【就活タロット占い】他の内定者が優秀で、ついていけるか不安です。

記事監修

Shaberu 編集部
Shaberu 編集部
Shaberu 編集部


就活は長く厳しい自分との戦い。いつも明るい就活女子達も、ときには悩んで疲れてしまうもの。そんな時、がんばる力が欲しくて占いに頼りたくなることもあるかもしれません。

このコーナーでは某企業で採用担当者という異色の経歴を持つタロット占い師、ユーキャンノ氏が、就活女子達の悩みを占います。

今回の相談者は、大学4年生の奈央さん(仮名)です。

◆ 相談内容 ◆


先日会社の内定式があったのですが、周りの人がみんなすごく優秀で、自分はついていけないんじゃないかと思っています。入社してから、同期に置いていかれてしまうのが怖いです。
この不安とどう向き合えばいいのか、アドバイスをいただけないでしょうか。

「奈央さん、相談してくれてありがとうございます。」

「今日はよろしくお願いします。」

「周りの同期がとても優秀だったとのことですが、具体的にはどういう感じだったんですか?」

「みんなすごくハキハキとしていて、自分の意見をすごく堂々と話すんです。内容も視座が高いというか、とにかく自分はそんな風に話せないと思いました。」

「少し話しただけでも、奈央さんもすごくしっかりしている印象を受けますよ。それに、同じ内定者ですよね? 」

「そうなんですけど、すごく差がある気がしていて……。」

「なるほど。ではまず、どうしてそんなに不安に思うのか、そこを深くみてみましょうか。」

不安の原因は、特殊な選考ルートだった

「出ました。」

「今、まるで戦場にいるような気持ちになっていますね。同期に対してなんとかして負けないようにと必死になっている。でも、有効な手段が浮かばず途方に暮れている。その背景に、何か悪い考えに囚われている様子があるんですが、思い当たるものってありますか?」

「……実は、同じ内定者ではあるんですが、私は別のルートで入ってるんです。」

「別のルートですか?」

「他の会社の紹介で受けさせてもらっていて、普通の選考と違ったみたいです。内定をいただけたのも、自分の力じゃなくて紹介だったからじゃないかと思っていて……。」

「なるほど。だから不安になったわけですね。」

「はい。私がダメだと紹介して下さった会社にも迷惑がかかるので、なんとか頑張らなきゃって思うんです。」

「そうか、自分を紹介してくれた会社への申し訳なさと、本当は基準に達してないのに内定をもらったんじゃないかという思いが、不安の根っこにあるんですね。」

「そうですね……そのことが、思っていたよりも自分の中で引っかかっているみたいです。」

目指すべきことは明らか。あとは強い志で進むだけ!

「よくわかりました。ただ、人事だった経験から言うと、紹介でも基準にまったく達していなかったら普通は採用しません。だから、内定をもらったことは素直に自信を持っていいと思いますよ。」

「ありがとうございます。」

「そうは言っても、その不安と向き合うのは難しいですよね。今回はタロット以外のカードも使ってみましょうか。ここに45枚のカードがあるので、1枚選んでもらえますか?」

「わかりました。これでお願いします。」

「 このカードには、今の奈央さんに必要なアドバイスがそのまま書かれているんです。選んだカードは……「エリザベスとライオン」。その意味は「偉大なリーダーになる時」です。」

シェイプシフターオラクルカードの20番目

リーダーと呼ぶにふさわしい、女。
王と百獣の王ライオンの姿が描かれている。

「えっ、リーダーですか!?」

「はい。ここまでお話ししていて、もともと奈央さんは他の人から頼られたりまとめ役になったりするタイプなんじゃないかと思ったんですが、違いますか?」

「サークルとか授業とかでは、頼られることも多いです。」

「そうですよね。だから今回も、同じことをすればいいんです。他の内定者と戦うとか、勝つとか負けるとかそういうことではなく、内定者の中で自分がリーダーになる。そのぐらいの気持ちで頑張った方が、動きやすいんじゃないでしょうか?」

「わぁ……そうか、そんな風に考えてもいいんですね。」

「もちろんです。今は他の内定者の方が優秀かもしれませんが、入社までまだ時間があります。足りないと思う部分を補っていけば必ず追いつけますし、それで満足せずにもっと高い目標を目指して努力すれば、本当にリーダーになれると思いますよ。」

「元気が出てきました!入社までに、自分の足りないところをもう一度見つめなおしてみます!」

「ぜひ頑張ってください!」

同じ悩みを持つみなさんへ

厳しい採用試験を勝ち抜いた同期は、仲間でもありライバルでもあります。そんな同期たちよりも自分がうまく仕事ができるのか、不安に思うことは当然かもしれません。

そんな時ほど背伸びをせず、これまで通りの自分の強みを活かすことを心がけてみてください。良い会社ほど、多様な人を採用しているはずです。あなたには無い優れた部分が他の同期にあるのなら、他の人にはない強みが、あなたにも必ずあるはずです。

また、悩んだときほど大きな目標を立てるというのも、前向きになれるコツの1つです。あえて難しいことに挑戦するとき、人は普段以上のパワーを出すことができます。そんな目標は達成できないなんて決めつけずに、ぜひ沢山のことにチャレンジしてみてくださいね。
君ならできる!


■ユーキャンノ氏 プロフィール
京都大学で心理学を学んだのち、新卒で世界的キャラクターの展開を行う企業に入社。
1年目から人事として、新卒・中途両方の採用計画の企画・設計や面接、入社フォローなどを行う。
その後複数の企業でキャリアを積みながら、これまでの経歴を活かしたキャリアタロットアドバイザーとしても活躍中。
「ロジックだけで物事を決断することは不可能」という考えのもと、新しい視点を提供するためにタロットを活用し、多くの人にアドバイスを行なっている。

記事監修

Shaberu 編集部
Shaberu 編集部
Shaberu 編集部
キャリアアドバイザー監修"相談できる"「就活メディアShaberu(しゃべる)」編集部です。