【例文あり】内定式で好印象を与える自己紹介とは?ポイントとコツを徹底解説

カテゴリ

【例文あり】内定式で好印象を与える自己紹介とは?ポイントとコツを徹底解説

就職活動も無事終わり、ホッと一息ついたところでやってくるのが内定式です。頑張って勝ち取った内定だから、内定式ではこれから一緒に働く先輩や同期に良い印象を与え、好スタートを切りたいと考える人も多いはず。

そこで今回は、内定式の中でも特に「自己紹介」を中心に好印象を与えるコツやポイント、内定式の自己紹介で避けたいタブーについて解説します。記事の後半には例文や構成の例もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いたのは

そもそも、内定式の目的とは?


まずは内定式についての基本情報を確認していきましょう。

内定式とは

内定式とは、内定者と会社が内定の約束を交わし、春から一緒に働いていく意識を高めるために行われる会社のイベントで、一般的に10月1日に行われることが多いです。内定式は、内定通知書の授与・社長もしくは経営陣による挨拶・様々な手続きについての説明を経て懇親会が行われるのが基本的な流れです。

自己紹介が行われる場面は、会社の規模や内定式の流れによって様々ですが、書類手続きの前に行われるところもあれば、その後の懇親会の中で行われる会社もあります。

内定式の目的って何?

内定式の目的は一言で言うと、新入社員と会社の意思疎通を図り、内定者の入社意識を高めることです。企業側は、膨大な資金と時間を費やして手に入れた新しい戦力を失わないよう、内定式を行って内定者に「自分はこの会社で働いていくんだ」と言う意識を高めさせるのです。

また内定者にとって身近な目的は、内定者同士の顔合わせです。春から働いていく会社で、自分の同期にはどのような人がいるのか、全くイメージゼロのまま働き始めるのは不安ですが、内定式で他の内定者と一度会っておけば、その不安も軽減されるかもしれませんね。

内定式での自己紹介はなぜ大切?


そんな目的を持って行われる内定式ですが、そこで自己紹介が大切と言われるのは何故なのでしょうか。その理由は第一に、自分がこれから働いていく会社の社員や同期への初めての印象付けの場面であるからと言う理由が挙げられます。

特に初めて会う人の場合は、最初に与える第一印象がとても重要であり、一度与えてしまった印象は、深く付き合っていってもなかなか変わることはありません。そこで、社会人生活のスタートとも言える内定式で好印象を与えることができれば、これから始まる社会人生活の好スタートが切れることに繋がるのです。

内定式で話すべき自己紹介の内容


内定式で話すべき、自己紹介の内容について解説していきます。自分の自己紹介を考える際の参考にしたり、考えた自己紹介をチェックする際にみてみてくださいね。

名前と出身

自己紹介の基本中の基本で、内定式の自己紹介に特有の内容ではありませんが、自分の名前と出身は忘れずに述べるべき内容の一つです。初対面の人と繋がる場である内定式では、自分の基本情報やどこからきたのかについての情報をきちんと述べることで、相手との距離を縮めやすくなります。

また、出身地や出身大学・学部を述べることで、それがコミュニケーションのきっかけとなる可能性もあります。内定式や自己紹介の場面での雰囲気によっては、名前の他にあだ名などを伝えるのも、社員や同期に自分を印象付けるのに効果的です。

社会人として活動していくこれからの抱負・決意

社会人としてのスタートを切るきっかけとなる内定式では、これから社会人として活動していくにあたってのこれからの自分の抱負や決意を述べることができたら、周りの社員や同期に好印象を与えられること間違いなしです。

抱負や決意は必ずしも具体的である必要はないので、「社会人としてのやる気」をアピールするものと捉え、一言伝えることができればOKです。これまでの面接でアピールしてきた内容と被っても大丈夫なので、何かしらの決意表明を入れられるように準備しておきましょう。

自分らしさが伝わる話もあるとなお良い

各内定者に割り振られている時間によって割愛する必要も出てきますが、時間に少しゆとりがある場合には、自分らしさが伝わる話を盛り込むことができたらなお良いです。一般的な自己紹介で終わるのではなく、自分についての情報も相手に伝えることができるので、利き手との距離も縮めやすくなります。

