fbpx

人事の心をガッツリ掴む!就活における趣味・特技の書き方と例文

カテゴリ

人事の心をガッツリ掴む!就活における趣味・特技の書き方と例文


就活における第一ステップとも言える履歴書の作成。そんな履歴書の中でも、特に迷う所と言えば、「趣味・特技」の欄ですよね。
「どんな趣味を書いたらいいかわからない」、「そもそも趣味も特技も特にない」という人も多いのではないでしょうか。
今回はそんな履歴書の「趣味・特技」欄の書き方と注意すべきポイント、避けるべきテーマ、趣味・特技がないときの対処法、例文について紹介します。

企業側は履歴書の趣味・特技欄で何を見ているの?

履歴書の趣味・特技欄にはどんなことを書けばいいのでしょう?そして採用担当者はこの欄から何を読み取るのでしょう?
趣味・特技欄には書いた人の人柄や性格がよく表れます。もしかしたら履歴書の中で一番人間味のある項目かもしれません。
採用担当者にとっては応募者がどんな人物なのかを想像できる部分であり、自社が求める人材かどうかの判断材料にもなります。

ESは手書きとパソコンどっちがいいの?書き方と作成時の注意点を解説

エントリーシートが通らない原因って?魅力的なESの書き方と例文まで一挙公開

趣味・特技に書く内容はどうすべきか

「学歴や資格は事実だから書きやすいけど、趣味・特技欄になると筆が止まってしまう…」そんな悩みを持つ就活生は多いのではないでしょうか。
行きづまってしまったら、例えば次のような手順をふんでみましょう。

自分の趣味・特技などを思いつく限り書き出す

とりあえず自分の趣味や特技として思いつくものをどんどん書き出してみましょう。漠然としたイメージも、視覚化することで整理しやすくなります。また、いくつかのキーワードをつなげてテーマをふくらませるアイデアも浮かびます。

履歴書を送る企業で求められているであろうスキルや性格を書き出す

次に、履歴書を送ろうとしている企業のホームページや募集要綱などをよく見て、その企業がどんな人材を求めているのかイメージしてみましょう。語学力とパソコンのスキルではどちらが高く評価されそうか、こまやかな配慮のできる人当たりのいい人材と積極的でエネルギッシュな人材ではどちらが歓迎されそうかなど、企業の求める人物像を読み取ってみましょう。この作業は企業研究の一環としてもおすすめです。

趣味・特技と求められる人物像でつながりそうな部分を探す

求められる人物像がなんとなくつかめたら、最初に書き出した自分の趣味・特技を見直し、企業の要望にかなうものがないか探してみましょう。
ぴったり合致していなくても、採用担当者に興味を持ってもらえそうな部分がないか考えてみましょう。

共通部分を元に文章を作成

自分に興味や経験があり、なおかつ企業も関心を示してくれそうな接点が見つかったら、それらをつなげて文章を作ります。
経験談やエピソードを盛り込み、具体的にすると個性が出ます。自分の長所をアピールできるような内容を心がけましょう。

趣味・特技を書くときに注意すべきことって?

人事の人が話を広げやすいテーマにする

趣味・特技は話のネタになるのでできるだけ広げやすいテーマにするといいでしょう。趣味・特技欄に書いたことが面接を盛り上げてくれることがあります。
会話がはずめば場がなごみ、自分らしく発言できて好印象を残すことができるかもしれません。
そのため誰にでもイメージしやすいテーマを選ぶことも大切です。
思い切って、外見がお嬢様っぽいのに格闘技をしているとか、いかにも外交的なのにお琴や茶道を続けているなど、ギャップで驚いてもらうのも会話の糸口になりやすくておすすめです。

企業によって内容を変える

全部同じは×
同じ内容の履歴書を複数の企業に送るのは考えものです。
提出先が違えば先方の希望要件も自分の志望動機も違うはず。使いまわしの履歴書では、相手の心に響かず、興味を持ってもらえません。
提出先の企業だけを念頭においた丁寧な履歴書やエントリーシートをエントリーのたびに作成するのが就活の礼儀であり、ひいては書類選考を勝ち残る秘訣です。

企業ごとに求められていそうなことを書く
志望先がクリエイティブな活動に興味を持ってくれそうな企業なら、自分の美術や音楽や文学の好みとセンスが題材にできます。
強い精神力や向上心が求められていそうなら、長く続けたスポーツや部活について語るのもいいでしょう。
採用の際に歓迎される資格・経験がわかっている場合は、それに近いものをアピールできるといいですね。

趣味・特技でアピールしたいポイントを明確にする

せっかくなのですから、さりげなく自分の長所をPRしましょう。
この場合、強調したいのが自分の粘り強さや集中力など性格上の長所なのか、それとも感性の豊かさや、はたまた長く向上に励んできた技術や能力なのかなど、相手に知ってほしい部分がはっきり伝わる書き方をしましょう。

趣味・特技を書くときに避けるべきこととは?

