ピンチ!志望動機が思いつかない時の対策を徹底解説

カテゴリ

ピンチ!志望動機が思いつかない時の対策を徹底解説

就活では必ずと言っていいほど志望動機を聞かれます。でも、説得力のある志望動機がなかなか浮かばず、困っている人もいるのではないでしょうか。
今回は、どうしても適当な志望動機が思いつかない人のために、思いつかない原因とその対策を解説していきます。

この記事の監修は

そもそも志望動機はどうして就活に必要?

企業は志望動機から就活生の志望度を読み取っている

志望動機は、「この企業に行きたい!」「この仕事がしたい!」という限定的な熱意を問う項目です。つまり企業にとって志望動機は、就活生の志望意欲を最も測りやすい部分と言えます。

これが自分の趣味・特技や長所・短所であれば、複数の企業に使い回すことも可能と言えば可能ですが、志望動機は一つ一つの企業に対しての想いなので、使い回すことは避けましょう。

企業は志望動機から就活生の人柄を探っている

企業が志望動機から読み取るのは、なにも意欲や熱意だけではありません。志望動機には就活生の人となりや考え方の傾向が表われます。どんなことを重視して、どんな働き方や生き方を目指しているかという価値観や人生観が垣間見えるわけです。

さらには、自分の考えを効果的に相手に伝えるコミュニケーション能力や、もっと言えば人としての魅力も表われているかもしれません。企業はそうした就活生の内面を、志望動機から探ろうとしているのです。

企業は志望動機から求める人材像とのマッチ度を見ている

就活生の志望動機が企業の現状とかけ離れていると、どれほど熱意がこめられた志望動機であっても、入社後のミスマッチが懸念されます。

たとえば、現状を打破できるようなパワフルな若者を求めている企業に、「指示されたことを素直に聞いて従順に仕事をしていきます」という志望動機が提出されたら、「これではうちの会社でやっていけない」と判断されても仕方がありません。

つまり企業は、それぞれの就活生が自社になじみ、末永く活躍していける人材かどうかを志望動機から推し測っていると言えます。

志望動機が思いつかない原因とは

自己分析が足りない

志望動機が思いつかないのは、自分の強みや適性について、きちんと把握できていないせいかもしれません。自己分析が十分にできていると、自分はどんな人間で、どんなことに関心があり、どんな働き方を望んでいるのかが自分なりにわかります。

でも、そこが不完全なままでいると、自分の理想を堂々と主張できないので、志望動機もあいまいになりがちなのです。

効果的な自己分析のやり方って?これで内定レベルの自己分析が完了!

企業研究が足りない

志望動機を組み立てるには、志望する企業をとことん調べ、その企業に対する正確なイメージを持っていることが大切です。目指す企業の事業内容や社風について、よく知らないまま志望動機を書き始めても、たいしたことは書けないでしょうし、熱意も込めようがありません。

効率的な企業研究のやり方、ポイントを紹介!内定率アップで就活に勝つ!

自己分析と企業研究が繋がっていない

「自己分析と企業研究、どちらも熱心にやったけど、やっぱり志望動機が思いつかない」という人は、自分の中で情報が整理できていない可能性があります。せっかく、「こういう仕事がしたい」という自分の気持ちと、「この企業はこういう人材を求めている」という情報がはっきり把握できているにもかかわらず、その2つをうまくつなげられずにいる状態です。

「この企業はポジティブな人材を求めているから、志望動機は自分のポジティブな部分を前面に出した方がいいだろう」という風に、自分と企業のベクトルを合わせる必要があります。

自己分析に役立つモチベーショングラフは、自己分析と企業研究を繋げる際にも使えますよ。

就活で役立つ!モチベーショングラフの書き方解説

そもそもそれほど志望意欲が高くない

自己分析や企業研究以前に、そもそも選考に対してあまり乗り気でい場合は、当然、うまい志望動機など浮かばないでしょう。自分が何をしたいのかわからない、どんな働き方を目指しているのかわからないという人は、やみくもに志望動機を考える前に、まずは自分の方向性を見定める必要があります。

