fbpx

面接ウケる!長所・短所の答え方とNGポイント【例文あり】

カテゴリ

面接ウケる!長所・短所の答え方とNGポイント【例文あり】

面接での定番といわれるのが「あなたの長所と短所を教えてください」という質問です。
面接は緊張してしまうかもしれませんが、長所・短所を聞かれる可能性が高いなら、逆にあなたをアピールできる絶好のチャンスにしてしまいましょう。

不安はあって当然です。
でも、面接における質問の意図、NG回答、アピール回答をしっかり整理しておけば、きっと大丈夫ですよ。
今回は、面接であなたをアピールできる長所・短所の答え方をお伝えします。

面接で長所や短所を聞く意図は?


面接官は短い面接時間の間に、この応募者がどんな人材でどう自社にマッチするかを判断します。
ではさまざまある中の「あなたの長所と短所を教えてください」という質問には、どのような意図があるのでしょうか。

自分をしっかり理解しているか

自分のことを冷静に客観的にみることができるかどうかは、組織の中での重要ポイントです。
長所を理解していることは、自分の得意分野を生かせて会社により貢献できるとみられます。
短所を理解していれば、無茶をせず他の人と協力・強調して仕事に当たれるだろう受け取ってくれやすいですよ。

企業にあう人物像かを判断している

  
面接官は、長所・短所によって、自社の求める人物像かを判断しています。
仮にある能力に秀でていても、入社後にそれがうまく生かせず、労働意欲が低下してしまう人もいるのです。
企業は採用者に、これからもっと成長してもらいたいと考えていますから、応募者がどんな人物像かもしっかり見ているのです。

エントリーシートにも書いてあるのに、なんで聞くの?

ESに書いてあることをあえて聞くのは、面接官が応募者のさらに深いところを知りたいからです。
ですから、ESに書いたままを答えることは避けましょう。
書いたことにプラスして「だから長所を○○の分野で生かしたい」「短所を〇○のように工夫して役立てたい」など、一歩踏み込んだ回答を伝えましょう。

面接でウケる長所や短所


面接官は、ただ長所・短所を知りたいだけではありません。
長所・短所を通じて応募者を見極めるポイントがあります。
そのため、見極めるポイントに合わせた、いわゆる”面接官にウケる”長所・短所の答え方を知ることが合否を大きく左右するのです。

求める人物像であることがアピールできる

面接でウケる長所・短所の答え方のポイントは「活かせる」ことを伝えることです。
まずそのためには、企業がどんな人物を求めているかを理解する必要があります。
その上で長所も短所も生かせることをアピールするのです。
「こういう短所があって、だからこそそこに向き合い○○できます」というように、短所でもアピールに転じられます。

長所と短所が一貫している

面接官は長所・短所の回答に一貫性があるかを見ています。
一貫性がある例として「(長所)何事にも行動がスピーディーですが、(短所)計画なしに動いてしまうことがたまにあります」などです。
一貫性が無い例としては「(長所)プレゼンがとても得意ですが、(短所)人前では過度に緊張してしまいます」などがあります。
事前に矛盾が無いか自己確認しておくことが大事です。

エピソードに納得力がある

長所・短所を実感したことがある自身のエピソードは、面接でウケる長所・短所のポイントです。
いくつかある長所・短所からひとつを選ぶなら、自分が思い入れのある一番記憶に残っているエピソードを選びましょう。
自然と、より納得力のあるエピソードとして伝えることができますよ。

長所の見つけ方


自分の短所はたくさん出てくるのに、長所はなかなか…という人も案外多いです。
でも「短所は長所の裏返し」と言います。短所がわかれば、そこから長所を導き出すこともできますよ。
以下にその例を示しますので、あなたの長所をたくさん見つけてくださいね。

※(短所→長所)で示します。

頑固である→リーダーシップがある
ひとりでがんばってしまう→責任感が強い
先走りやすい→行動が早い
飽きやすい→好奇心旺盛
心配症→計画を重んじる
我が出やすい→主体性がある
神経質ぎみ→几帳面である
人に流される→協調性がある

