就活に失敗したらニートになる?!【無職・ニートの就活攻略方法】

カテゴリ

就活に失敗したらニートになる?!【無職・ニートの就活攻略方法】

「就活に失敗してニートになったらどうしよう」
そんな不安を持つ就活生はいませんか?
あるいは、すでにニートと呼ばれる状態にあり、「今から就活するにも、どうしたらいいかわからない」と悩んでいる人はいませんか?
今回は、ニートとは一体どういう状態を指し、ニートが就職するにはどんな方法があるのか、順を追ってご説明します。

就活に失敗するとニートになる?

ニートとは?

「ニート」とは、
「Not in Education(教育), Employment(就業)or Training(訓練)」
の頭文字をとった「NEET」という略語の日本語読みです。
つまり、学校へも行かず、職にもつかず、さらには仕事をするための活動もしていない状態を指し、日本語では「若年無業者」と訳されます。

特に日本では、上記のような状態にある15~34歳までの若者をニートと呼びます。
そして専業主婦や家事手伝いは、除外するのが一般的です。

卒業後に就職しなかったらニート?

新卒で就職できなかった人が、イコール「ニート」というわけではありません。
たとえ定職についていなくても、アルバイトやパートなど、何らかの形で働いている人は「フリーター」と呼ばれます。
また、たとえ働いていなくても、就職の意思があり、求職活動を続けている人は、「無職」あるいは「求職者」と呼ばれ、働く意思の無いニートとは区別されます。
つまり、学校を卒業したあと、バイトもせず、就活もせず、ただ家でゴロゴロしていれば、世間一般的には「ニート」と呼ばれても仕方がないということです。

ニートにならないために

なかなか内定を獲得できず、「このままではニートになってしまう」と不安に思っている就活生は、今の内に思い切って志望業種を変更したり、就職エージェントの手を借りるなどして、方向転換をはかりましょう。

また、一度就活に失敗してしまうと、無気力になったり投げやりになったりして、ニート生活に突入してしまうことがあります。
けれども、いつまでも親に頼ってフラフラしているわけにはいきません。
どこかで気持ちを切りかえて、もう一度就活にチャレンジし、ニート生活から抜け出す必要があります。

ニートの就活って何から始める?


もしも本当にニートになってしまっても、まだ就職をあきらめることはありません。
もう一度就活をしようと思ったら、次のようなステップで、前向きに就活に取り組んでいきましょう。

まずは自己分析!

「自己分析なら現役時代にイヤというほどやったけど…」と思う人もいるかもしれません。
けれども、現実にニートになってしまったら、今度こそ本気の自己分析が必要です。
まずは、「なぜ自分はニートになってしまったのか」という振り返りから始めましょう。
そして反省点を見つけるたびに、次はどうしたらその点を改善・克服できるかを、冷静に分析してみましょう。

情報収集をしよう!

いったん学校を卒業してニートになってしまった人が、もっとも苦労するのは情報収集かもしれません。
学校というコミュニティから離れると、推薦やあっせんを受けられなくなりますし、同じ立場の若者と情報交換をする機会も減ってしまいます。

そんな時は、学校に代わる別のコミュニティを見つけてはいかがでしょう。
ハローワークはもちろんのこと、「地域若者サポートステーション」、「若年者のためのワンストップサービスセンター」(通称ジョブカフェ)など、様々な公的窓口が設けられています。
もちろん、民間の就活サイトや就職エージェントの中にも、ニートやニート予備軍を対象にするところはたくさんあります。
相談をしたり支援を受けたりすることで、心細くなりがちなニートの就活に活気を取り戻しましょう。

履歴書を作成しよう

自己分析と情報収集で方向性が定まったら、次のステップとして履歴書の作成に取りかかりましょう。

ここで絶対にしてはいけないのが、ニートであった事実を隠そうとして嘘を書くことです。
卒業年度を偽ったり、働いていたように見せかけたり、あるいは「体を壊していた」「家族が介護を必要としていた」など、事実とは異なる履歴書を書いてしまうと、のちのち自分の首を絞めることになるかもしれません。
ニートであった過去を恥じるより、前向きになった今の自分のやる気と意欲を前面に出した方が、好感の持てる履歴書になるのではないでしょうか。

