fbpx

就活におけるOK/NGパーマとは?好印象なスタイリング方法を一挙公開

カテゴリ

就活におけるOK/NGパーマとは?好印象なスタイリング方法を一挙公開

この記事は、2018年6月に投稿された記事を一部リライトしたものです。

「パーマをかけたいけど、そもそも就活でパーマってあり?」「すでにパーマをかけてしまったけど、ストレートにしなきゃだめ?」
就活を始めるにあたり、そんな疑問を抱く就活生も多いですよね。

今回は、そんな疑問を解決するために就活におけるパーマのOK/NGライン、パーマをかけてる人におすすめのヘアスタイル、就活中のパーマのメリット・デメリット、さらに就活生の理想の髪型についてまとめました。

就活中のOK/NGパーマは?

清潔感があるかどうかがOK/NGライン

「就活中はパーマNG」という話を聞いたことがある就活生もいるかもしれません。
しかし、実際のところ、パーマをすること自体はさほど気にしていない採用担当者がほとんど。
それよりも、「清潔感のある髪型がどうか」が重要です。

清潔感のある髪型のキーワードは”まとめ髪”

パーマをかけていても、スタイリングで全体をまとめていれば、清潔感のある印象を与えることができます。
例えば、ゆるふわで自然なパーマ、内側のワンカールパーマなどは、奇麗にまとめやすいパーマです。

逆に、避けたいのは根元からしっかりとかかっているパーマ。
「パーマ=おしゃれ」という印象を持つ面接官もいるため、就活においてはふさわしくないと捉えられてしまうかもしれません。

天然パーマは?

では、天然パーマの場合はどうなのでしょうか。
先ほど伝えた用に、就活においては清潔感のある髪型が大切です。
天然パーマだからといって面接に落ちる、ということは考えにくいので安心してください。

しかし、人工パーマと勘違いされてあまり良くない評価をもらうということはあります。
もし不安ならば、ストレートパーマをかけるか、履歴書欄に天然パーマであることを書いたり、面接時に一言断りを入れて天然のパーマであることを伝えるのも良いでしょう。
面接でのアイスブレイクのきっかけになるかもしれませんよ。

男性は我慢するのが無難

ここで注意しておきたいのが男子就活生。
企業によっては、パーマをかけている男子就活生にあまりいいイメージを持たないことも多いので、就活中は我慢するのが良いでしょう。

パーマをしてても好印象!おすすめのスタイリング方法

すでにパーマをかけている場合、そのパーマがカーリーヘアやパンチパーマなど派手なイメージを与えるものである場合はパーマを落とした方が良いでしょう。
しかし、普段から自然に見えるパーマをかけていたならば、特に戻す必要もありません。

以下のようなアレンジをすることで、清潔感のある髪型をつくりましょう。

ハーフアップ

女性らしさを演出できるハーフアップは、就活女子の定番の髪型です。
主にミディアムヘアの方に適している髪型です。
毛先が広がりやすい人は、トリートメントやワックスでまとめるようにしましょう。

就活はハーフアップで好感度UP?好印象な髪型の作り方とは

ポニーテール

ロングヘアの場合は、ハーフアップよりもひとくくりにしてしまったほうがすっきりとした印象になります。
ポニーテールの場合も、寝癖で毛先が広がったりしないように、しっかりとスタイリングをしましょう。

シニヨンヘア

パーマをかけていることがバレたくない場合は、シニヨンヘアにアレンジしてパーマ部分を隠してしまうのがおすすめです。
硬いイメージの企業では、パーマをかけていること自体あまり良くない印象をもたれることがあります。
自分の受ける企業に応じて、髪型を選んでいきましょう。

こちらの記事もオススメ


髪型は”前髪と眉毛”もとっても重要!