ギャンブル系の趣味・特技を書く

パチンコ、競馬、競艇などのギャンブルを趣味・特技にあげるのは危険です。
健全な学生を求めている採用担当者が眉をひそめる可能性が高いです。麻雀、ダーツといった賭博系のゲームも同じ理由で避けるよが良いでしょう。

では株式投資や資産運用ならどうでしょう?
これも相手によってはギャンブルと同一視されてしまう危険性があります。
志望職種に直結すると思われる場合でも、履歴書への明記は避けて、面接の場で発言の機会があれば答える程度に留めましょう。

犯罪を連想させるような趣味・特技を書く

企業はリスクやトラブルに敏感です。
いくら技術や知識をアピールしたくても、ハッキングやクラッキング、盗撮や盗聴など犯罪すれすれの例をあげてしまうと、不正行為に抵抗がない人物と思われ、警戒されてしまいます。

嘘の趣味・特技を書く

目立ちたいあまり、もしくは採用されたいあまり、虚偽の記載をすることだけは絶対にやめましょう。
たとえ書類選考を通っても、どこで発覚するか冷や冷やしながら選考を続けることになり、万が一発覚してしまうと、とりかえしがつきません。

特になしと書く、もしくは空欄

特になしと書くことは、意欲がないと捉えられてしまう可能性があります。
また、あまりに短い文章や空欄も同じように、やる気がないと判断されてしまいます。
履歴書は就職にかける熱意や意欲があふれた中身であるべきです。趣味・特技欄に限らず、すべての欄を誠意のこもった文章で埋めましょう。

趣味・特技がないときの対処法とは?

どちらかがあればそれだけで欄を埋める

必ずしも趣味と特技をそれぞれ書く必要はありません。
どちらか片方しか思いつかない場合は、思いついた方についてだけ、気持ちをこめてしっかり書けば問題はありません。

部活やアルバイトについて書く

部活やアルバイトは学校生活や普段の暮らしぶりが伝わりやすい身近なテーマです。
華々しい実績や成果がなくても引け目を感じる必要はありません。
何かを達成したとか、責任を果たしたとか、継続したとか、仲間に恵まれたとか、自分の長所としてあげられる要素も見つかりやすいジャンルです。

今はまっているものや好きなものを書く

とりたてて趣味と呼べるようなものではなくても、最近興味のあることや普段から愛用しているものについて自由に書くのも個性です。
ペット、インスタ、なにかの収集など、質問されてもすらすらと答えられる分野について背伸びせずに書きましょう。
ただ、「オタク」を連想させるような、アニメ、アイドル、フィギアなどの単語は出さない方がいいかもしれません。
若い人ならともかく、採用する側の年代では拒否反応を示すことがあります。

特技・趣味欄のない履歴書を選ぶ

苦肉の策として、趣味・特技欄のない履歴書を選ぶのもひとつの手です。
ただし面接の場で趣味・特技について聞かれる場合もありますから、その時になって慌てないよう、話す内容を大まかに決めておくのがいいでしょう。

趣味・特技の例文

たとえば下記のような例文を土台にし、自分の特技と特性を当てはめて文章の下地にしてみましょう。

<例文>
「私は○○が趣味であり特技です。まず目標を決め、手順を想定して、いざ作業にとりかかっても、簡単に完成することはまずありません。試行錯誤を繰り返し、悩み苦しんだ末にようやく満足のいく結果が出た時の達成感は格別です。○○を通じて、常に効率や手際を良くする方法を追及し、新しい知識を積極的に学ぼうとする姿勢が身につきました。××の操作と扱い方も一通り習得することができました。これらを今後の仕事にも活かしていきたいです。」

○○の部分にはパソコンでも手芸でもスポーツでも、自分の得意なものを入れましょう。
××の部分にはソフトやアプリ、あるいはアレンジして、あこがれの人物や参考になった書籍名などを入れることもできます。
つちかった特性としては、集中力、計画性、柔軟性などもいいでしょう。骨格ができたらオリジナリティを盛り込み、自分らしい文章に整えましょう。最後を就職への意欲でしめくくれば完成です。

 
記事を読んでもまだ趣味、特技欄に不安のある方はプロに相談して見ましょう!
その他就活の不安も解消します!

就活相談をする

まとめ

書類選考を通るか通らないかは履歴書の書き方にかかっていると言っても過言ではありません。
大切なのは書類の向こうにいる採用担当者が「この子に会ってみたいな」と思ってくれる履歴書にすることです。
平凡すぎても奇抜すぎても好感を持ってもらえる履歴書にはなりません。限られたスペースの中で、まだ会ったことのない採用担当者に向けて、自分の人柄と就職にかける熱意をしっかりと伝えるのです。
そのためにも趣味・特技欄は有効に使いましょう。たかが趣味と軽く考えずに、自己PRをふんだんに盛り込んで面接につなげましょう。


関連記事