人に向き合うマーケティングって何?「ヒト・ファースト」を徹底的に追求する【株式会社キュービック】

カテゴリ

人に向き合うマーケティングって何?「ヒト・ファースト」を徹底的に追求する【株式会社キュービック】

こんにちは。キチョナビ編集部です。

今回、取材をした株式会社キュービック

「ヒト・オリエンテッドなデジタルマーケティングで、みんなの明日が変わるキッカケを生み出し続ける」をミッションに、ヒトのココロを動かすインターネットメディア事業を行う会社。運営メディアのジャンルは多岐に渡り、初心者向けのFX比較・入門サイト「エフプロ」、債務整理の基本を誰でも分かるように発信する誰でも分かる債務整理「リリブ」、職場の悩みを抱えながら働く人のための転職支援サイト「HOP! 転職」などを運営しています。フィールドワーク重視のマーケティングが特長。表面的なニーズではなくインサイト(深層心理)を的確に捉え、人々をよりスムーズな課題解決体験へと導いています。

今回は、人事の荒木さんと広報の小笠原さんの2人の女性にお話を伺いました。

ーーー入社のきっかけを教えてください。

<ピープルエクスペリエンス タレントアクイジションチーム 荒木 珠里亜(あらき じゅりあ)
キュービックにて2年間のインターンシップを経て新卒入社。何事にも本気で取り組み活躍している若手エース。

「実は私、最初からベンチャー企業に入社する気や、キュービックに入社する気があったわけではありません。大学3年生のとき、インターンとしてキュービックに入社しました。ちょうど就活の時期で、大手企業や外資企業を見ていましたが、“何か違うな。何か違和感があるな。この就活の仕方は自分に合っていないかもしれない”とぼんやり思っていたんです。

その違和感の正体を探ってみると、どの企業も“キュービックと比べて、どうなのか”という視点で見ている自分を発見しました。そしていざ比較をすれば、自分の中でいつもキュービックが勝ってしまう。“あれ?もしかして意外といい会社なのかも”と、だんだんキュービックの見方が変わってきました。結果的に就活を通してキュービックの魅力を丁寧に理解することができ、“ここは私にとってピッタリの会社だ”と心から思えたので、入社を決めました。

内情や実態を全然知らないままベンチャー企業に飛び込むって結構ハードルが高いと思うんです、女性であれば尚更。私の場合は2年間インターンとして働いたおかげで、キュービックという会社のいいところも悪いところも包み隠さず見せてもらえました。入社の意思決定において、この要素は大きかったですね。私がいつかやりたいことができたり、ライフプランを考えて立ち止まったりした時に、ここには相談できる仲間がいて、私と必ず正面から向き合ってくれる。私にとっても会社にとってもいい答えを導けると、キュービックで過ごした時間から確信できたので、入社を決断できました。」

<ピープルエクスペリエンス PRチーム 小笠原 舞子(おがさわら まいこ)
結婚を機にキュービックへ転職。アナウンサーから広報担当へと大胆なキャリアチェンジ。期待の新人。

「この夏キュービックへジョインした私ですが、前職は北海道のテレビ局です。新卒で入社し、アナウンサーをしていました。結婚を機に、キャリアチェンジを決意しまして。アナウンサーの仕事で培った“話す技術”や“伝える力”を生かして、新しい分野にチャレンジしたいと思いながら転職活動をしていました。

キュービックとの出会いは転職サイト。元々はWebメディアのエディターの求人をみて応募しました。しかし面接を進めるなかで、“小笠原さんの強みは広報領域の方が活きると思う。広報に興味はない?”ということを人事の方に勧めていただきまして。でも、私が見ていた求人案件のなかに広報の職種なんてあったかなと。どんな話の運びで私に広報職を勧めてくれているのかと不思議に思い、素直にそのことを尋ねたところ“求めるポジションが先にあって、そのポジションに見合う人を見極めて採用するのが世間のスタンダードかもしれませんが、キュービックは逆なんです。

経営理念・ミッション・ビジョン・クレドへの共感は大前提として、そこがクリアできれば、あとはヒトありき。ヒトが先にあって、ポジションが後なんです。もちろん募集ポジションにぴったり見合う方は大歓迎ですが、候補者と実際に会ってみて、その人が本当に輝けるポジションがそこではないと判断すれば躊躇なく他のポジションを勧めます。ポジションがない場合にはつくることもあります。今回はその後者です”と言われて。“なんだこの会社は!”と強く興味を引かれました。採用時にこれだけヒトを見てくれる会社であれば、入社後もきっと私らしく活躍できるだろうと思い、広報としての入社を決めました。」


こちらの記事もオススメ

お二人ともそれぞれ、キュービックのヒト・ファーストな部分に魅了されて入社されたのですね。小笠原さんの入社経緯はまさに、スキルフィットよりも理念の共感やカルチャーへのフィットを重視した配置・評価・育成を実現する“人事における「ヒト・ファースト」”を感じます。
そんなお二人に、働く環境について伺いました。

ーーー実際に働いてみて、職場の雰囲気や環境はどうですか?

