fbpx

「とりあえず内定ほしい」就活生が絶対に内定がもらえない訳&挽回方法

カテゴリ

「とりあえず内定ほしい」就活生が絶対に内定がもらえない訳&挽回方法

内定がほしいのに、なかなか思うように進まないと、不安や焦りでいっぱいになってしまいますよね。
そんなあなたのために、内定がもらえない原因や、今からでも巻き返せる方法を一挙公開します。
まだまだ間に合う。あなたに会う企業は必ずありますよ!

どこでもいいから内定がほしい


「もうどこでもいいから内定欲しい!」という気分になっていませんか?
就活が思うように進まず、内定がもらえないと「どこでもいいから早く内定を決めて楽になりたい」と考え始めてしまう就活生も多いでしょう。
ですが、内定が欲しいばかりに手当たり次第に応募して、特に思い入れのない企業への就職を決めてしまわないように注意してください。

内定が決まれば一時的に楽になるかもしれませんが、なげやりに決めてしまった企業で実際に働き始めると「こんなはずじゃなかった」「希望していた仕事ができない」「環境に馴染めない」といった落とし穴が待っている可能性が高くなります。

「産みの苦しみ」という言葉がありますが、今は辛くても、自分が納得できる企業から内定がもらえるまであきらめずに頑張ってみましょう。
就活がうまく進まないのには、必ず原因があるはずです。
その原因を突き止めることができれば、結果はおのずとついてくるでしょう。

内定がもらえないのは○○だから


内定がもらえない就活生の特徴として、志望理由が明確でない傾向にあります。
「この企業で働きたい!」ではなく、「どこでもいいから内定がほしい!」と考えていると、各企業への熱意が薄くなりがちです。
どれだけ志望動機や自己PRを作り込んでも、「その企業で働きたいんだ!」という熱意が高い就活生のほうが有利になるのは仕方がないことです。
内定が決まらないから数を多く受けるのではなく、本当に働きたいと思える企業を見つける、もしくは好きになるまで徹底的に企業研究を行ってみるとよいでしょう。

また熱意の他にも、就活がうまく進まない原因は以下のようなものが考えられます。

表面上だけの”就活の軸”

内定が決まらないと、企業にあわせて志望動機やアピール内容を変更しがちです。
もちろん、その企業向けにアピールするポイントを変えることも必要ですが、肝心の軸がぶれてしまうと、担当者には話が薄っぺらく聞こえてしまう危険があります。

まずは自己分析を行って、「自分はこうなりたい」という将来の軸を決めましょう。
その軸をもとに、なぜ各企業への就職したいのか、その思いを整理してみてください。

ここで重要なのが、過去の振り返りです。これまでたくさん面接を受けたのに内定がもらえなかったということは、何か原因があるはずです。
面接官の反応を覚えておいて、不満そうであったり、食いつきが悪かった質問や回答があれば、その内容を見直してみましょう。
あっさりと回答していたことがあれば、より深掘りできるエピソードが追加できないか考えてみるのも一つの手です。

もし内定がもらえなくても、何か一つでも得られるものがないか振り返りをきっちりと行ってみると良いでしょう。
これを繰り返すことで、相手に伝わる「自分の思い」が熟成されていくはずです。

他責になっている

内定がもらえなかった時、その責任を誰かのせいにしていませんか?
「マニュアル通りにやったのに」
「〇〇と言われたからやったのに」
「親に言われたからやったのに」
と口に出していたら、危険信号です。

就活に限らず、もしなにか上手くいかないことがあったら、まずは自分に落ち度がなかったか考えましょう。
自分のミスや失敗を他人のせいにする人は、意思決定を他人に委ねているため、いつまで経っても自分自身で成長することができなくなります。

社会に出たら、誰もあなたを指導してくれません。
自分のことは自分で決める力が必要となります。

内定が決まらないのであれば、とにかく自分ができることはすべてチャレンジしてみましょう。

自分にあっていない企業ばかり受けていた

そもそも応募している企業があなたの適性とあっていない可能性があります。
自己分析が甘い状態のままだと、自分の良さや適性が把握できておらず、自分にあっていない企業ばかり受けているかもしれません。
あなたにあっていない企業は、企業からしても魅力的に捉えられないでしょう。

就活がうまく進まないのであれば、一度応募している企業を見直してみましょう。
本当に自分が行きたい企業であるか、自分に適した企業であるかを再検討してみる価値はあります。

自分という人間を客観的に捉え直してみると、これまで受けてきた企業とは別の企業が候補として上がってくるかもしれません。

行動量が少ない

結果が出ないのは、チャレンジしている企業の数が少ない場合もあります。
数社しか受けていないのに、内定がでないと嘆いているようでは、他の就活生に置いていかれてしまうでしょう。

現在、営業職や一般職を目指す就活生の場合、エントリーする企業の平均数は30-50社と言われています。
もしチャレンジした企業数がこのエントリー数より少ないのであれば、あきらめずにさらに多くの企業にチャレンジしてみましょう。
(もちろんやみくもに選んだ企業ではなく、厳選する必要があります)

