人事の心を掴む志望動機とは?企業がみているポイントとは

カテゴリ

人事の心を掴む志望動機とは?企業がみているポイントとは

就活をしていると、あらゆる場面で聞かれるのが志望動機です。
でも、改めて「なぜその企業を受けたいか」と聞かれても、理由がたくさんあったり、漠然としていたりで、上手にまとめるのは難しいですよね。
志望動機には一体どんなことを盛り込めばいいのでしょう?
今回は就活における志望動機の作成方法や面接での答え方について解説します。

企業が志望動機から判断すること

人事の目に留まる志望動機を考えるには、まず人事が志望動機から何を読み取ろうとしているのかを知っておくと参考になります。
一体企業は志望動機をもとに、何を判断しているのでしょう?

やる気があるかどうか

企業が志望動機から読み取ろうとする情報としては、まず、志望動機にこめられた「やる気」が挙げられます。
採用に至れば一緒に働くわけですから、ただなんとなくその企業を選んだ人より、
「この会社で〇〇をしたい!」
「この会社で××な人材になりたい!」という意気込みのある人の方が、企業としては一緒に働きたいと思いますよね。

その点でいうと、志望動機には志望度の高さや本人のやる気がにじみ出ます。
どこにでも通用しそうなあいまいな志望動機ではなく、「ぜひとも御社に!」というやる気のこもった志望動機を考えましょう。


こちらの記事もオススメ

自社とマッチしているか

採用したい人材の要件は、企業や職種によって異なります。
積極的で行動力のある人材を求めている場合もあれば、コツコツと正確な仕事ができる几帳面な人材が求められている場合もあるでしょう。

志望動機の内容が企業の要望にマッチしていないと、どんなに優秀な学生であっても、企業は採用をためらってしまいます。
募集要項やホームページの企業紹介をよく読み、企業理念と求められる人材像を把握しておきましょう。
そして自分の考え方や仕事に対するスタンスが企業の希望にマッチしていることを、志望動機を通じてアピールしましょう。

アウトプット力があるか

学生の内は、何かと受け身になりがちです。
けれども社会人ともなれば、取り込んだ情報を自分なりに消化して外部に発信する「アウトプット力」が求められます。
自分の考えをしっかりと相手に伝え、納得させたり理解を得たりする力があるかどうかも、企業が志望動機から判断するポイントのひとつです。

志望動機を考える前に

やみくもに志望動機をひねり出そうと焦っても、準備が足りなければ他の就活生と似たり寄ったりの内容になってしまう恐れがあります。
まずは志望動機を書く上で必要な情報を整理しましょう。

相手を理解しよう

突然ですが、たとえばあなたが「バレーボールのサークルに入りたい」と思ったとします。
その際、「バレーボールさえできればどんなサークルでもかまわない」というわけにはいきませんよね。
自分の実力とチームのレベル、練習量や、どんな人が所属しているかなど、自分のライフスタイルや要望に近いサークルを探すのではないでしょうか?

企業選びもこれに似ています。
まずは働きたいと思った企業について徹底的に調べましょう。
どんな目標と展望を持ち、それを達成するためにどんなシナリオを描いているのか。
そしてそのシナリオを元に、どんなビジネスを展開しているのか。
そうしたことを把握すれば、的確な志望動機が見つかるでしょう。

自己理解をする

しっかり下調べをした上で、企業の姿勢に共感し、志望度が高まったとします。
その場合、今度は自分と企業との「相性」についてじっくり考えてみましょう。

過去の経験や自分の性格、ポリシーや価値観と照らし合わせて、自分の中のどんな部分がその企業のどこに共鳴したのか、具体的に伝えることで、より説得力のある生き生きとした志望動機になるはずです。

志望動機を書こう

具体的な書き方について

最初に、自分の志(こころざし)や理想を述べ、それから、自分がその企業のどこに魅力を感じているのかを端的に述べます。
取り上げる魅力としては、社風、業績、理念、商品・サービスなど、その企業の特性を感じさせる部分がいいでしょう。

そして自分がそこに惹かれる理由を、自らの経験を交じえて説明します。
具体的なエピソードを挙げた上で、
「〇〇の経験が活かせると思った」
「××にチャレンジできると思った」
など、自分の特性と企業の魅力との接点や共通点をアピールしましょう。

例文

私は介護業界にしぼって就職活動をしています。
大きな転機になったのが貴社の職場体験でした。
自分の働く施設について、誇らしげに語るヘルパーさんの笑顔はとても印象的でした。
また、身体的な介助だけでなく、ご本人やご家族の心理的負担を軽減することも介護職員の大切な使命と教わり、目の覚める思いでした。
その経験から、貴重なきっかけを与えてくださった貴社の介護職を志望しております。
実践的な技術を磨くだけでなく、施設の利用者様ご本人からも、サポートするご家族からも、安心して頼ってもらえる存在になりたいです。


こちらの記事もオススメ

志望動機をより厚くするためには

OBOG訪問をしよう

web上や説明会の情報は、いってしまえば誰もが取得できる情報です。
実際に働く先輩社員のリアルな声を聞くことで、目指す仕事について、より正確な認識を持ち、想像だけで考えた志望動機よりも現実味のある内容にできるでしょう。

プロに相談してみよう

自分を客観的に評価するのはなかなか難しいものです。
また、自分の思ったことを的確に表現できず、焦ることもあるでしょう。
そんな時はプロの手を借りることを検討してみましょう。
就職支援会社なら、企業情報にも通じており、自己分析の手助けもしてくれます。
効果的な志望動機も一緒に考えてくれるでしょう。
行き詰まった時は、気軽に相談してみましょう。



DiG UP(ディグアップ)は、納得いく内定までを徹底サポートする就活支援会社です。

面接で志望動機を伝えるときは

あらかじめ用意した文章をただ読むように話したのでは、どうしても相手に熱意が伝わりません。
面接では、何を伝えたいのか要点を明確にして、自分の言葉で話すことを心がけましょう。

まとめ

就活生の中には、まだ働いたり責任を負ったりした経験がない人もいるでしょう。
この場合、ついつい志望動機も理想に傾き、現実離れしがちです。
自分にその傾向があると思ったら、とにかく情報収集を徹底的に行ないましょう。

そうすることで、地に足のついた志望動機が生まれてくるはずです。
人事に、「お、しっかり考えてうちを選んでいるな」と思ってもらえる志望動機を目指しましょう!


関連記事