ キー + D デスクトップを表示する

■Macでよく使うショートカットキー
command + A すべてを選択
command + C コピー
command + V ペースト
command + X 切り取り
command + Z 元に戻す
command + F 検索

 

あると有利?パソコンスキルを証明できる資格

必須のスキルについて面接で「パソコンの機能を使いこなせます」と言っても、「何か証明できるものはあるのか?」と判断しかねてしまうかもしれません。
そこで、客観的にパソコン能力を計測・証明する資格を取っておくこともおすすめです。

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)

MOSとは、その名の通り、マイクロソフトオフィスの利用スキルを証明できる資格です。
その他の資格の受験科目が免除できたり、受験料が免除されるなども特典もあるため、これからPCスキルを身につけたい人にはおすすめの資格です。

ITパスポート

iパスとも呼ばれる国家資格。ITに関する基礎的な知識を証明できる資格です。
営業職などであれば必要ないと思うかもしれませんが、社内システムなどはほとんどの企業でIT化されており、ITに関する知識を持っていないことで機密情報の漏えいに繋がってしまった、なんてことも考えらます。
ITリテラシーにあまり自信がないという人は、取得しておくのもおすすめです。

まとめ

就活においてパソコンの重要性について、解説してきました。
この記事を参考に、パソコンを買って、就活に備えましょう!


関連記事