それでもやっぱり原因がわからない


どれだけ考えても原因がわからない、改善点が見つからない。
そんなときは、誰かに相談するのも有効です。

とにかく行き詰まったときは、客観的に自分を見つめ直すことが大切であり、それが難しいのであれば、第三者の意見を参考にすると良いでしょう。
大学の就職課、キャリアサポートセンター、就活支援企業など、専門家に相談してみることをおすすめします。

秋からでも大丈夫。ここから就活を挽回する必勝方法。


内定がなかなか決まらず、気づけば秋になっていた、ということもあります。
しかし秋からでも内定を決めている就活生はたくさんいるので安心してください。

就活とは簡単に言えば、
①自分を知る
②自分にあった企業を見つける
③選考を受けて内定を勝ち取る
という3ステップです。

内定が思うようにとれないのであれば、自分の就活を振り返って、どのステップがうまくいっていないのかを整理してみましょう。
もしどこに問題があるか分からなければ、最初のステップである「自分を知る」ことをからやり直してみると良いでしょう。

自分を知る

自分を知るとはつまり自己分析です。
自分がどんな人間かは、自分が一番良くわかるはずです。

良いところばかりを見つける必要はありません。
自分の悪いところを把握できれば、改善策を考えることができます。

自分の適性を見つけるコツは、過去の経験から、自分がどんな環境に置かれているときに良いパフォーマンスを発揮できたのかを振り返ってみることです。
良いパフォーマンスができたり、とても楽しかった、とても思い出に残っていること。
それこそが自分の適性であり、自分のやりたいこと、に近いのではないでしょうか。

自己分析をすることは、自分の悪いところも見つめなければならず、目を背けがちです。
しかしキレイ事ばかりでは就活を乗り越えることはできません。

これまでの自分をさらけだして、自分自身と向き合ってみてください。

自信を持って”入社したい”と言える企業をみつける

「自分」がどんな人間か分かってくると、次はどんな企業がいいかも見えてくるはずです。

大人数の中で協調しながら活動することが得意な人もいれば、少人数だからこそ個々の力を発揮することできる人もいます。
大企業の中で輝く人と、中小企業で輝く人は、どちらが優れているわけではなく、それぞれの適性にあった人が「良い仕事」をすることができます。

職種に関しても、なぜその職種を選んだのかを見つめ直してみると、他の職種でも同じ楽しみや喜び、やりがいを感じることができることに気づくかもしれません。
一つの職種にこだわらず、関連する職種や業種も探していくと、これまで気づかなかった、自分にあった企業が見つかる可能性があります。

見つけたら、内定をとる

「必ず入社したい!」という企業を見つけたら、あとは頑張って内定を勝ち取るのみです。
なぜ「入社したい!」という思いに至ったのか、それをさらに肉付けしていき、自分の中でも熱意(モチベーション)を高めていきましょう。

特にアピールできるような特徴や実績がなかったり、面接な苦手でも臆することはありません。
一つの手段として、自分を売り込む「プレゼンテーション資料」を持参する方法があります。
自己紹介をする流れになったら、「自己PRをするためのプレゼンテーション資料を作成してきましたので、資料をお渡ししてもよろしいでしょうか?」と聞いてみましょう。

わざわざプレゼン資料を持参するのは反則ではないか?と思われるかもしれませんが、そこは「それだけ入社したい思いが強いんです!」というアピールにもなります。
もし資料を使うことがNGとなっても、このプレゼン資料を作りあげるだけでも、自己分析を行うことができますので、おすすめです。

プレゼン資料の内容は、エントリーシートに記載した内容がベースで構いません。

・経歴紹介
・自分の強み
・企業分析
・志望理由/自分が入社したらどうしたいか

などをエントリーシートよりもさらに深く紹介します。
特に経歴紹介や自分の強みに関しては、エントリーシートでは紹介できないような、写真やデータなど目で見てインパクトのあるものを載せてみると良いでしょう。
企業分析に関しても、同業他社との比較や統計データなども参照すると本気度をアピールすることができます。


こちらの記事もオススメ

就職支援会社は自分を知ること〜内定までを全部サポートしてくれる

なかなか自分だけでは就活をうまく進めることができないのであれば、どんどん他人に頼りましょう。
就職支援会社は、自己分析のやり方から、面接対策、内定をとるまでを全部サポートしてくれます。
最初は無料で相談に乗ってくれる企業もありますので、とりあえずは現状を話して相談してみるだけでもやる価値はあるでしょう。

「新しい価値基準を創造し、 すべての人の適材適所を実現させる」をMISSIONに新卒紹介事業を展開しているマイナビ出資の会社です。


まとめ

内定がなかなか決まらないと悩んでいる就活生は、実際には「ただ悩んでいるだけ」のことが多いようです。
もし考えこんでしまっているのであれば、とりあえず具体的な行動をとってみましょう。

とはいえ、やみくもに動いても効果がでません。
今回ご紹介したように、まずは客観的に自分を見つめ直し、受けるべき企業を再度洗い直してみましょう。
そうすると対策するべきことは何なのかも見えてくるはずです。

内定が早く決まれば良いというものではありません。
焦らず、じっくりと内定目指して活動を続けることが成功の鍵となるでしょう。


関連記事