就活生におすすめのエージェント15選!自分にあった就活支援会社は?

カテゴリ

就活生におすすめのエージェント15選!自分にあった就活支援会社は?

効率よく就活を進めるためには、新卒就活エージェントがおすすめです。
でも、どのエージェントが自分にあっているのかを判断するのって難しいですよね。

今回はそんなあなたに向けて、就活の手助けになるおすすめ就活エージェント15社を比較してみました。

目次

就活エージェントって何?

就活エージェントとは、キャリアアドバイザーが無料で就活支援をしてくれるサービスです。
具体的には、自己分析のような就活初期段階から、自分にあった企業の紹介〜内定取得までを支援してくれます。

就活エージェントにしかない採用情報やイベントも多数あるため、隠れた優良企業を見つけることも可能です。
何から始めていいかわからない時や、より多くの企業を見たい時、自分に合う企業を知りたい時など、就活に悩める様々なシチュエーションで就活生を支援してくれます。

本当に無料なの?理由は?

そんなに就活生にメリットばかりのサービスなのに本当に無料なの?と疑ってしまいますよね。
実際のところは、最初から最後まで完全に無料です。かかるとすれば、交通費程度でしょう。

簡単に説明すると、就活支援会社は企業の求める人材を聞き、それに合った学生を企業に紹介します。
上手くその人材が企業に内定が決まれば、企業からエージェントに高額な報酬が支払われます。

この仕組みは、企業側としても、あまりにも的外れな学生が選考に来ることがなくなるので手間が省けますし、相性のいい学生に見つけてもらいやすくなるというメリットがあります。
このような仕組みで、学生は完全無料というサービスが提供可能になっているのです。

エージェントを利用するメリットって?

上記でもお話した通り、学生は完全無料で使える就活支援。
他にも以下のようなメリットがあります。

履歴書添削や面接の練習をしてもらえる


面接練習の場合、最終面接前に練習をしたりなど練習をしたいことを伝えれば、次回の面接向きの面接練習を行なってもらえます。
また、エージェントが紹介している企業の面接であれば、面接内容の情報も持っている場合が多いです。

どの点に注意して面接を受けたらいいのかなど、企業に合った的確なアドバイスをもらえるのもメリットといえるでしょう。


こちらの記事もオススメ

自分に合う企業がわかる

自分の思う向いている企業と、第三者からみる自分に向いている企業は違うことがあります。
就活エージェントでは、そんな自分の気づけなかった自分に合った企業を知ることができます。
自分に合う企業であれば、入社後もミスマッチを感じることは少ないでしょう。

見つけきらなかった優良企業に出会える

日本には数多くの企業があります。マイナビ2020だけでも約2.5万社(2019年4月現在)の企業が掲載されています。
そのため、自分の力だけで見つけられる企業はほんの一部でしょう。

しかし、エージェントを利用すると自分とはまた違った視点で企業を選んでくれるため、自分では思いつかなかったような企業に出会える可能性が高いです。
また、エージェントの元にしかない、他では公開されていない非公開求人も存在します。
求人が出ていないからと諦めていた企業も、もしかしたらエージェントで紹介してもらえるかもしれません。

企業とのやり取りを代わりにやってもらえる

自分だけで就活を行う場合は、企業とのやり取りはもちろん全て自分で行いますよね。
ビジネス文章を考えるのに時間がかかってしまったり、結構労力を要するもの。
しかし、エージェントでは、日程調整や選考辞退など、自分の代わりに連絡を取ってくれます。

別ルートの選考を受けられる

非公開求人もそうですが、エージェントから紹介された学生は、選考をいくつか免除される場合もあります。
免除されたぶんの時間を他の企業の選考に使ったり、そのぶん対策をしっかりできたりなど、忙しい就活中に少しでも時間を短縮できるのはありがたいですよね。

面接で伝えきれなかった志望度の高さを伝えてもらえる

面接で緊張しすぎてうまく志望度を伝えられた自信がない、時間がなくて伝えきれなかったことがあった、という場合には、
面接後エージェントが代わりにその思いを企業に伝えてくれる場合があります。
特に志望度が高い企業の場合はエージェントにも協力してもらい、自分の熱い気持ちを企業に伝えましょう。

面接のフィードバックをもらえる

自分で選考を受けていると、企業側から「あなたのここが良い」「あなたのここが心配」と言われる機会ってないですよね。
エージェントを利用している場合は「企業はあなたのこんなところを良いと評価してくれているよ」「こんなところを懸念に感じているみたいだから、次の面接で補っていこう」など、企業からの評価をエージェントが教えてくれる場合があります。
ちょっとしたことのように感じるかもしれませんが、このフィードバックはかなり貴重で重要です。
エージェントにフィードバックを教えてもらうことで、就活を有利に進めていきましょう。