人の気持ちは日々変わるものですし、悩んだり迷ったりして当然です。でも、少なくとも志望動機を考える段階では、なんらかの方向性を決めてある必要があります。


こちらの記事もオススメ

志望動機が思いつかない時にやるべきこと3つ!(例文あり)

自己分析や企業研究をより深めて志望動機を見つけよう

どうしても志望動機が思い浮かばない時は、原点に戻って、なぜその企業を受けようと思ったのか、志望理由をもう一度書き出してみましょう。

・自分のやりたい職種があった
・自由な社風に惹かれた
・就活サイトでのクチコミが良かった

など、いくつかあるはずです。

それらをよくよく吟味して、自分の思いと企業側の条件、双方のもっとも重視するポイントを抜き出し、2つをつなぎ合わせて文章にしましょう。

例)
自分の気持ちで最も重視すること=「型にはまらない働き方がしたい」
企業側の条件で最も重視すること=「他社には無い働き方を提案している」

→「大学では栄養学を学び、管理栄養士の資格を取得しました。この知識を仕事に活かそうと思うと、どうしてもメニューの考案や栄養指導といった内勤の求人が多くなります。そんな中、御社では市場調査や営業活動も含む全く新しいスタイルの栄養士求人を出しておられます。机上の作業にとどまらず、広く情報を収集・発信したいという私の希望を叶えられるのは御社だけと心に決めて応募いたしました」

OB訪問や企業訪問でリアルな話を聞いて志望動機を見つけよう

実際にその企業で働いている人に話を聞くと、社内の雰囲気や仕事の流れについて具体的なイメージがつかみやすくなります。OB訪問や企業訪問をすると、自己分析と企業研究だけではたどり着けなかった現実的な志望動機が浮かんでくるかもしれません。

例)
私は、地球に優しい製品の開発に関わりたいとの思いから、就活開始当初から御社を志望していました。でも、ホームページや企業パンフレットで見た「堅実な社風」という部分が気になっていました。それが先日のOB訪問で、「堅実と言うより地道っていう感じかな。研修とかすごく熱心だし、なんでもみんなで話し合って決める会社だからね」という話を先輩から聞き、不安が解消されました。社会的貢献度の高い仕事に関わりながら、商品知識の習得や不安の解消をフォローしていただけるのであれば、自己を高めながら会社の業績にも寄与できる素晴らしい環境だと思います。OB訪問をきっかけに、迷いが無くなり、志望意欲が大きく高まりました。

OB訪問については、こちらの記事を参照してみてください。

OB訪問ってどうやるの?OB訪問のやり方・ポイントまとめ

ネット上の例文をチェックして志望動機を見つけよう

ネット上には志望動機の例文がたくさん紹介されています。実際に内定を獲得した先輩達のESが公開されていることもあります。それらを参照し、自分に当てはまるフレーズや、「なるほど」と思った表現を抜き出してみましょう。

そして、自分の心情や自分自身の体験に沿った表現に近づけてみましょう。例文を土台にすることで、なかなか言葉にできなかった自分の気持ちが具体化し、自分らしい志望動機にたどりつくかもしれません。

志望動機は周囲の人やプロに相談するのもおすすめ


志望動機は、第三者に見てもらうことでブラッシュアップできることがあります。自分ひとりで考えていると、どうしても発想や着眼点がかたよりがちですが、第三者の意見を取り入れると、新しい切り口が見つかるかもしれません。

知り合いに相談するのに抵抗がある人は、就活エージェントやキャリアアドバイザーに相談してみましょう。プロの手を借りれば、自己分析をしっかりと深掘りして、中身の濃い志望動機に導いてくれるはずです。

まとめ

志望動機でもっとも苦労するのは「他社との差別化」かもしれません。でも、「この企業だから応募した」「御社以外考えられない」という熱意が伝わる志望動機ほど、ライバルと差がつき、企業の興味を引くことは確かです。

その企業に応募しようと思った自分の直感を大切にしましょう。そして、最初に魅力を感じたポイントをしっかり掘り下げて自分の言葉で堂々と述べれば、人事に「なるほど」とうなずいてもらえる志望動機になるはずです。

この記事の監修は


こちらの記事もオススメ


関連記事