エンジニアに向いてる人の5つの共通点と目指す人がすべきこと

カテゴリ

エンジニアに向いてる人の5つの共通点と目指す人がすべきこと

「ITエンジニアになりたい!」と思ったことはありませんか?
でも、専門的な職業だけに、自分に向いているかどうかが気になりますね。
ITエンジニアに向いているのは、果たしてどんな人でしょう。
そして、ITエンジニアを目指すには、特別な資格やスキルが必要なのでしょうか。
今回は、ITエンジニアにあこがれる就活生に向けて、ITエンジニアの基礎知識をご紹介します。

ITエンジニアってどんな仕事?


ITエンジニアとは、ひと言で言えば「IT系の技術者」です。
ITに関する専門知識や専門技術を持つ人で、たとえばシステム開発、プログラミング、WEBサイトの運営やサーバー管理などを担当します。

幅広く全体を見るエンジニア職もありますが、たいていは得意分野や専門知識のジャンルによって、システムエンジニア(SE)、プログラマー、ネットワークエンジニアなどにこまかく分かれています。

働き方という観点から見ると、
・IT企業の一員として、社外のクライアントの要望に応える「内勤エンジニア」
・同じくIT企業の一員として、クライアント企業に出向する「常駐エンジニア」
・自社内のインフラやシステム整備を担当する「社内エンジニア」
などの形態があります。

ITエンジニアに向いている人ってどんな人?

緻密な作業をコツコツと続けられる人

ITエンジニアの仕事の一部は、地道な努力の積み重ねです。
膨大なデータをひたすら打ち込んだり、先の見えないテストを延々と繰り返したり、そんな作業が苦になる人は、ITエンジニアには向かないかもしれません。

逆に、「コツコツした作業ならまかせて!」という人は、少なくともその部分では適性があると言えます。
ジグソーパズルやプラモデルが大好きで、黙々と打ち込んでしまうような人は、プログラマーやテスターといった職種に向いているかもしれません。

IT技術に対する興味と学ぶ意欲がある人

そもそもITエンジニアを目指す人なら、多少はPCが得意だったり、興味があったりするのではないでしょうか。
けれども現代のIT業界は、ものすごい勢いで進歩しています。
次々と新しい技術が生み出され、クライアントのニーズも多様化しています。
こうした流れについていくには、新しい知識を積極的に取り入れようとする前向きな姿勢が欠かせません。
「最新のIT技術を見るとわくわくする」「勉強を続けてIT技術のエキスパートになりたい!」そんな強い気持ちを持った人ほど、ITエンジニアに向いていると言えます。

常に問題意識をもって行動できる人

与えられた課題を淡々とクリアするだけでは、ITエンジニアの仕事は務まりません。
「どうしたらもっと使いやすくなるだろう」
「もっと効率の良い方法はないだろうか」
そんな疑問や課題感を持ってこそ、より良いシステムやプログラムが生まれます。
クライアントや社員の要望をそのまま実現する人よりも、「もうひと工夫できないか」と一歩先を考えられる人の方が、ITエンジニアには向いているでしょう。


こちらの記事もオススメ

幅広い知識の吸収に抵抗がない人

ITエンジニアに任される仕事が、いつも自分の得意分野とは限りません。
まったく知らない業種や領域の仕事に関わることも多々あります。

たとえば経理システムの開発を頼まれて、「経理のことはわかりません」で済ませることはできません。
その場合、もしかしたら簿記や会計を一から勉強するハメになるかもしれません。
それを、「なんで私がこんなことまで…」と面倒に思うタイプの人は、ITエンジニアには不向きでしょう。
仕事に必要な知識であれば、想定外のことであっても、がんばって習得しようという気持ちを持てる人の方が、ITエンジニアに向いていると言えます。

コミュニケーション力のある人

「自分は人との交流が苦手だし、ITエンジニアなら好きなパソコンと1日中向き合っていられるだろう」と思っている人はいませんか?
でも、職場環境にもよりますが、そうはいかないかもしれません。

前述のように、ITエンジニアの仕事は細分化されています。
ですから、たとえば1つのシステムを構築するには、チームで動く必要があります。
他のエンジニアやクライアントなど、関係者とのコミュニケーションを密にとれる人でなければ、お互いに協力して1つの作品を仕上げることはできません。
場合によっては、クライアントとの交渉や折衝をまかされることもあります。

ですから、相手の意図を正確にくみとり、自分の意見をわかりやすく伝えるコミュニケーション能力は、思った以上に求められる可能性があるので覚悟が必要です。

エンジニアは文系でもなれる?

意外に思うかもしれませんが、文系出身のITエンジニアは決して少なくありません。
たしかに理系出身者と比べて、スタートラインに若干のハンディはあるかもしれません。
でも、たとえ文系出身者でも、PCが得意な人や、ホームページが作れる人はたくさんいますよね。
勉強すれば、IT技術は文系でも確実に身につきます。
「好きこそものの上手なれ」。
文系だからとあきらめず、夢に向かって歩き出してみましょう。

ITエンジニアになるためにすべきこと

資格を取得する

新卒者や未経験者がITエンジニアを目指すには、ある程度の資格やスキルをアピールできた方が有利です。

たとえば、「ITパスポート」という資格があります。
難易度は比較的低く、内容も「基本的なパソコン知識」というレベルではありますが、国家資格ですし、50~100時間程度の勉強時間で取得できるので、手始めにチャレンジするには程よいハードルです。

また、マイクロソフトのMOS資格も持っていて損はありません。
中でもおすすめはアクセスです。
アクセスが使えるようになると、データベースの知識が身につき、システム開発の基礎もわかります。
ITエンジニアのイメージをつかむためにも、挑戦してみてはいかがでしょうか。

もっと余力のある人は、情報処理技術者の資格にチャレンジしてみましょう。
基本→応用→高度と徐々にレベルが上がっていきます。
開発者向けの資格ですから、一筋縄ではいきませんが、ITエンジニアを志望する上で、やる気を見せるには最適です。

自分でシステムを開発してみる

IT技術者を目指すなら、やはり実践が大事です。
「システム開発」と聞くと敷居が高いかもしれませんが、最初は身近な題材でいいのです。
たとえば、簡易版のSNSアプリを書いてみる、冷蔵庫の中身の在庫管理システムを考えてみるなど、小さくていいので、オリジナルのシステムを1から構築してみましょう。
この作業を経験することで、今の自分に何が足りないか、そしてITエンジニアに適性があるかどうかも、自然にわかってくるでしょう。

まとめ


ITエンジニアにあこがれている人は、本を読んで勉強するだけでなく、実際にPCで色々と技術を試して、自分の「コア」を見つけましょう。
クライアントの要望に応えてシステム開発をするアプリケーション系のエンジニアと、サーバーやネットワークの整備を受け持つインフラ系のエンジニアとでは、求められる知識やスキルが大きく違います。
漠然とITエンジニア全般にあこがれるのではなく、どんなジャンルのどんな作業に自分が心惹かれるのか、それをしっかり認識することで、そなえ方や目指す方向が見えてくるはずです。


関連記事