大学生がインターンシップに参加すべき4つの理由と注意点

カテゴリ

大学生がインターンシップに参加すべき4つの理由と注意点

就活を意識するようになると、気になるのがインターンシップですよね。
でも、「インターンシップには参加してみたいけど、わからないことだらけで不安がいっぱい…」。

そんな大学生・就活生も多いのではないでしょうか?
今回は、インターンシップ初心者さんのために、インターンシップの基礎知識をお伝えします!

この記事の監修は

インターンシップにはどんな種類がある?


ひと言でインターンシップと言っても、業界や職種によって、目的や内容は様々です。
ただ、開催期間に着目すると、インターンシップは大きく3つに分けることができます。

1日で全てが完結!イベント色の強い「1DAYインターンシップ」

初心者さんでも比較的参加しやすいのが1DAYインターンシップです。
1日で終了するので、イベント感覚で参加できます。
中身を見ると、1DAY型のインターンシップには、たとえば次のようなものがあります。

①企業説明会の拡大版
座学やセミナーなどを通じて、開催企業の魅力や特色、業界全体の歴史や展望、業務内容の概略などを学ぶインターンシップです。
企業研究や業界研究に役立つので、就活初期にはどんどん参加してみましょう。

②会社見学や職務体験
先輩社員の働きぶりを見たり、職場の雰囲気や仕事の流れを体感するインターンシップです。
関心のある企業や業界、興味のある職種について、効率よく全貌を知りたい人におすすめです。

③プロジェクト形式
グループワークやビジネスゲームで、仕事を模擬体験するインターンシップです。
より具体的な業務内容に触れることができますし、自分の能力やポテンシャルを試す絶好のチャンスです。

課題に取り組み仕事を学ぶ!「短期インターンシップ」

3~4日から1週間程度かけて開催されるのが短期インターンシップです。
中身としては、1dayインターンシップでご紹介したような内容を、網羅・凝縮した形が多くなっています。
学業と両立しながら、企業研究、業界研究、自己分析のすべてをこなせるので、「1dayではものたりないけど、何週間も拘束されるのはちょっと…」という人におすすめのインターンシップです。

将来も役立つスキルが身に付く!アルバイト型「長期インターンシップ」

数週間から数か月に渡るのが長期インターンシップです。
報酬がでるものが多く、アルバイトの代わりにインターンをする学生も増えてきています。
「お金をもらいながら社会勉強ができるなら一石二鳥!」と思うかもしれませんが、参加するにはある程度の覚悟が必要です。

インターンとして働くということは、一社会人として扱われるということもあります。
特に営業などのインターンの場合、法人とのやりとりをインターン生に任せることだってあるのです。

覚悟が必要な一方、
「採用担当者に顔と名前を覚えてもらえる」
「社会にでてからも活かせる知識やスキルが身に付く」

など、自分自身の将来につながるメリットも満載です。

就活ルール廃止によって、インターン参加はマストになる!?


2019年4月、経団連は新卒者の「4月一括採用」を見直して、卒業後を含めた「通年採用」に切り替えていく方針を明らかにしました。

従来の一括採用方式では、大学生は学生生活の後半2年間を、事実上、就活に追われて過ごすことになりがちです。
そのため、学業がおろそかになり、留学や課外活動といった自由な経験が制限されて、学生の質を下げているという批判がありました。
通年採用が定着すれば、4年間きっちりと学業をおさめた上に、卒業後に留学などを経験した学生も、「新卒」として就活にチャレンジできるようになるでしょう。

ただし、良いことばかりではありません。
たとえば、4年間学業に専念できる環境が整えば、当然、卒業時に期待される能力水準は上がるでしょう。
在学中に学業で成果を出した学生や、高い専門知識を身につけた学生だけが、評価され求められる時代が来るかもしれないのです。

大手就活サイトのマイナビの調査によれば、2018年10月の時点で、インターンシップに参加したことのある学生は、回答者全体の7割以上にのぼりました。
ただし、参加対象に選ばれたのは、ほとんどが1dayから数日間の短期インターンシップです。
今後、通年採用が広がれば、社会人生活を模擬体験でき、専門性の高いカリキュラムが受けられる長期インターンシップは、注目度と重要性が高まると考えられています。

