就活中の非通知電話どう対応する?企業の意図・非通知の出方を公開

カテゴリ

就活中の非通知電話どう対応する?企業の意図・非通知の出方を公開

就活中は、企業と電話でやりとりをする機会が多くなります。
そんな中、時には番号非通知の電話がかかってきたり、携帯に非通知の着信履歴が残っていることがあるかもしれません。
非通知の着信には出ない主義の人でも、就活中となると気になりますね。
はたして企業から就活生に、非通知で電話が来る可能性はあるのでしょうか?就活中の非通知電話について調べてみました。

就活中は、非通知でも出るようにしよう


結論から言えば、企業が非通知で電話をかけてくる可能性は「ある」と言えます。
のちほど詳しくご説明しますが、企業によっては様々な事情から、非通知で就活生に連絡をとることがあり得るのです。

ですから、「どこからの電話だったんだろう…」といつまでも気にしなくてすむためにも、就活中はむやみに怪しまず、たとえ非通知の電話でも、一応出ることをおすすめします。

電話に出られず、着信履歴が非通知だった場合には、もうこちらから折り返しかけ直すことはできません。
ただ、相手が企業だったなら、別の手段で連絡をとろうとしてくれた可能性があります。
ですから、非通知の着信履歴に気づいたら、留守電やメールや郵便物をよくチェックしてみましょう。

非通知にしている企業の意図は?

「なんでわざわざ非通知でかけるの?」と思う人もいるかもしれません。
けれどもこれには、たとえば次のような事情が考えられます。

折り返しの電話が殺到するのを防ぎたい

よほどの大手でない限り、企業にとっての採用活動は、通常業務と並行して行なわれる、いわば「上乗せ」の業務です。
ですから、就活生からの折り返しの電話や問い合わせの電話を無制限に受けていたのでは、通常業務に支障が出てしまうかもしれません。

その点、非通知で電話をかければ、電話に出られなかった就活生からどんどん折り返しの電話がかかってくる事態を防ぐことができます。
つまり担当者は、あとから自分の都合のいい時間に改めて電話をかけることができ、通常業務を計画的に進めることができるのです。

セキュリティの問題

前述のように、企業にとって採用活動は「上乗せ」の業務です。
そのため、普段は他の業務で使っている電話回線や、採用のために臨時で設けた専用回線を、この時期だけ使うことがあります。

そうした特別な番号が外部に流出することを企業は好みません。
採用活動に関係のない時期にまで、就活関連の電話がかかって来るようでは困るからです。

ですから、こうした特別回線から就活生に連絡をとる場合、企業はわざと番号非通知で連絡をすることがあります。

企業が案内業務を外部に委託している場合

採用活動に十分な時間や人員を確保できないなどの理由で、企業が採用活動の一部を外部に委託することがあります。

特に多いのが、企業説明会やインターンの案内など、多数の就活生を対象にしたアナウンス業務を外部委託するケースです。

委託されたアウトソーシングの会社では、企業から依頼されたリスト通りに就活生に電話をかけ、依頼された通りの内容を就活生に伝えるのが仕事です。
たとえ就活生から折り返し確認の電話や質問の電話をかけられても、的確に返答できるとは限りません。
ですから、番号を非通知にして、就活生との接点を必要最小限に抑えようとする傾向にあります。

このように、企業が非通知で就活生に電話連絡をする事情は色々あります。
つまり、就活中に非通知電話を無視し続けてしまうと、思わぬチャンスを逃してしまうかもしれないということです。

こうした事情をふまえて、就活中の非通知着信は、できるだけ出るようにしておきましょう。

就活が始まる前にすべき電話の準備

非通知の着信も選考につながる可能性があるとわかった以上、就活が始まったら次のことに気をつけましょう。

非通知着信拒否設定は解除!

非通知からの着信を拒否設定にしている人もいると思いますが、就活中は必ず解除しておきましょう。

たとえ設定した記憶がなくても、忘れているだけということもあります。
一度自分の携帯の状態をきちんとチェックしておきましょう。


こちらの記事もオススメ

留守電は必須!

せっかく企業が何回も電話をくれたのに、「タイミングが合わなくていつも出られない…」という事態も考えられます。
相手があきらめてしまっては大変です。留守電サービスは必ず申し込んでおきましょう。
たとえ着信は非通知でも、留守電に企業名と担当者名が吹き込まれていれば、こちらから代表番号や就活ダイヤルを調べてかけ直すことができます。

携帯はいつも身近に!

基本中の基本ですが、非通知であるかどうかに関わらず、就活中は常に携帯を手元に置いて着信があればすぐに出られる状態にしておきましょう。
そして、「持っていたのに着信に気づかなかった…」という失敗が起こらないよう、バイブ機能を併用したり、着信音の音量を調整したりしておきましょう。

非通知から着信がきたときの出方

名乗らなくてOK

就活中にかかってくる非通知電話がすべて企業からとは限りません。
中には怪しいアンケートや単なる勧誘電話も混じっているかもしれません。
ですからいきなり名前を名乗るのではなく、明るく「もしもし」と出て相手の出方をうかがいましょう。
必要以上に警戒心が声に出ないように注意してください。

企業からの電話だったら

電話に出てみて相手が選考中の企業だとわかったら、
「失礼いたしました。〇〇大学の××です。お電話ありがとうございます」と丁寧に名乗り、会話を続けましょう。

まとめ

今の時代、非通知着信に不信感を抱くのは当たり前の感覚です。
それでも、就活中だけは特別と割り切って、ためらわずに出るようにしておきましょう。
非通知着信だけでなく、フリーダイヤルやIP電話からの着信も同様です。
自分からチャンスを逃してしまわないように、むやみに警戒せず、とりあえずすべての着信に出てみることをおすすめします。


関連記事