低学歴・Fラン大学生は就活できない?!成功する就活方法とは

カテゴリ

低学歴・Fラン大学生は就活できない?!成功する就活方法とは

いざ就活が始まると、高卒・大卒・短大卒などの最終学歴が気になりますね。
たとえ四年制の大学に在籍していても、「Fラン」と呼ばれる無名大学の場合は、コンプレックスに感じる人もいるかもしれません。
「就活は低学歴ほど難しい」とよく聞きますが、実際のところ、低学歴は就活にどのくらい影響するのでしょう?
今回は、低学歴と就活との関係について、くわしく見ていきましょう。

そもそも、あなたは本当に低学歴?

文部科学省の調べによると、日本の高校進学率は、今や97%にのぼります。
ですから、事情は色々あるにせよ、「中卒」の人は、残念ながら、低学歴に分類される可能性が高いでしょう。

続いて「高校中退」です。
「中退」という言葉には、挫折のイメージを持つ人も多く、
「いじめにあっていたのではないか」
「素行が悪かったのではないか」
「家庭環境に問題があるのではないか」
など、ネガティブな憶測を呼びがちです。
そのため高校中退も、低学歴に分類されやすい最終学歴と言えるでしょう。

これが「高卒」や「大卒」になると、「低学歴」の印象はだいぶやわらぎます。
もちろん、高卒よりは大卒の方が有利かもしれません。
でも、しっかりした高卒者と、何も考えていない大卒者なら、高卒者に軍配が上がるケースも十分にあり得ます。

これらに引き換え、大卒者同士の学歴を比較する場合は、在籍する大学の知名度が大きく物を言います。
誰もが聞いたことのある有名大学の出身者は、大学名が安心感を与えるので、たしかに就活では有利でしょう。
逆に、「Fラン(=Fランク)」と評される無名大学の学生は、学歴重視の選考では苦戦を強いられることがあります。
そのため、これまでさほど気にならなかった自分の学歴を、就活を機に意識し始める就活生もいるのではないでしょうか。

つまり、大卒者が自分を「低学歴」と感じるかどうかは、比較対象となるライバルの学歴レベルや、就活で受けようとする企業の人材要件に左右されると言えるでしょう。

低学歴が就活に不利って本当?


では、「低学歴は就活に不利」といううわさの根拠はなんなのでしょう?
考えられる要素をいくつか挙げてみましょう。

①学歴フィルター

大勢の学生が選考に押し寄せる大手人気企業では、応募者を手っ取り早く絞り込むために、学歴を基準にしてふるいにかけることがあります。
「学歴フィルター」と呼ばれるこのシステムは、「とりあえず偏差値の高い学校の学生を採用しておけば無難」という前提にもとづいています。
このような企業を受ける場合、一定水準に満たない学校の学生は、たしかに不利と言えるでしょう。

②学力不足

テストセンターって一体何?受験までの流れ・コツ・対策方法まとめ

「学歴フィルターで落とされた」と本人は思っていたとしても、実は自分の学力不足が原因ということもあり得ます。

それなりの学校に在籍している学生は、やはりそこそこの基礎学力があり、書類選考や筆記試験を突破する確率も高いでしょう。
その結果、高学歴の学生ばかりが選ばれているように見えているだけかもしれません。

この問題は、事前準備と努力によって、ある程度の挽回が可能です。
あきらめず、対策に力を入れましょう。

③派閥

有名校には優秀な教授陣が集まり、卒業生もレベルの高い就職をしています。
彼らは「派閥」と呼ばれる高学歴コミュニティを形成し、独自のネットワークを持っています。
そして、それらを駆使して、教え子や後輩に、特別な推薦枠や採用枠、あるいは選考に有利な独自のルートを用意できることがあります。
これらはFラン校には無い強みであり、「低学歴は不利」と言われる理由のひとつになっています。


こちらの記事もオススメ

内定までの道のりは正直厳しい

たとえば合コンなどに参加して、男性陣の自己紹介を聞いた時、有名大学の学生とわかると、感心したり、「将来有望かも!」と期待感を抱いたりしませんか?

この心理は、残念ながら、就活にも当てはまります。
選考官にしてみれば、やはり高学歴の就活生は、低学歴の就活生より優秀そうに見えてしまうのです。
そういう意味で、低学歴の就活生は、ハンディがあると言えるかもしれません。
では、そのハンディを克服するにはどうしたらいいのでしょうか?

低学歴の内定までの攻略法!

自分の魅力を存分にアピールしよう!

人としての魅力であれば、学歴は関係ありません。
留学経験、インターン経験など、高評価につながりそうな経験はどんどんアピールしましょう。
ゼミやサークル、バイトなどの「ガクチカ」も、ライバルに差をつける絶好のポイントです。
また、「受験には失敗してしまったが、その苦い経験をバネに、学業には人一倍真剣に取り組んできた」というように、入学後の改心をアピールする方法もあります。
選考官が在籍校の偏差値を問題にしなくなるような、魅力的な自己PRを考えましょう。

学歴フィルターを設けている企業は受けない

大企業や人気企業は、高学歴の就活生にとってさえ、狭き門となっています。
足切り手段として前述の「学歴フィルター」が使われている可能性も高く、低学歴の就活生には敷居が高いと言わざるを得ません。
可能性がゼロだと言うつもりはありませんが、できればあまり高望みせず、身の丈に合った就活をして、早めの内定につなげた方が、効率的なのは確かです。

学力試験は対策すればなんとかなる!

【就活の筆記試験攻略法】落ちる人の特徴・対策方法とは?(問題有)

SPIなどの学力試験は、事前の対策次第では、高得点の獲得も夢ではありません。
練習問題を繰り返し解くことで、出題パターンに慣れ、確実にポイントを稼げるようにしておきましょう。
また、パソコンで受けるテストセンターなども、ネット上の模擬試験やCD-ROM付きの問題集で、時間配分や操作方法に慣れておくことをおすすめします。

資格や検定、TOEICなどで低学歴をカバーしよう!

【就活に絶対有利な資格9選と効果的なアピール方法】

志望する企業で役立ちそうな資格があれば、ぜひともチャレンジしておきましょう。
事務職を希望するならMOSや日商簿記検定、語学力が評価されそうならTOEICやTOEFL、他にも、業界によっては、社会保険労務士、公認会計士、宅建、FPなどが高評価につながるかもしれません。
自動車免許も、社会人になる前に取得しておいた方がいいでしょう。

就活エージェントに相談しに行こう!

 
ここまで読んで、どうしても自分の学歴レベルが気になる人は、プロに相談することを考えてみましょう。
たとえ本当に低学歴でも、できるだけそれがハンディにならないような就活の進め方を、プロが伝授してくれるはずです。



DiG UP(ディグアップ)は、納得いく内定までを徹底サポートする就活支援会社です。
 

▼ チャットで気軽に就活相談!キチョナビLINE@の友達登録はこちら ▼
友だち追加

まとめ

就活が始まってみて、「受験生の頃にもっと勉強しておけばよかったな…」と後悔した人もいるかもしれません。
でも、グローバルな感覚やマネジメント能力など、これまでとは違う素質が評価され始めている今、従来の「学歴採用」を見直す企業も増えています。
今できることを着実にこなしつつ、学歴ではなく、あなたの個性や能力を尊重してくれる企業を、前向きな気持ちで探していきましょう。


関連記事