グロースハッカーって何する人?世界最先端のテクノロジーを駆使するグロースハッカー集団にその実態を聞いてきた【株式会社EXIDEA】

カテゴリ

グロースハッカーって何する人?世界最先端のテクノロジーを駆使するグロースハッカー集団にその実態を聞いてきた【株式会社EXIDEA】


こんにちは。キチョナビ編集部です。

突然ですが、あなたは“グロースハッカー”という仕事を知っていますか?
ハッカーという名前だけ聞くと、なんだかちょっと危ないイメージがあるかもしれません。

今回取材をした株式会社EXIDEAは、“世界中をグロースハックする。”をミッションに掲げ、最先端のテクノロジーを用いて、社会に本当に必要とされるものを創り出していくWEBマーケティング企業。今回は、女性グロースハッカーとして活躍する矢萩さんと、その上司の川原さんにキチョハナカンシャのゆなが企業訪問をしてきました。

今回お話を伺ったのは・・・


矢萩さん


新卒で大手インターネット回線会社に入社、2年間営業を経験したのち、株式会社EXIDEAに入社。
上司からの期待も厚い女性グロースハッカー。

川原さん


株式会社EXIDEA執行役員。学生時代にインターンとして同社でWEBメディアを立ち上げる。
その後コンサル会社で広告・メディアについて学んだのちに株式会社EXIDEAに復職し、
現在は通信系メディアなどWEBメディア事業の責任者に従事。

この記事の監修は

―グロースハッカーって何をする人?

ゆな
「グロースハッカーって、あまり聞きなれないのですが、一体どんな仕事なんでしょうか。」

矢萩さん
「そうですよね。グロースハッカーとは、お客様の製品やサービスが成長するための手段を自分で考え、実行し成長に導ける人のことを指します。例えばWEBメディアの場合、見に来ているユーザーのニーズを仮説立てて、そのニーズにあう情報を発信していきます。」

ゆな
「ニーズっていうのは・・・?」

矢萩さん
「例えば、『化粧品 おすすめ』と検索した人は、おすすめの化粧品が知りたい理由=悩みを抱えていますよね。乾燥肌だから化粧品を探している、肌質がかわって化粧品を新しくしたいから化粧品を探しているなど・・・これがニーズです。検索したワードの奥の本当のニーズが何かを仮説立てて、それを満たす情報を発信していくことで、WEBメディアを大きくしていきます。」

川原さん「そもそもグロースハッカーは、シリコンバレーから発祥した、最も価値の高いWEBマーケティング系職種と言われています。定義は人によって様々ですが、EXIDEAのグロースハッカーは、”つくる”と”広げる”。この2つのキーワードで定義しています。

つまり・・・
【WEBサイトを立ち上げる→つくりこむ→そのサービス(価値)を届けるために広げる】

この0から100、そしてそれ以上に成長させるのが、EXIDEAのグロースハッカーです。

私の場合でいえば、こういった通信系メディアを全体の構想からコンテンツのディレク
ション、記事ライティングやデザイン実装まで一貫して作り込んでいます。」

ゆな
「グロースハッカーの魅力、必要な能力にはどんなものがあるんですか?」

矢萩さん
「川原が言うように、グロースハッカーは、0から100以上までを担う仕事で、とても裁量が大きいです。そして、自分で施策を考えて、自分で手を動かすことができる。主体性を持って仕事できるので、存在意義を感じることが多いですね。」

川原さん:「まさにそうですね。グロースハッカーは、WEBメディアに訪れる人がどんな悩みを抱えているのか、仮説を立てて実行の繰り返し。メディアの先にいる人が何を考えているのかをずっと考え続ける仕事なので、終わりがない仕事だと思います。だからこそ、追求する姿勢がすごく大事。」

―EXIDEAに入社を決めた理由


ゆな
「矢萩さんは、なぜ御社に入社を決められたのですか?」

矢萩さん
「もともとは、ネット回線の会社で2年間営業をしていました。お客様の元に訪問して問題を解決していくことは楽しくてやりがいに感じていたのですが、1日3~4人に限られてしまうんですよね。そんな経験から、良い情報をより多くの人に伝えたいという思いがあったのと、且つユーザーが好きなタイミングで情報を得ることができるWEBメディアに魅力を感じて転職活動をしていました。
最終的な決め手は、”グロースハッカー”という職種に魅力を感じたから。つくると広げるまでを一貫してできるのは、この会社しかないと思ったからです。」

ゆな
「実際に入社してみてどうでしたか?」

矢萩さん
「すごく楽しいですよ。幅広い仕事内容の中で、施策を考えることから実行までできることは、やりがいに感じます。社員もみんな仲がいいし働きやすい環境です。」

川原さん
「社員の仲がいいのが売りかもしれません(笑) というのも、EXIDEAは採用に関しての絶対的権限が社長や人事にあるわけではなく、一緒に働くメンバーの意思を尊重しています。新卒や中途問わず、必ず入社前に社員面談をして、すり合わせを行い、社員が気持ちよく働けることを大切にしている会社です。

それと、一番大切にしているのが『THE SHARE』というコアバリュー。それぞれの頭文字から始まる8つの英単語を働く上での信条としていて、採用基準の一つでもあります。

T…Thanks(感謝)
H…Happy(幸せ)
E…Enjoy(楽しむ)

S…Sincere(誠実)
H…Humble(謙虚)
A…Altruistic(利他的)
R…Responsible(責任)
E…Enthusiasm(情熱)

このように人として大事にすべきことをきちんと大事にして生きている人であれば、良い仕事ができるし気持ちがよく働けると考えています。」

コアバリューについての詳細はこちら

―これから就活をする学生に向けて、大切にしてほしいこと


ゆな
「就活を頑張る私たち就活生に向けて、何かアドバイスをいただけますか?」

矢萩さん
「私の学生時代を思い返すと、好きなことは全部やってきました。もともと音読とかナレーションに興味があったのですが、あるきっかけがあって自分で番組をつくり始めたんです。遊び感覚でやっていくうちに、情報を発信する仕事をやりたいと思うようになりました。学生のみなさんも好きを追求して、やりたいことを見つけてほしいと思います。」

川原さん
「多くの就活生が、”選ばれる側”と思ってしまっているのがもったいないと思います。僕自身も自分らしさを出して就活することで、それを評価してもらえるようになりました。自分を取り繕うとせずに、等身大で臨んでほしいです。」

―企業訪問を終えて

ゆな
「社員同士の仲のよさが伝わってくる企業訪問でした。自分で裁量をもってできる仕事だからこそ大変なことも多そうですが、その努力もしっかり見てくれる上司がいて、とても働きやすそうだと思いました。貴重なお話、ありがとうございました!」



こちらの記事もオススメ

執行役員である川原さんは、『今いる仲間・そしてこれから入社してくる仲間と一緒に、圧倒的に業界No.1のメディアをつくっていきたい。』と話してくれました。

20代半ばの社員が中心メンバーとして活躍している株式会社EXIDEA。今後ますます成長が期待される企業で、素敵な仲間と一緒に、世界中をグロースハックしませんか?
株式会社EXIDEAの採用情報はこちら

改めて、今回訪問したのは


“世界中をグロースハックする。”をミッションに掲げ、最先端のテクノロジーを用いて、社会に本当に必要とされるものを創り出していくWEBマーケティング企業です。

 

この記事の監修は


関連記事