インターン面接「落ちる」のはなぜ?原因と対策まとめ

カテゴリ

インターン面接「落ちる」のはなぜ?原因と対策まとめ

現代の就活生にとって当たり前となってきたインターンへの参加。インターンに参加するためには、面接を受け合格することが必要ですが、選考期間が進めば進むほど、希望通りの会社のインターンに「受かる人」と面接に「落ちつづけてしまう人」に分かれてしまいます。

しかし、面接に落ち続けてしまう人にはある特徴があるのです。そこで今回は、インターン面接に落ちてしまう人に共通する原因とその対策ポイントについて解説します。

インターン選考に「受からない」理由とは?


まずはじめに、インターン選考に「受からない」理由を紹介します。一通りチェックしてみて、これまでの自分を振り返ってみましょう。

参加の目的が明確ではない

「とにかくなんらかのインターンシップに参加し、力をつけなきゃいけないな…」というような曖昧な目的でのエントリーでは、インターン選考に受かる可能性が低いです。

それはなぜかというと、参加の目的が曖昧ということは、面接官の心に響くような力のある志望動機をいうのが難しくなってしまうということに繋がってしまうからです。志望動機はインターンへの熱意を図る、大切な指標です。参加の目的が曖昧で、説得力のない志望動機では、あなたのインターンへの熱意を伝えることが難しいでしょう。

どうしてこのインターンに参加したいのか、参加してどのようなことを経験したいのか、何を得たいのかについてはっきりとした考えを持っている学生の方が、企業からみても魅力的にうつるのは間違いないですよね。そのため、参加の目的が曖昧な場合にはインターン選考に受かるのが難しくなってしまうのです。

求める人物像に合致しない

インターンを募集するにあたり、企業は「こんな人に来て欲しい」という人物像を掲げています。その人物像の中には、仕事をする上で必要とされる基礎的な能力のほか、その人自身の思考や意欲という要素も含まれていますが、企業の「求める人物像」と学生が合致していない場合には、合格することが難しいです。

なぜなら、企業はインターンの選考の時点でも優秀な学生や、自社の求める条件に合う学生を探しているからです。企業側も早期にそのような学生を発見しておけば、優秀な学生を囲うことができますよね。

また、これらの「求める人物像」は会社によって様々です。例えば、大手の企業で働く場合と、ベンチャー企業で働く場合には求められる人物像も能力も変わってきます。面接がうまくいかないという人は、企業がどんな人物像を求めているかを確認し、自分はそれに合致しているか、チェックしてみましょう。

企業研究が足りていない

インターンに受からない理由の中でもよくあげられるのが、企業研究や業界研究が足りていないという理由です。企業研究や業界研究が足りていないというのは、インターンの選考に直接的に影響ないのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、企業研究や業界研究をしているかしていないかは、面接での受け答えやESの内容に影響を与えてしまいます。

参加の目的と同じように、面接での受け答えやESの内容の深さはインターンへの熱意を図る重要な指標です。企業や業界についてしっかりと知り、専門的な内容についても答えられるよう十分な準備ができていない場合には、選考に通るのが難しいです。

受動的な姿勢

インターン選考では、学生の姿勢が積極的なのか受動的なのかも合否を決める大きな決め手となります。インターンを募集している企業は、もらったお仕事をこなすだけの人よりも、積極的に自分から仕事を取りに行ったり、自分で考えて行動する姿勢のある人を求めています。

大学生活の中で、これまでにサークルや課外活動に熱心に取り組んでいても、それが受け身の姿勢であっては評価されることが少ないのです。企業側もせっかく受け入れるのなら、インターンを通して大きく成長ができそうな学生を受け入れたいと考えています。

しかし、仕事に対して受け身の姿勢で取り組む学生に、大きな成長は望めません。そのため、面接での受動的な姿勢や発言は、インターン選考にマイナスの影響を与えてしまうのです。

自信がなさそう(下を向いて話す、声が小さいなど)

面接の際、面接官に好印象を与えることができるのは、明るくてハキハキとした印象を持っている学生です。その反対で、声が小さく通らなかったり、面接官の顔を見て話ができない学生は印象がよくないどころか、面接官の印象に残らない場合があります。

これからインターンとして一緒に活動していく際には、最低限のコミュニケーションができることが必要です。面接の際には緊張してしまって、小さい声になってしまったり、下を向いてしまうこともあるかもしれません。

しかし面接の際に、会社の仲間とコミュニケーションが取れることを示すことができなければ、また、面接官の印象に残らなければ、インターンとして活動できる可能性は下がってしまいます。