以上のように考えると、あまり無いと思っていた長所も見つけられますね。
これを活かすと長所・短所を矛盾なく示せる事にもつながりますよ。

長所や短所の話し方のコツ


次に、長所を伝えるときの話し方のコツをお伝えします。
面接官に長所がより伝わりやすい手順はこうです。

まず結論を述べる:「わたしの長所は○○です」

エピソードを述べる:「(長所である)○○を生かして、□□に臨んだ結果、△△という成果につながりました」

どのように生かすかを述べる:「この長所を御社の××に活かして力を発揮し貢献します」

 
ではこの手順に沿っての例文を紹介します。

≪コミュニケーション力を長所とする話し方の例文≫

私の長所は「相手の心を受け止める傾聴の力」です。
大学ではソフトボール部の部長として、部員約40名の声を聴いてきました。
選手みんなの不安や心配などの思いを受け止め、本当の心の声を聴くことに努めました。
その結果、選手たちのモチベーションは高まり、県大会で優勝できました。

この傾聴力は、御社の保険の営業部できっと活かせると思っています。
私はこの傾聴の力を活かして、お客様の声に耳を傾けていきます。
そして、今ある不安や心配を未来への希望に変えられるようお手伝いをしたいです。

ここまでが長所の話し方です。
ではここから短所の話し方のコツをお伝えします。
面接官に、短所がマイナスではなくプラスに伝わりやすい手順はこうです。

まず結論を述べる:「私の短所は○○です」

短所の解決方法を述べる:「(短所である)○○に気づき、□□に向き合い、その結果△△にように解決できました」

どのように対処するかを述べる:「この短所は御社では○○を心がけ、□□を意識していけば、しっかり仕事に取り組めます」

 
では、この手順に沿っての例文を紹介します。

≪自己主張が弱いことを短所とする話し方の例文≫

私の短所は「相手の考えを聞きすぎてしまい、自己主張がなかなかできない」ところです。
大学ではソフトボール部の部長をしていましたが、ある時試合の前にチームの和が乱れることがありました。
その時、私は選手みんなの意見を大事にし過ぎて、自分が「チームのために大事だと思う意見」をしっかりと伝えられませんでした。
その結果、チームワークは乱れ、勝利は掴めませんでした。

この経験から、自分の信念を貫き、本当に大切だと思うことは主張しなければ伝わらないことを学びました。
現在は、これから社会人になるにあたって、周囲の方の意見も最大限尊重しつつ、必要な場では自分の考えをしっかりと伝えることを心に留めています。

以上、ここまでが長所・短所の話し方のコツです。
例文は今のあなたと環境は違うかもしれませんが、ぜひポイントをおさえて参考にしてくださいね。

面接では話さない方がいい長所や短所は?


面接では話さない方がいい長所もあります。
例えば「大食い大会の記録保持者です」「誰よりも親孝行です」などのように、仕事に繋がりにくい長所です。
また、大勢で進める仕事なのに「独創性が取り柄です」というのも、企業の求める人物像に合っていないと判断されてしまうかもしれません。
また「短所がないところが長所です」も避けたほうが良いでしょう。
「自己分析ができないていない」とか、「面接官の意図をくみ取れない」という評価がついてしまう可能性があるためです。

そして話さない方が良い短所もあります。
これは、「時間が守れません」「お金にルーズです」「たまにウソをつきます」「意欲が出ません」「仕事がおおざっぱです」等々の致命的な短所です。
これらを述べては、社会人としての常識やマナーがないと判断され、信用を得られない可能性が高いです。

さらに、「持病がつらい」「すぐ風邪をひく」「疲れると朝起きられない」などのような身体的事情も、短所とは決めつけられませんが、別途相談をするのが賢明でしょう。


こちらの記事もオススメ

まとめ

今回は、面接における長所・短所の答え方についてお伝えしました。
面接を迎えるにあたって、あたまの中は整理できてきましたか?
面接で緊張するなという方が無理かもしれません。それでもできることを準備して臨みましょう。

人にはみな長所と短所が必ずあるのです。ですから面接では、その長所・短所を持つあなたをぜひアピールしてくださいね。

面接の他にも対策が必要!

面接は就活成功においてとても大切ですが、その他の対策はばっちりですか?
業界研究、企業研究、自己分析・・・就活はやることがたくさん。
効率よく就活を進めたい、そんな時は就活のプロに相談しましょう。



DiG UP(ディグアップ)は、ひとりひとりに合わせた親身なサポートが評判の就活サポート会社です。


関連記事