こちらの記事もオススメ

エージェント利用のデメリット・注意点

任せっぱなしは危険

エージェントによっては、学生のことは考えず、とにかく内定を取らせて報酬をもらえることを考えているエージェントがあることも事実です。
そのため、「エージェントに支援してもらえば、他では活動しなくてもいいだろう」なんて考えている人はちょっと危険かもしれません。

そのような利益優先のエージェントに当たってしまうと、自分に合わない企業どころか、志望していた業界とも全く違う企業を紹介されてしまうこともあるかもしれません。
エージェントが紹介してくれる企業について調べている時に、あまりにも自分の希望と比べて見当はずれな求人ばかりの時は、別のエージェントを探すなどし、望まない企業に就職をすることがないよう自衛が必要になってきます。

エージェントに頼りきってしまうのではなく、紹介してもらった企業については詳しく調べてみるなど、自分で考えて行動することが大切ですね。
エージェントを介す場合でも、自分がなぜこの企業に応募をするのかの理由がきちんと伝えられるようにしましょう。

エージェントの前でも礼儀正しく

エージェントは学生の要望だけ聞いてくれるわけではありません。
礼儀のなっていない学生を企業に送ってしまったら、企業からクレームも入りますし、次からその企業との取引もなくなってしまうかもしれません。
そのため、あまりにも企業に紹介できないな。という態度の学生である場合、求人はエージェントにあっても紹介をしてもらえない可能性もあるのです。
せっかくエージェントを使っても紹介してもらえなかったら意味がありません。
エージェントの前でも礼儀正しく、好印象を与えられるようにしましょう。

自分に合ったエージェントの選び方

自分にあったエージェントを選ぶ時には、以下のポイントをチェックするのがおすすめです。

自分の希望業界の求人は多いか

エージェントによって、得意な業界が違う場合があります。
自分の希望している業界は、どのエージェントが強いのか調べてみましょう。

自分のサポートしてほしいレベルにあっているか

エージェントによって、とても親身になって相談を聞いてくれたり、就活生のことをしっかり知った上で合う企業を探してくれるところや、希望業界や条件を聞いただけで合う合わない関係なく、とにかく数多く紹介してくれるところなど様々です。
とにかく数多く求人を知りたい就活生には前者は物足りなく感じるでしょうし、自分に合う企業を紹介して欲しい就活生は後者には不信感を抱くでしょう。

扱っている企業層があっているか

学生によって、大手志向であったり、ベンチャー志向であったり、規模関係なく優良企業が良いなど、希望の層は様々でしょう。
エージェントによっては大手の求人はなかったり、優良か関係なく、とにかく数だけあるというエージェントもあります。
自分の希望している層に強いエージェントはどこか、確認しておくと良いでしょう。

自分の住む場所の近くにもあるか

どんなに自分の条件に合うエージェントがあっても、家からあまりにも遠いと通うことができないですよね。
自分の家の近くにはどんなエージェントがあるのか確認すると良いでしょう。
また、テレビ電話などを利用して、遠方の就活生もサポートしてくれるエージェントもあるので、地方で近くにエージェントがない場合は、遠方の学生もサポートしてくれるエージェントを探すと良いでしょう。

希望の地域の企業を紹介してもらえるか

希望の勤務地がない場合は特に関係ありませんが、地方から上京したかったり、逆に地方で就職したい場合、それに対応した企業を紹介してもらえなくては意味がないですよね。
IターンやUターンを希望している場合は、その地域に特化したエージェントを選ぶとよいでしょう。

エージェントの上手な使い方

受けたい企業が決まっている場合はエージェントに情報がないか聞く

もし、エージェントに自分の受けたい企業の球威人がある場合、エージェントに紹介していただいた方が、選考を通過しやすくなったり、選考を短縮できる可能性もあります。
ただ、エージェントに提示される企業ばかりを受けているのではなく、気になる企業がある場合は、こちらからエージェントに紹介してもらえないか相談してみましょう。

エージェント主催の就活イベントに参加してみる

ただ企業を紹介してもらうだけでなく、エージェント主催のイベントに出席してみるのもいいでしょう。
イベントによっては、その場で内定をもらえたり、いくつもの企業の説明を聞けて、さらに企業の人とお話ができたりなど、貴重な時間を過ごせるものがあります。
このようなイベントに積極的に参加することで、より多くの企業を知ることができるだけでなく、有利な情報を得ることができたり、社会人と話す練習になったりもします。

