【就活生必読】コロナに負けずに就活を進めるために必要なポイントまとめ

記事監修

秋田谷 蘭
Shaberu編集部
秋田谷 蘭

拡大するコロナウイルスによって、大規模な合同説明会や各会社の就職関連のイベントが小規模化・中止されたことにより、就活に向けて不安を抱えている学生も多いのではないでしょうか。情報を得ようとしても様々な情報が錯綜しており、どれが正しい情報かわからないという声もよく聞こえてきます。

そこで今回は、コロナウイルスの就活への影響についてその現状を学生側・企業側の視点から解説し、内定獲得に向けて今すべきことを紹介していきます。

コロナが就活に与える影響


まずは、現在コロナが就活に与えている影響についてみていきましょう。

説明会の中止・小規模化

コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、説明会の中止や小規模化が行われています。各企業の会社説明会が中止・小規模化しているほか、マイナビやリクナビなどが開催する大規模な合同説明会も中止されています。

これから本格的に就職活動を始めていく時期に、生の情報を手に入れることのできる機会が減ることで、不安を感じている学生が多くいます。

オンライン説明会の増加

企業の人と直接やり取りのできる企業説明会が減ることから、その代替案でオンラインでの説明会が増えていくことが考えられます。

オンラインでの説明会といえど、企業の人から生の情報を聞ける貴重な機会なので、参加することがおすすめです。オンライン説明会の日程などについては、各企業がそれぞれ情報を発信していることもあるので、自分から積極的に調べていくことが必要です。

企業の人と直接会う機会の減少

コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、合同説明会や各企業の説明会など企業の人と直接会う機会が減少することで、OBOG訪問の機会も減ってしまう恐れがあります。

自分の志望する企業の先輩から直接話を聞くことができるのが、OBOG訪問です。そんなOBOG訪問の機会が減ってしまうことは、いきたいと思える企業を見つけるのが難しくなったり、自分の志望動機が不明確になってしまう可能性があるので注意が必要です。

web面接の増加


また、企業の人と直接会う機会といえば、面接の場も含まれます。面接をオンラインで行う(Web面接)企業も増えており、今後もさらに増加する可能性があります。

Web面接では、対面の面接とはまた違った準備が必要となります。準備も面接自体も、慣れていない状態では面接中に不具合が起こってしまうことも考えられるので、事前にしっかりと準備をしておくのがおすすめです。

また、直接会っての面接ではないため、画面上での第一印象が与える影響も大きくなります。Web面接だからと言って気を抜かず、服装や見た目にも気を配りましょう。

【WEB面接徹底解説】準備と注意すべきポイント

提出書類の重要度が増す

企業の採用担当者が直接学生に会って話をしたり、面談・面接をしたりする機会が減ることで、学生が自分を印象付けるきっかけも自ずと減ってしまいます。

そのため、ESをはじめとする提出書類や適性検査など、学生を客観的に評価している情報の重要度が上がることも考えられます。

説明会がなくなり、少し時間が空いた今だからこそ、それらの対策に時間をかけられると良いでしょう。

コロナが流行っている今必要な就活対策

正しい情報を得る

現在、コロナウイルスに関連して様々な情報が報道されており、どれが正しいものなのか・どの情報に従うべきなのかわからないと思っている人も多いかもしれません。こんな時には就活エージェントを利用するのがおすすめですよ。

・合同説明会が中止になって、就活に必要な情報が十分得られていない

・様々な情報の中から、どの情報を信用したら良いのかわからない

・こんな状況の中でも正しい就活準備をして、就活に備えたい

・とにかく不安

など、どんなきっかけでも大丈夫です。遠方の学生で、直接面談に来られないという方は、Webでの対応も可能です。様々な情報が溢れている今だからこそ、気軽に相談するくらいの気持ちで、一度就活のプロと話をしてみてはいかがでしょう。

ESやWebテスト対策に時間を使う

また、自宅でできる対策としてはESやWebテストの対策が挙げられます。ちょうど、ESやWebテストの重要性も上がってきている状況なので、効果的です。説明会などが中止になったことで空いた時間を有効活用していきましょう。

説明会などの情報に常にアンテナを張っておく

コロナウイルス関連の情報・報道は常に変動しており、それによって就活に関連する情報(説明会の実施情報や選考についての情報)も変動してきます。そのため、毎日自分に必要な情報に触れておくことが大切です。

自分に必要な情報については、常にアンテナを張り、知っておくようにしましょう。

いつも以上に積極的に攻めの姿勢で


企業の人と直接会う機会が減っている中で、対面でのOBOG訪問を控えるように言われている会社もあるかもしれません。ですが、そんな中でも電話やオンラインでお話をさせてもらえないかお願いしてみたり、自分で工夫をしてできることはあるはずです。

このような状況ですが、いつも以上に自分から積極的に情報を手に入れたり、接点を持つための行動を起こしてみましょう。

インターンに参加した企業について振り返ってみる

企業の説明会や合同説明会が中止になっている中で、企業の情報を集めることに苦戦している学生もいるかもしれません。そんな時には、夏や秋にインターンに参加した企業について振り返ってみるもの効果的です。

インターンに行った時のことを思い出して、雰囲気はどうだったかな、社員さんは生き生きと働いていたかな、などと考えてみたり、自分の興味のある企業と照らし合わせてみると意外な共通点が見えて来るかもしれませんよ。

まとめ

今世間を騒がせているコロナウイルスが就活に与える影響、また今の現状で必要な就活対策について解説しました。「前例のない就活」と言われることもありますが、基本的にはその時期その時期に必要な対策をし、情報を集めて準備をしてていれば心配ありません。

不安な方は様々な人の力を借りながら、この大変な時期を乗り越えていきましょう。

記事監修

秋田谷 蘭
Shaberu編集部
秋田谷 蘭

Shaberu編集部。悩んだ時・困った時に就活生をサポートできるようなメディアを目指して日々運営中。就活に関しての不安や何か聞きたいことがあれば、気軽に就活面談にお越しください。