有効なエピソードがない


面接官はインターン選考の際、多くの学生と面接をし、様々な話を聞いています。その中で面接官の印象に残るためには、これまでにしてきた活動や取り組んできたことなど、何か有効なエピソードを持っていることが大切になってきます。

有効なエピソードがあるということは、面接官の印象に残りやすくなるほか、自分が積極的に物事に取り組んできた経験があるということの証明にもなります。そのため、大学生活の中で自分が頑張って取り組んできたことの中でも、面接の際に伝えたいエピソードを準備しておかなければ、次の選考に進むことは難しくなってしまいます。

表現力が乏しい

面接官の心を掴む、有効なエピソードを持っていた場合でも、それを魅力的に伝え、表現する能力が乏しい場合にはせっかくのエピソードも持っていないものと等しくなってしまいます。

同じ内容を話していても、生き生きと魅力的に話せる人とそうでない人とでは、その人の魅力が違ってきますよね。面接官も、元気がなく淡々と話している学生と話すよりも、明るい雰囲気で楽しく話している学生と話す方が良い印象を受けることは間違いありません。

そのため、「面接官の印象に残るようなエピソードを持っている」が「それを魅力的に伝えることのできる能力」を持っていない人は表現力に要注意です。

本選考よりも合格枠が少ないので、選考倍率が高い

ここからは、面接に参加する学生本人の特徴ではなく、インターンの選考に関わる環境やシステムに関する内容です。

当たり前に感じることかもしれませんが、インターンの受け入れには必ず上限があり、企業が「合格」を出せる学生の数には限りがあります。インターンの受け入れは、企業にとって労力や費用を消費する、負担の大きい取り組みである場合も多く、面接官が見込みがあると感じた学生しか受け入れられないことも多いのです。

そのため、本選考よりも合格枠が少なく、自然と選考倍率が高くなってしまい、インターンに「受からない」人が出てきてしまうのです。

インターンの選考のライバルはレベルが高い

インターンの選考に参加している学生は、早期から就職活動について考え、活動を開始している学生であることから、レベルが高い傾向にあります。ライバルのレベルが高い中で戦っていくのはもちろん、大変です。

また、早期に対策を開始している学生のみではなく、インターンを募集している企業に本当に行きたいと思っている学生が選考を受けていることも多いです。これらの学生は、企業研究も業界研究もしっかりと行い、インターンにかける熱意も強い傾向にあることから、選考が激化してしまうのです。

インターン選考に受かるのはどんな人?


では反対に、インターンの選考に受かる人とはどんな人なのでしょうか。ここではその特徴を5つご紹介します。

参加の目的がはっきりしている人

インターンの面接を通過する人の大きな特徴として挙げられるのは、インターンに参加する目的がはっきりとしているということです。インターンシップを受け入れる企業はもちろん、インターンの期間中に、熱心にお仕事に取り組んでくれる学生を「合格」させたいと考えています。

自分が取り組もうとしているインターンを通して何を学びたいのか、どんな面で成長したいと考えているのかをしっかりと持っている学生は、面接の際の質問も具体的な回答で答えられることが多く、インターンに対する熱意が伝わってくることから選考に受かりやすいのです。

主体的に行動した経験がある人

インターン選考の面接で、今まで何をしてきたのかを聞かれた時に、「自分はこれをしてきました」と主体的に行動してきた経験を話すことのできる学生も、選考を通過する人が多いです。

インターンの期間中には、何かお題が出されてそれに取り組む機会が与えられることや、長期のインターンシップでは企業の実際の業務を任されることも多いです。そしてその際には、主体的に考え、積極的に行動をしていくタイプの学生が求められます。

その中で、これまでに何か主体的に行動した経験のある学生は、インターン中の活動にも主体的に取り組んでくれるのではないかと考えられることから、それらの経験を持っている人が面接には受かりやすくなるのです。

自己アピールがうまい人

自己アピールが上手い人というのは、自分の魅力を適切に、面接官に伝えられる能力のある人のことを指します。

自己アピールが上手い以前に、自分の中で面接官に伝えられる有効なエピソードや経験があることが前提ではありますが、それらの自分の取り組みについて魅力的に伝えることができる人は、面接官の印象にも残りやすくなります。

また、自分の強みを理解している人は、面接の際にも緊張せずに自分の魅力をアピールすることができます。選考の際に、面接官に好印象を与え、覚えてもらうことができる人は、選考を通過できる人であることが多いです。

多面的に物事を考えられる人

企業のなかで活動していく中で求められる能力のひとつに、多面的に物事を考えられることが挙げられます。

例えば何か失敗をした時に、その失敗の結果のみではなく、原因をさまざまな角度から分析し、自分なりに考えて次の行動につなげていくことのできる人は、インターンのみならず、会社に入って働き始めた後にも必要となるひとつの能力を持っていると言えます。