参考記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44016780R20C19A4MM0000/


こちらの記事もオススメ

インターンへ参加すべき理由


大学生は、インターンシップへ参加するのがおすすめです。
インターンシップには以下のようなたくさんのメリットがあります。
特に長期のインターンシップでは、その効果が出やすいので、就活を意識し始めたら、ぜひ長期インターンシップへの参加を検討してみましょう。

自分の希望する業種を実際に体験できる

社会人経験を持たない学生は、仕事に夢を持ちすぎたり、期待しすぎたりすることがあります。
そのように仕事を美化していると、入社後の失望やミスマッチにつながりかねません。

その点、インターンシップで事前に仕事の現実を見ておけば、
・自分の専門分野が本当に活かせるか
・自分が思っていた世界とギャップが無いか
など、マッチ度を正確に分析できるでしょう。

実践を通してより深い業界研究・企業研究ができる

自分を知るという意味でもインターンシップは有効です。
社会人の技術力や営業力に触れ、優秀な他校の学生に出会ったりすることで、自分に足りないものや、これから努力すべきものが見えてくるからです。
今後の方向性や次の目標をはっきりさせられるのは、インターンシップの大きなメリットのひとつと言えます。

がんばり次第で選考が有利に!

アルバイト報酬が出るタイプの長期インターンシップでは、実際の仕事を手伝いながら、現場で役立つ知識や技術を伝授してもらえます。
スキルアップができるだけでなく、目指す企業に特化した働き方を身につけられるので、選考では「即戦力」として見てもらえるかもしれません。
インターンシップ中に自分を売り込み、ある程度の成果を出せば、本選考を待たずして内々定をもらうことも夢ではありません。

新しい人脈ができる

他校の学生と交流できるのもインターンシップの大きな魅力です。
同じことに関心を持ち、同じ夢を目指す仲間の存在は、刺激にもなり、つらい時の心の支えにもなるでしょう。
インターンシップ後も就活の情報交換を続けられれば、心強い「戦友」になれるかもしれません。
サークルやアルバイトに限定されがちな人間関係を、この機会に大きく広げることができます。

インターンシップに参加する際に注意すべき3つのこと

ただ参加するだけでは時間のムダ!

インターンシップは、オリンピックとは違って、「参加することに意義がある」というわけにはいきません。
ただなんとなく参加したのでは、得られるものが無いばかりか、常に結果を求められる環境や、長い拘束時間が苦痛なだけでしょう。
せっかくプライベートの時間を削ってインターンシップに参加するのなら、何かを学び、身につけようという明確な目的意識を持つ必要があります。

学業に支障がないように、スケジュール調整はしっかりと。

学生の本分はあくまでも学業です。
試験やゼミ活動を放棄してまでインターンシップに参加するのは、ある意味「本末転倒」です。
インターンシップに応募する際は、大学のスケジュールをきちんと調べ、直前になって慌てないようにしっかりと計画をたてましょう。

できるだけ早く行動を起こそう

すでにご説明したように、インターンシップに参加すると、「視野が広がる」「仕事への理解が深まる」など、大きなメリットがあります。
けれども、せっかく貴重な経験ができても、時間に追われ、ろくに消化できないまま次のステップに進んでいたのでは、インターンシップで得た成果を十分に活かせないかもしれません。
持ち帰った課題と真剣に向き合い、他社と比較する時間を確保するためにも、できるだけ早い時期から活動を始めましょう。

まとめ

インターンシップは、学生の内に社会人生活を垣間見て、仕事に対する具体的なイメージをつかむ貴重なチャンスです。
「見ると聞くでは大違い」ということわざがあるように、他人から聞くのと自分の目で見るのとでは、「気づき」や「学び」に大きな差が出ます。
学生だけに許されたせっかくの特権ですから、就活生は、ぜひともインターンシップに参加して、仕事に対する認識と見識を深めましょう。

この記事の監修は


こちらの記事もオススメ


関連記事