第一印象に大きな影響を与える髪型ですが、中でも前髪と眉毛はより印象を左右します。
好印象な髪型は”おでこをだす””耳を出す”がキーワード。

暗い印象を与えないように前髪は眉にかからないようにし、髪の毛をすっきりまとめて黒か茶のゴムでまとめましょう。
就活では相手におじぎなど、頭を下げる機会が多いです。なので、おじぎをしても髪が垂れてこないようにムースなどで固めるのがおすすめです。
また、後れ毛もスプレーやワックスなどを使いしまいこむようにするとすっきりとまとめられますよ。

就活女子向けの好印象な前髪の作り方とは?髪型・セット方法まで解説

就活で好印象な眉毛の作り方って?色・太さやおすすめアイブロウ5選

就活でパーマをかけるときのメリットとデメリット

パーマをかけるかどうか迷っている人、またすでにパーマをかけている人も、就活におけるメリットデメリットをチェックしましょう。

メリット

面接などでの印象においてのメリットはまずないと考えて良いでしょう。
それ以外でのパーマのメリットは「ヘアセットの時間を短縮できること」、「髪型を長時間キープできること」です。
髪の癖やうねりが気になる場合、長い時間をかけてセットするのは大変です。

また、雨など湿気の多い日に髪型を一日キープするのも大変です。
そんな時に、上手にパーマを取り入れれば髪型に困る必要もないでしょう。一度、美容師に相談してみるのもおすすめです。

デメリット

一番のデメリットは「面接で悪目立ちしてしまうこと」です。
面接会場などにパーマの人はかなり少ない場合が多いです。
そこで一人だけパーマがかかっていると目立つことは避けられないでしょう。

また、髪へのダメージも多いため、髪がパサついたり、明るくなってしまい悪い印象を与えてしまいかねません。
就活中にパーマをかける場合は髪の手入れには気をつける必要があります。

就活中の髪色

就活中の髪色は清楚感が求められるため黒色が無難です。
過度な茶髪はNGとする企業もたくさんあるため地毛でない限りは就活中は避けましょう。
髪色のトーンは8レベル以下が無難で、あまりにも茶色すぎると面接官に挑発的なイメージを与えてしまい、マイナス評価につながるので注意が必要です。  

就活で黒染めはいつ?染める時の注意点や好印象なヘアカラーを解説

目的別、おすすめパーマアイテム

パーマを長持ちさせるアイテム

ルベル プロエディット シャンプー&トリートメント
パーマを長持ちさせるなら、シャンプーを見直して見ましょう。
プロエディットは、髪を滑らかに、頭皮をさっぱりさせてくれます。


ベルーガ シャンプー&トリートメント
ベルーガのシャンプーは、パーマ後の傷んだ髪におすすめです。
生ケラチン・生コラーゲンが入っているため、髪がサラサラになりやすいです。


寝てる間に髪を巻くアイテム

フルリフアリ 寝ながらカーラー
時間がない人には夜のうちに髪が巻けるノーブルのフルリフアリがおすすめです。
硬くない素材なので、つけたまま寝やすいです。


HailiCare ヘアカーラー
こちらのヘアカーラーはデザインも可愛く、つけやすいです。
仕上がりも綺麗なので試して見てはいかがでしょう?


ヘアアイロン

AIVIL(アイビル) D2アイロン チタンバレル
こちらのヘアアイロンは、温まりが早く、朝時間がない人向きです。
軽く、つるつるとした素材のため、髪が引っかかりにくく使いやすさも抜群です。


クレイツ ヘアアイロン イオンカール プロ
カール持続力が高く、サロンで巻いたような仕上がりを長時間キープ可能です。
誤作動防止機能も付いているので初めてヘアアイロンを使う方にもおすすめです。


巻き髪用スタイリング剤

ミルボン リッジカールスプレー
髪に形がつきにくい人にはミルボンのリッジカールスプレーがおすすめです。
髪を巻く前に使用すると形がつきやすくなりますよ。


カールエックス グラマラスカール 150ml
こちらのスタイリング剤は、髪のダメージケアをしながら自然なカールを長時間持続してくれます。
髪の傷みがきになる方はあ使用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか。
就活中のパーマって基本OKだけどかけないことがやはり一番いいようですね。
今、パーマをかけようか悩んでいるそこのあなた。就活が終わるまでパーマをかけるのを我慢してもいいかもしれません。
就活=おしゃれを楽しむ場所ではありません。しっかりとした髪型で就活に臨みましょう。


関連記事