そのため、インターンの選考面接の時点で多面的に物事を考えられる人は、選考を通過しやすいのです。

素直な人

企業の採用担当者が求めている人物像の中でも、よく挙げられるのが「素直な人」です。インターンに参加する学生は、初めての経験が多く、わからないことや先輩社員から指摘を受ける機会も多いです。その際に、それらの指摘を素直に受け取れる学生は、短時間で大きく成長しやすいのです。

また企業側はお金と労力をかけて学生を育成します。アドバイスを素直に受け止め、行動に移してくれる学生と一緒に働く方が、働きがいもありますよね。

そのため、選考面接の際には、インターンとして採用された際に貪欲に成長してくれそうな、素直な印象を与えることができる学生が通りやすいのです。


こちらの記事もオススメ

インターン選考に受かるためには?対策ポイントを紹介!


では実際に、インターンの選考に受かるためにはどのような準備・対策をしたら良いのか、いくつかのポイントに分けてご紹介します。次の選考に向けて、各項目をチェックしてみてください。

志望動機の準備

まずは面接の際に、面接官に自信を持って伝えられる志望動機を考えておきましょう。志望動機の準備には、実際に自分がどうしてその会社のインターンに参加したいのかという内容を考えるだけではなく、面接を受ける企業や業界についてもある程度、知識を持っていることが必要です。

志望動機は、インターンにかける熱意を面接官に伝えるための大切な指標の一つです。自分はインターンを通して何を学びたいのか・どのように成長したいのかについて深く考え、面接を受けに来た理由や動機を説明できるように、事前に準備しておきましょう。

ESを充実させる

インターンに「受からない」原因となっているのが、書類選考の際の内容の薄いESである場合も多いです。ESの内容を充実させることは、深い志望動機を準備することと同じくらいインターンの選考において大切です。

ESは、面接を受ける学生が企業の選考担当者に印象を与えられる最初の機会です。そこで、自分の長所や価値観、魅力などをうまくアピールし、相手が納得できるように説明をすることができれば、インターンに受かる可能性も上がります。

また、ESを充実させるために、実際に提出されたESの内容を参考にすることもおすすめです。インターネット上には、過去にインターン選考を通過した人たちのESが公開されているサイトもあります。それらのサイトを使って、自分のESに磨きをかけていきましょう。

主体的に行動したことについて話せるようにしておく

面接の際にアピールする内容として、自分がこれまでに主体的に活動してきたエピソードがあると、面接官の印象にも残りやすくなりますが、これらのエピソードは事前に準備をしていないと、実際に面接の場で話すタイミングを失ってしまったり、何を話せば良いかわからず、曖昧な話で終わってしまう危険があります。

せっかくアピールできるエピソードを持っているのに、それが十分に発揮されずに終わってしまうのはとってももったいないです。

自分はこれまでにどんなことに取り組んできたのか、それらの経験から学んだことはなんだったのかについて、一度振り返り、わかりやすく話せるように準備をしておくと、面接の際にも緊張せずにアピールができるでしょう。

コミュニケーション能力を高めておく


インターンの面接の際には、その日に初めて会う面接官と、自然に会話をこなすコミュニケーション能力も必要になってきます。初対面の人と話す際には緊張してしまうという気持ちもあるかもしれませんが、面接の際には、その短時間のうちに自分の印象が決まってしまうため、いかに面接官とコミュニケーションが取れるかが重要になってくるのです。

この能力は、面接の直前1日や2日ですぐ身につくものではないため、日頃から意識して生活していくことが必要です。毎日の生活の中で、目上の人と話す機会や初対面の人と交流する機会を設け、徐々に慣れていけるように準備をしていきましょう。

適切な身だしなみを整える

身だしなみを整えることはインターンの面接のみならず、日常生活の中でも大切なことですね。特に面接の際の身だしなみには、日頃の生活の中での身だしなみも知らず知らずのうちに出てきてしまいます。いくら当日にパリッと身だしなみを整えて行っても、どこかで普段の身だしなみのかけらが残ってしまうのです。

そのため、身だしなみは面接の際のみならず、毎日の生活の中から整え、習慣にしていくことがおすすめです。清潔感のある雰囲気の漂う人に、嫌な印象を抱く人はいないですよね。毎日の小さな積み重ねも、インターン合格へのポイントです。

相手の顔を見て大きな声で話す

インターン面接の突破には、面接の際に緊張せずに、相手の顔を見てハキハキと話せるようになる準備も必要です。面接官に良い印象を持ってもらえるよう、またたくさんいる学生の中から印象に残る人となれるよう、話し方や話している最中の印象も整えていきましょう。

