fbpx

【就活セミナーでの服装の選び方】服装自由はスーツと私服どっち?

カテゴリ

【就活セミナーでの服装の選び方】服装自由はスーツと私服どっち?

就活セミナーや会社説明会時に参加する際の服装について一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

イベント要項などに「服装自由」と記載されている場合、何を着ていけば悪い印象を与えずに済むのか、周りの人は何を着ていくのか気になるところですよね。
今回は、そんな就活生に向け、就活セミナーや説明会等に参加する際にどのような服装で参加すれば良いのか、NGポイントと共に解説します。
せっかく参加するのですから服装に足を引っ張られてはもったいないです。しっかり確認して、万全な状態で就活に臨みましょう。

スーツでの参加が基本

就活セミナーや企業説明会に参加する際、特に指定が無ければリクルートスーツを着用するのが基本です。スーツを着ていないからといって直接就活で不利になる訳ではありませんが、スーツを着て気持ちも引き締めて参加しましょう。

「服装自由」と記載されていた場合

スーツが無難

「服装自由」と記載されていた場合、服装は私服・スーツどちらでもかまいません。しかし、実際の参加学生を見ると、スーツで参加する学生が半数以上を占めることが多いようです。周囲との差に焦らないためにも、心配であればスーツで行くことをおすすめします。

業界によっては私服の方が良いかも

しかし、企業や業界によっては「服装自由」の解釈や意図が異なる場合があります。アパレル関連の企業やベンチャー企業の場合、あなたのファッションをみて、企業の雰囲気・コンセプトにあっているか等を見たいという意図もあるかもしれません。

アパレル業界のセミナーに私服で参加する場合は、実際にそのアパレルブランドで働いている姿がイメージできるような服装を意識するとよいでしょう。

また、私服だからと言ってなんでもOKという考えは少し危険かもしれません。就活においては「清潔感」が大切。私服でもこの点を押さえて選ぶようにしましょう。

イベントや企業の雰囲気で選ぶのもあり

参加するセミナーの雰囲気や企業の社風で服装を選んでも良いでしょう。
ラフに参加できることを目的としているイベントや自由さを大切にしている企業ならば私服で参加することをおすすめします。
その方がお互い硬くならずにラフに会話もできますし知りたい情報も手にいれやすくなるかもしれません。
今はSNSなどで前年度に行われた同じイベントの写真なども探しやすくなっているので、それを見てどのような雰囲気なのか確認してみても良いですよ。

私服を指定されていた場合

私服で来るように指定された場合の私服の選び方についてみていきましょう。

オフィスカジュアルを意識

こちらも働いている自分を意識してコーディネートしましょう。
「ビジネスカジュアル」「オフィスカジュアル」は、「社会の中で適した服装」「会社の中で適した服装」であることが大切です。

全体的に派手すぎない色を選び、やはり清潔感を意識したコーディネートが大切です。
パステルカラーなどの淡い色を上半身に取り入れると顔の印象が華やかになりますよ。

面接で好印象な私服って?就活女子の私服NG例とおすすめコーデ5選

私服時のNGポイント

では、反対に選んではいけない気を付けるべきポイントも確認していきましょう。

①ラフな格好

ジーパンにTシャツ、パーカーなどのラフすぎる格好は控えましょう。もちろんスニーカーやサンダルも同様にNGです。

②露出の多い服装

いくら自分をアピールしたいからと言って露出の多いミニスカートやショートパンツ、胸の開いたトップスなどはNGです。面接官や説明会の担当者が目のやり場に困ってしまうだけでなく、だらしがない印象を与えてしまいます。

③派手すぎるアクセサリー

こちらも露出の多い服と同様ですが、派手に着飾ってアピールするのではなく、ありのままの自分をアピールしましょう。

就活中おしゃれは厳禁?アクセサリーのNG/OKラインとは

④底の高いヒールやパンプス

女性は就活時パンプスを履くのが基本になります。ですが底が高すぎるヒールやパンプスはやめましょう。3~5cmの高さのものが無難です。

就活で好印象なパンプスのヒール・高さ・形は?お手入れ方法まで一挙公開

⑤香水をつけすぎない

こちらもマナーの1つです。香水には好き嫌いがありますし、匂いは人に不快感を与えることもあります。自分は好きなにおいでもマイナスイメージを持たれてしまうこともあるので基本的にはつけないようにしましょう。

就活面接で香水はNG?香り王子に教わる!面接に“効く”香りの選び方

まとめ

いかがでしょうか?就職活動では様々なセミナーに参加すると思われますが、しっかりとポイントを確認してどのようなイベントでもばっちり対応していきましょう。 
TPOに合わせたコーディネートができるようになれば社会人になってからも安心です。


関連記事