就活後のバイトは採用されない?就活後でもOK!おすすめバイト13 選

カテゴリ

就活後のバイトは採用されない?就活後でもOK!おすすめバイト13 選

就活が始まる際、就活に集中したいという理由でバイトを辞めた方も少なからずいるのではないでしょうか?
しかし、いざ就活が終わりお小遣いを貯めるためにバイトを始めようとしても、確実に1年もせず辞めるとわかっている人を雇ってくれるお店は少ないのが現状です。
それでは、就活が終わった人はどのようにお金を稼いでいるのでしょうか?
就活後でも働けるアルバイトを探してみました。

この記事の監修は

就活後はバイトに採用されづらいって本当?


就活後(内定後)はアルバイトに採用されづらい傾向にあるといわれています。
その理由のひとつは働ける期間に限りがあるからで、雇う側からすると辞めることが分かっている(短期間しか働けない)スタッフは、仕事を教えてもすぐにやめてしまうため敬遠されがちです。
もしどうしても働きたいアルバイトがあるのであれば、就職が決まっており働ける期間が決まっていることを伝えて、了承してもらうように心がけましょう。
仕事が慣れてきた頃に突然辞めるのは会社に迷惑がかかりますし、トラブルの元になりかねません。

就活後にアルバイトを始めるなら


採用が敬遠されがちな就活後のアルバイトですが、どのようなアルバイトを選んだらよいでしょうか。
採用されやすいアルバイトは大きく別けて以下の2種類があります。

急募案件

アルバイト情報誌で、「即面接」「即日働ける」「履歴書不要」と記載がある案件は、今すぐにでもスタッフが欲しいため、採用してもらえる可能性が高いです。
ただし前述したとおり、働ける期間が決まっていることは事前に伝えておきましょう。

期間限定案件

① 1日限定:1日限定の単発アルバイトです。予定の空いている時だけの限定:登録型のアルバイトなど、自分の予定や講義の時間割に合わせてできるアルバイトです。
② 土日限定:土日のみOKで募集している単発アルバイトです。
③ シーズンイベント限定:バレンタインチョコレートやクリスマスのケーキ販売など、イベントの期間限定だけのアルバイトです。

おすすめのアルバイト13選

短期間でもできる就活後のおすすめアルバイトを13つ紹介します。

(1)音楽ライブ・イベントの設備や撤去
コンサート会場や夏祭りなどのイベントの設営や撤去は、短期間バイトでも人気のアルバイトです。
力仕事となるため男性のほうが有利ですが、小さなイベントの場合は女性でも募集しているケースがあります。


(2)イベント警備
同様にイベント限定の警備や交通整理のアルバイトも、比較的自由がきくアルバイトです。
ただし、1日中屋外で立ちっぱなしということも多いため、自分の体力と相談してみてください。


(3)工場の検品や梱包作業
女性の場合、数ヶ月単位でアルバイトするなら工場の検品作業や梱包作業のアルバイトがおすすめです。
細かい作業や単純な作業がメインですが、作業時間が決められているためスケジュールをたてやすいのがメリットです。



こちらの記事もオススメ

(4)セール販売
バレンタインのチョコやクリスマスケーキの販売など期間限定のセールを行う場合、アルバイトで売り子を一時的に増員することがあります。
1日から1週間程度の短期間バイトのため、就活生に向いているアルバイトです。


(5)監視員/試験官
プールの監視員や試験官なども人気の短期アルバイトです。


(6)リゾートバイト
リゾート地や観光地に、夏休みの時期は海、冬休みはウィンタースポーツ場などのホテルや宿泊地に住み込みで働くアルバイトです。住み込みで、決まった期間内で働くので、生活費が浮き、短期で一気にお金を稼ぐことが可能です。
バイト仲間との共同生活になるので、新しい人脈つくりにもいいかもしれませんね。


(7)UBER EATS
最近都内で「UBRT EATS」をよく見かけるようになりましたよね。働く稼働時間も、場所も、服装も自由で縛られることがありません。決まったシフトに縛られることがないので、自分の予定に合わせて気軽にアルバイトができます。


(8)試食販売
派遣登録して、空いている1日に単発で入れるアルバイトです。忙しくて、固定のアルバイトに入れない方にぴったりです。時給や日給が高い場合が多いこともグッドポイントですね。


(9)テスト採点・添削
アルバイトの中でも、在宅でできるバイトは忙しい方には魅力的ですよね。
PCやスマホがあればできるバイトになるので、通学の途中や空いている時間にちょくちょくできることもできます。


(10)ティッシュ・チラシ・試供品配布
街中でティッシュや、クーポンを配っている人を見たことがありますよね?
ティッシュ配りも単発バイトです。基本的に屋外で勤務することが多いので、体力に自信がある方にはおすすめです。


(11)交通量調査
たまに、駅や道でパイプ椅子に座ってカウンターで車や通行人の数を数えている人を見たことはありませんか?「数を数えるだけ」という仕事内容はとってもシンプルです。しかし、あまり求人が出ないのでレアな求人です。


(12)コールセンター
コールセンターの仕事の内容は大きく分けて2つ。
1つ目は「インバウンド」。インバウンド(受信)は、いわゆるコールセンター求人のイメージに近い業務内容です。具体的には、お客様からのお問い合わせや相談に対応するテレオペ(テレフォンオペレーター)やカスタマーサポート、メーカーの製品・サービスに対する技術的な相談に対応するテクニカルサポートなどがあります。
2つ目は、「アウトバウンド」。アウトバンド(発信)は営業活動するためのアポイントを獲得するテレアポ(テレフォンアポインター)や、商品のお客様満足度調査や市場調査を行う(テレマーケティング)などの仕事があります。テレアポの仕事はコールセンターの中でも特に高い時給を得ることが可能で、基本給とは別に、賞与(インセンティブ)が支払われることもあります。
コールセンターの仕事は、比較的時給が高いことも多く、シフトも自由です。また。電話の業務は、社会人になって1年目にする業務の可能性も高いので、社会勉強とし
ても魅力的です。


(13)内定後インターン
内定した企業にインターンとしてアルバイトするのも1つの選択肢。自分が内定をもらって、4月から働こうとしている企業がインターン可能か確認してみましょう。金銭目的以外にも、スキルアップにも繋がるので、他の同期より少し早く業務に慣れることができます。

まとめ


授業や内定者向けのイベントなど、案外予定を立てるのが難しいかもしれませんね。自分の予定に合わせやすい単発のアルバイトにして、仕方がなくバイトを休むことがないようにしましょう。また、あまりアルバイトができないと金欠になってしまいますよね。時給や日給がいい単発アルバイトで金欠の悩みを解決しましょう。

この記事の監修は


こちらの記事もオススメ


関連記事