「自分は人の顔を見て話すことが苦手…」という人はまず、家族や友達など、親しい人と顔を見て話すことから初めてみてください。人の顔見て話す練習は、コミュニケーション能力を高めることにも繋がります。

質問には素直に答える

面接の際に聞かれた質問には、素直に答えられるように心がけて準備をしておきましょう。自分の些細な仕草や声のトーン・雰囲気から、面接官はその人が正直に答えているのか、そうではないのかがわかります。

そのため、背伸びをして”良い”回答を返したとしても、それが逆に「この人は素直でないのだな」とよくない印象を持たれてしまう可能性も出てきます。毎日の生活の中から、聞かれたことやもらったアドバイスに「素直」に応えて行くように意識して準備をしていきましょう。

落ちてしまった時の対処法


十分に対策をして面接に望んでも、選考に落ちてしまう場合もあります。たとえ、落ちてしまってもその結果を次に活かすことができたら、それは意味のある経験として自分の今後に生きてきます。
万が一、インターンの選考に落ちてしまった時には、何をしたら良いのか、対処法を見ていきましょう。

十分な業界研究・企業研究に取り組む

インターンシップに落ちてしまう原因として業界研究・企業研究が十分でないことが挙げられるというのは、この記事の冒頭で説明しました。これを裏返すと、次にインターンの選考に受かるためには、深い業界理解・企業理解が必要ということになります。

次の機会には、自分の志望動機をさらに深め、インターンへの参加の目的に説得力を持たせるためにも、業界の動向や企業の経営理念についてリサーチしておきましょう。

業界研究・企業研究を行う際には、インターネットで調べるのはもちろんですが、就活に関連する書籍を使ってリサーチもしておくとさらに良いですね。

OBOG訪問をする

志望していた会社で、社員がどのように働いているのかを知るために、OBOG訪問をしてみるのも大切です。OBOG訪問はインターンシップや選考とは違い、フラットな立場から企業の実際の業況を知ることができるため、自分がインターンとして関わることになった場合のイメージがしやすくなります。

受かった後のイメージができると、選考の際に聞かれる志望動機や参加の目的がさらに明確になっていきます。また、OBOG訪問を通してインターネットではのぞけない、企業の情報を知ることができれば、次回の選考で有利になること間違いなしです。

同じ業界で長期インターン・実践型インターンに参加する

ある会社のインターンの選考に落ちてしまった場合には、同じ業界での他のインターンに挑戦することも、自分の次の選考に役に立ちます。会社で普段行われている実務に取り組む実践的なインターンは、自分の経験になるばかりでなく、業界理解を深めることにもつながります。

長期インターン・実践型インターンでは、リアルな仕事の経験を積むことで、その会社や業界で必要とされている能力はなんなのか、また、自分に足りないものはどんなスキルなのかについて、肌で感じ、経験を通して学ぶことができます。

多くの学生が、インターン選考の面接の際に、アルバイトやサークルでの活動を話す中で、これらの経験をアピールすることができれば評価も高いですよね。

気にしすぎなくても大丈夫(インターン落ちても本選考で採用される可能性有)

インターンに落ちてしまった場合には、「なぜ落ちたのか」という原因を振り返り、分析することも大切ですが、その原因を必要以上に気にしすぎなくても大丈夫です。

落ちてしまったという結果にばかり囚われてしまっては、気持ちが沈んでしまい、次に活かすこともできなくなってしまいます。インターンの選考に受からなかったというのは、自分の問題のみではなく、募集人数の関係や競争倍率等、自分にはどうしようも無い要因も関わっているのです。

なので、どうして落ちたのか原因を分析した後には、落ちたという結果をネガティブに考えることはストップし、なるべく早く切り替えて次に進めるように意識できると良いでしょう。

時にはリフレッシュすることも必要

就活生として就活に取り組んでいる期間でも、友達と遊んだり、ゆったりと時間を過ごして息抜きをすることは必要です。就活生だからと言って、四六時中、就活のことを考えなければいけないわけではないので、遊ぶ時には思いっきり遊び、リフレッシュしながら頑張っていきましょう。

まとめ


インターンの選考面接に「受からない」ことにはさまざまな原因がありますが、その原因の中には自分に関わる内容も、自分ではどうしようもできない外的要因も含まれています。

もちろん選考には受かることが一番ですが、インターンの選考に落ちてしまっても、本選考で受かる可能性は大いにあります。選考面接には全力で、でも落ちてしまっても原因を分析した後には必要以上に気にしすぎないように、上手にバランスをとりながら取り組んでいきましょう。


こちらの記事もオススメ


関連記事