<荒木さん>
「先ほどお話のとおり、私の場合は2年間インターンとして働いたのちに入社をしています。なので、入社前も入社後も、大きなギャップを感じることはなかったですね。

インターンの頃も感じていたことですが、かなり透明性の高い、オープンな環境だなと思います。会議室がガラス張りだったり、扉のない会議スペースが多かったり。空間的なこともそうですが、雇用形態や役職や部署関係なく様々な情報にアクセスできるという意味でも透明性が高いです。何しろ経営会議までオープンですから。社員であれば、誰でもオブザーブ可能になっているんです。

あらゆる情報に誰もがアクセスできることは、会社がひとつのチームとして機能するために重要だと感じています。」

<小笠原さん>
「私は入社して間もないのですが、社員のマインドもまたオープンだなと感じていますね。相手を受け入れよう、互いを理解し合おうとする姿勢が強い印象です。そして、その姿勢を大切にできる仕組みもちゃんと整っている。

オンボーディングプログラムというものがあって、そのおかげで私自身すぐ組織に馴染むことができました。入社初日にはウェルカムボードとバルーンで歓迎してもらい、週に一度の朝会で全社に自己紹介と挨拶をする。早速組織の一員として迎え入れてもらえていると感じられました。

リクエストランチというものを使えば、入社1ヶ月の間ランチ代会社負担で自分が気になる社員と自由にランチをさせてもらえたり、人事主催でボードメンバーとのランチ会を設けてもらえたり。いろんな人との関係構築をこうして支援してもらえるのはありがたかったです。

入社して3ヶ月間、困ったことがあればフォロー社員があたたかくサポートをしてくれて、既存社員同様定期的な1on1も用意されている。直属の上司やフォロー社員とは別に、部署を越えてサポートしてくれるFAMという家族のようなコミュニティもある。これらのおかげで、この会社がすっかり自分の居場所となり、自分はチームの一員だと思えるようになりました。」


こちらの記事もオススメ

お話しするお二人の表情からもオープンな文化が伺えます。

キュービックには「Team CUEBiC(チームでやろう)」というクレド(行動指針)があり、「互いに理解を深め合う、妥協せずぶつかり合う、強みを活かし合う、ブラックボックスを作らない」こういったことを実践しようというのがこのクレドに込められたメッセージなのだそう。「Team CUEBiC(チームでやろう)」が組織の中にしっかりと浸透していると感じます。

続いてキュービックの事業内容について伺いました。

ーーー株式会社キュービックの事業について教えてください。


<荒木さん>
「キュービックは、多数のWebメディアを運営しています。特に情報格差の大きい領域において、ユーザーが必要とする情報を提供し、価値を生み出しています。

例えば、法律相談。交通事故に見舞われた時、まず誰に相談したらいいんだろう。示談交渉ってどのタイミングで始めるべきなの?適切な金額は?

普段生活しているだけでは知りえない情報の必要性に、私たちは突如直面することがあります。その時に必要な情報を正確かつスムーズに知ることができたら、私たちの明日はより良いものになるはず。

すべての人に、インターネットにおける最良の課題解決体験を届けようと、挑戦しています。」

【初心者向けFX入門サイト「エフプロ」】
「エフプロ」はFX(外国為替証拠金取引)にフォーカスしたインターネットメディアです。主にFX初心者に向けたコンテンツを目指し、フィールドワークや専門家から得た知見を取り入れた記事を多数提供しています。

【関わるヒトすべてをポジティブに 転職に悩む人の「次の一歩」を応援するサイト 「HOP!」】
「HOP!」は転職・復職、キャリアチェンジを志す全ての人に役立つ情報を配信する転職応援メディアです。現役のキャリアコンサルタント監修のもと、専門性の高い記事を揃え、総合職だけではなく、ITエンジニアや医療系専門職など、職種別で人材紹介会社・求人サイトを比較することができます。

ーーー最後就活生に向けてメッセージをお願いします。


<荒木さん>
「就職活動は、自分の人生を考える最初のキッカケ、大きなタイミングだと思います。どこの会社に行くかはあなたの自由。自分がいいなと思った会社に行ってほしいと思います。でも、中途半端な意思決定だけはしないでほしい。自分の意思決定にはしっかり責任を持ってほしい。その意思決定のために、納得いくまで情報を集めて、考えて考えて考え抜いて、決めるのです。あまり深く考えずに決めてしまうと、辛いことや苦しいことがあったときにきっとすぐ挫けてしまうと思います。そして決めたあとは、決断を正しくできるよう、全力を注いでください。」

荒木さんのアドバイスの通り、自分の手で色々な角度から情報を集めてみましょう。書籍やインターネットからはもちろん、インターンで実際に会社に飛び込んで働いてみたり、OBOGを訪問してたっぷり質問してみたり、選考のなかで人事部の方ではない社員の方とお話しする機会を設けていただいたり。情報の集め方は様々あります。未来の自分に胸を張れるよう、今、悔いのない就職活動をしましょう。

ーーー改めて今回取材に応じてくださったのは


「ヒト・オリエンテッドなデジタルマーケティングで、みんなの明日が変わるキッカケを生み出し続ける」をミッションに、ヒトのココロを動かすインターネットメディア事業を行う株式会社キュービックさんでした。


関連記事