友達紹介キャンペーンを見逃さない

エージェントによっては友達を紹介すると、何かもらえたりなどのキャンペーンをおこなっている時があります。
就活中は、アルバイトなどもあまりできずお金がなくなりがちですし、なにか役に立ちそうなキャンペーンがある場合、友人もエージェントを探していて、おすすめできるエージェントだと思ったら紹介してみるといいでしょう。

就活生におすすめ!就活エージェント15選

エージェントの選び方はわかったけど、数が多すぎてどれがいいのかわからない!なんて人もいますよね。
そんな人のために、おすすめの就活エージェントをまとめましたので、参考にしてください。

DiG UP CAREER


特徴
・キャリアアドバイザーが親身
・自分にあった企業をピンポイントで紹介してくれる
・拠点が渋谷のみ、遠方の就活生はWeb電話でのサポート
・人気で予約が取りづらいため、早めの登録がおすすめ

こんな人におすすめ
右も左もわからない、自分がやりたいことがわからないという迷える就活生におすすめのエージェントです。
とにかく手厚いサポートが期待できるエージェントで、自己分析、ES、面談練習〜入社まで、納得のいく内定をフルサポートしてもらえます。
利用者満足度も90%を超えており、面接後にフィードバックももらえるので、着実に力をつけることができます。

マイナビ新卒紹介


特徴
・求人数が他のエージェントに比べて圧倒的に多く、紹介される求人も幅が広い
・1枚のESで様々な企業にエントリー可能
・地域、業界、業界規模において幅広く対応
・親身なサポートは臨めない
・学歴が影響することがある

こんな人におすすめ
「とにかくたくさんの企業を受けていろんな業界を見たい」「持ち駒を増やしたい」という人
学歴によって受けられる企業が大きく異なる場合があるため、大手企業やネームバリューのある人気企業の求人があったとしても受けられないことがあります。
学歴に自信がある人、ないとしても大手企業やネームバリューを気にしない人は向いているでしょう。
利用者が多いため、サポートは基本電話です。親身なサポートよりもあっさりとした関係を希望する就活生には向いているかもしれません。

リクナビ就活エージェント


特徴
・求人数が他のエージェントに比べて圧倒的に多く、紹介される求人も幅が広い
・1枚のESで様々な企業にエントリー可能
・地域、業界、業界規模において幅広く対応
・親身なサポートは臨めない
・学歴が影響することがある

こんな人におすすめ
サービス内容や特徴は、マイナビと近しいです。
アドバイザーとの相性もあるので、両方登録してみるのも良いかもしれません。

キャリアチケット

特徴
・企業が洗練されている
・スピード内定が可能
・手厚いサポート体制
・サービスを受けられる地域は首都圏、大阪
・大手企業の求人はほぼない
・エントリーできるのは、アドバイザーに紹介された企業のみ

こんな人におすすめ
・早く内定が欲しい人
・ベンチャーや中小企業を志望している人

TYPE就活

特徴
・地方から首都圏に出てきて就活する学生へのサポートが手厚い
・ハイレベルな企業の求人が多い
・様々な志向に合わせたイベントを開催
・コンサルタントの質に差がある
・登録学生の高学歴の割合が高い

こんな人におすすめ
・地方から首都圏に出てきて就活をしたいという学生
→最大2週間、東京のシェアハウスを無料で利用することができる
・自分の学歴に自信がある学生や、周りが高学歴でも気にならない学生
・内定承諾を強く迫られる場合もあるようなので、自分の意思を強く持っている学生におすすめです。

就職エージェントneo

特徴
・歴史が古いため、ノウハウが多くある
・学生の属性にあったサポートを受けられる
・仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の全国5カ所に拠点がある
・登録学生が多いため、個別に多くの時間を取ってもらえない
・人気のイベントは参加できないこともある

こんな人におすすめ
人材紹介業界の中では歴史の長い企業のため、とにかく実績の多いエージェントがいい就活生におすすめです。
拠点も5カ所にあるため、拠点が少ないエージェントよりは通いやすいでしょう。
メールや電話が多いので、それを苦に感じない就活生におすすめです。

エンジニア就活

特徴
・自分のスキルレベルから求人を探せる
・優良IT企業の情報だけをあつかっている
・エージェントを通して応募できる企業をネットで見ることができる
・エージェントよりも求人サイトがメイン

こんな人におすすめ
とにかくIT企業に就職したい!という、就職したい業界が定まってる就活生向きです。
また、自分のスキルや将来どのようなエンジニアになりたいか。という目標から企業検索ができるため、希望する企業像が明確にある学生の方が利用しやすいかもしれません。