【就活】履歴書を手書きはもう古い?判断方法や好印象な書き方とは

人事の心を掴む志望動機とは?企業がみているポイントとは

ニートの就活で求められる素質と条件を知ろう

ニートだった時期があると、採用する側はどうしても、警戒したり不安を感じたりするものです。
そのハンディを乗り越えるには、次のようなポイントをアピールして、相手に安心してもらうことが大切です。

①素直さ
ニートになった原因が、こだわりの強さやうぬぼれといった性格上の問題ではないかと疑う面接官もいるでしょう。
たとえ過去にそうした面があったとしても、今は深く反省し、心機一転、真剣に就職を目指してがんばっていることを伝えましょう。

②チャレンジ・吸収する姿勢
柔軟な姿勢をアピールすることで、少しでも可能性を広げましょう。
「〇〇しかしたくない」といった視野の狭い表現は避け、「どんなことでも前向きに取り組みます」という意欲を見せて、ポテンシャル採用につなげましょう。

③マナー・礼儀
新卒なら見逃してもらえるような小さなミスやマナー違反も、相手がニート経験者だと、点数が辛くなる可能性もあります。
面接でのマナーや身だしなみには、新卒の頃以上に気を使いましょう。
そして、「とてもニートをしていたようには見えないね」と面接官に言わせてみせましょう。

④新しい環境でも馴染める人柄
もうひとつ、「ニート」という言葉につきまといがちなのが、「引きこもり」や「親の過保護」といったマイナスイメージです。
過度な背伸びはおすすめしませんが、できるだけフレンドリーで親しみやすいキャラに映るよう心がけましょう。


こちらの記事もオススメ

ニートの就活で気をつけること

企業選びは慎重に

前述のように、ニートだった人の就活は、残念ながら新卒の頃より苦戦を強いられることが予想されます。
ですから、初めから高望みをして人気企業や大企業ばかりをねらっていると、またいつまでも就職が決まらないという悪循環におちいりかねません。
たとえブランド力や知名度は無くても、公平な採用をしてくれる企業や、本心から「ここで働きたい!」と思える企業を、丁寧に調べて見つけていきましょう。

職歴の無い空白期間をきちんと説明する

ニートの就活でもっとも突っ込まれやすいのが、「なぜニートをしているのか」と「今まで何をしていたか」でしょう。
特に空白期間は、長ければ長いほど、相手が気にする部分です。
趣味や勉強をしていたならそのことを、何もしていなかった場合は、「自分と向き合う時間が欲しかった」「冷静になるための冷却期間が必要だった」など、その期間の心の動きを、相手が納得できるように説明しましょう。

既卒・職歴無しは就職できない?!成功する就職活動方法とは?

就職しようと思ったら早く行動しよう!

やはり年齢が上がれば上がるほど、そして無職の期間が長ければ長いほど、採用のハードルは上がると考えられます。
その点、卒業から3年以内であれば、まだ新卒者用の求人に応募できる可能性がありますし、助成金を受けるために既卒者を積極採用する企業もあります。
やはり、できるだけ若い内に本気で行動を起こすことが、一番のカギと言えるでしょう。

まとめ

多くの場合、ニートはなりたくてなるものではありません。
ですが、世間の風当りは強く、時には身内からも非難され、孤独や自己嫌悪に苦しむ人も少なくありません。
ですが、自分さえその気になれば、ニートは卒業することができます。
ニートになることを恐れている人も、ニートであることに悩んでいる人も、まずは勇気を出して、本気の就活に向けて、第一歩を踏み出しましょう。



DiG UP(ディグアップ)は、納得いく内定までを徹底サポートする就活支援会社です。
 
▼ チャットで気軽に就活相談!キチョナビLINE@の友達登録はこちら ▼
友だち追加


関連記事