あぐりナビ新卒

特徴
・農業界(農業・酪農・畜産)の求人が豊富
・求人対象エリアが全国
・管理職を前提とした求人あり
【悪いところ】
・農業界専門のため、その他の業界はない
・電話がしつこい
・求人の質の幅が大きい
【おすすめな人物像】
農業界で働きたい就活生におすすめです。
農業界でのWebマーケティングやドライバーなどの募集もあり、農業会であれば職種は様々求人があるようです。
電話がしつこいという口コミもあるため、電話がかかってくることが苦にならない人向きでしょう。

就職カレッジ

特徴
・手厚いサポート
・短大生・専門生への求人も豊富で学歴にとらわれない
・社員研修サービスの会社なので、マナーや礼儀が身につく
・首都圏の求人のみ
・一部取り扱っていない業界がある
・大手企業の求人が弱い

こんな人におすすめ
面接やビジネスマナーに課題を感じている人におすすめです。
1dayのマナー研修などもあるため、研修に時間をかけることが苦ではない就活生向きでしょう。
また、学歴にとらわれない求人を行っているため、学歴に自信がない人にもおすすめです。

Goodfindエージェント

特徴
・面談が徹底されている
・セミナーのレベルが高い、セミナー講師が厳しめ
・優良企業を厳選し紹介している
・ベンチャー企業の求人が多い

こんな人におすすめ
意識高めの学生が多いため、苦手な学生には不向き
セミナーのレベルが高いぶん、周りの学生の意識も高く、講師陣も厳しめです。
そのため、優しい雰囲気、ゆるい雰囲気ではなく、きちっと就活に取り組みたい就活生におすすめです。
また、企業は優良企業ばかりですが、ベンチャー企業の求人がほとんどのため、ベンチャー希望の就活生向きと言えるでしょう。

DODA新卒エージェント

特徴
・丁寧なサポート体制
・幅広い企業に対応
・最速1週間のスピード内定が可能
・専門性の強い就活、地方への就活に弱い
・マニュアル感が否めない

こんな人におすすめ
大手企業に就活支援を任せたいけれど、サポートがあまり受けられないのも嫌だ。という学生におすすめです。
また、スピード内定も可能なため早めに就活を終わらせたい学生は利用してみるといいかもしれません。
大手も中堅中小も扱っているため、企業規模にこだわらず就活をしたい就活生にもおすすめです。

アデコSpring就活エージェント

特徴
・地方就職にも対応
・外資系、メーカーに強い
・就業形態が選択可能
・2017年からサービスを開始しており、求人数が少なめ

こんな人におすすめ
外資系、メーカーへの就職や、地方で就職したい就活生におすすめです。
また、歴史が浅く利用者が少ないことに不安を感じるのではなく、競争率が少ない、良い企業を紹介してもらいやすい、人数が少ないぶん高待遇を受けられる、とプラスに捉えられる人に向いているかもしれません。

キャリタス就活エージェント

特徴
・丁寧なカウンセリング
・紹介企業の質が安定している
・余計な電話は少ない
・キャリタス就活からのメールが多い
・アドバイサーの当たり外れが大きい

こんな人におすすめ
カウンセリング力が高く、学生に新しい視点をくれるという口コミもあるため、新しい視点に出会いたい学生におすすめできるでしょう。
また、親切な対応をしてくれるアドバイサーも多いため、うまく当たれば就活がとてもしやすくなるかもしれません。
メールの量は多めなので、気になる人にはあまり向いていないでしょう。

就職shop

特徴
・手厚いカウンセリング
・求人先について詳しい
・必ず希望に沿った企業を紹介してもらえるわけではない
・求人の多くが従業員100人以下の中小企業
・拠点は10カ所あるが都心か大阪、神戸、京都のみのため地方民は通いにくい

こんな人におすすめ
リクルートグループが母体のため、求人が多く、大手ではないと不安という人におすすめです。
また、不満には紹介された求人が微妙だったという口コミが多いため、待ちの姿勢ではなく、自分から積極的に他にも紹介して欲しいと言える人に向いてるでしょう。

ツイング就活エージェント

特徴
・ベンチャーから大手まで紹介可能
・高い内定率
・大学と連携している
・拠点が新宿のみ
・歴史が浅く口コミが少ない

こんな人におすすめ
連携している大学があるため、連携先の大学の学生を優遇しがちになる可能性もあるかもしれません。
そのため、連携してる大学に通う学生に特におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?自分に合いそうなエージェントは見つかりましたか?
今回紹介したエージェント以外にもたくさんのエージェントがあります。
おすすめのエージェントの中にピンとくるものがなかった人は、ぜひ「自分に合ったエージェントの選び方」を参考に探してみてください。


関連記事