また、企業の規模にもよりますが、たくさんいる内定者の中で、自分という存在を印象付けるためにも、自分についての何らかのストーリーをシェアするのは効果的です。趣味や特技など簡単な内容で構わないので、自分らしさをプラスする話も用意しておくと良いでしょう。

【例文あり】内定式の自己紹介で参考にしたい構成


内定式の自己紹介を考える際に参考になる、自己紹介の組み立て方について3つのパターンに分けて解説していきます。簡単な例文もあるので、構成をチェックしながら読んでみてください。

短めver(挨拶・出身・抱負)

初めまして。東京都墨田区出身の〇〇〇〇と申します。
〇〇大学〇〇学部に所属しており、大学では〇〇を専攻しています。

1日でも早く仕事を覚え、戦力として会社に貢献していけるよう努力していきます。
色々とお聞きすることがあるかと思いますが、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

普通ver(挨拶・出身・学生時代について・抱負)

初めまして。〇〇大学〇〇学部の〇〇〇〇と申します。
出身は北海道で、大学では〇〇を専攻しています。
卒業論文では〇〇について調査・研究しています。

在学中には、海外のインターンシップやボランティアに参加し、それらの活動を通して主に海外の教育に触れてきました。そこで、現地の教育機関に足を運び、様々なスタイルの教育を見てきたことが、今の自分の糧となっており、私がこの会社を選んだ理由も、そこに起因しています。

今後は、これらの経験を生かし、会社に貢献していけるよう精進していきます。ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

長めver(挨拶・出身・自分について・志望理由・抱負)

初めまして。大阪府出身、〇〇大学〇〇学部の〇〇〇〇と申します。
本日はこのような式を開いていただき、ありがとうございます。

大学では〇〇を専攻しており、〇〇を研究しています。
週末には趣味の〇〇をしており、〇〇へとよく足を運びます。
もし同じ趣味をお持ちの方がいれば、ぜひ一声かけていただけると嬉しいです。

(企業)を選んだ理由は〇〇と〇〇です。
これから、自分のこれまでの経験を発揮しながら、より良い成果を上げられるよう精一杯努力してまいります。

みなさんと働けることを楽しみにしております。
これからどうぞよろしくお願いいたします。


こちらの記事もオススメ

内定式の自己紹介で好印象を与えるコツ


内定式の自己紹介は、ただ内容を準備するだけで終わりではありません。自分が周りにどのような印象を与えるのかについては、当日、自己紹介をしている最中の自分の立ち居振る舞いも関係してきます。

笑顔でハキハキと話す

基本中の基本ですが、笑顔ではっきりと話すのはいうまでもなく大切です。自分が相手に与える印象は、何を話しているかという内容ももちろん大切ですが、同じ内容を話していてもそれをどのように話しているのかによって相手に与える印象は変わってきます。

就職活動の面接対策の中でも、笑顔や話し方は大切と言われますが、内定式での自己紹介でも同じことが言えるのですね。

リラックスした状態で自己紹介に臨む

また内定式での自己紹介は、リラックスした状態で望むことがベストです。これまで受けてきた就活の面接など試験ではないため、気負わず、自分らしく自分のことを伝えることができれば良いのです。

そうはいっても、初対面の人の前では緊張してしまうという人もいるかもしれません。そういう時には正直に「緊張してしまって…」と伝えるのも一つの方法ですよ。ちゃんとしようとして隠すよりも、素直に自分の感情を伝える方が、気が楽になってリラックスして話すことができることに繋がるかもしれません。

聞き手の顔を見ながら話す

聞き手の顔を見ながら話すことも、自分を相手に伝える自己紹介の場面では大切です。内定式での自己紹介は、自分が使える時間が限られているので、事前に言う内容を考えて準備していくことが必要ですが、暗記したものをただ暗唱する自己紹介では、かえってマイナスの印象を与えてしまいます。

事前に考えた内容でも、相手に自分のことを伝えるのだと言う意識を持って、聞き手の顔をみながら話すことができれば、聞いている側にも良い印象を与えることができるでしょう。

身だしなみも大事

自己紹介の内容のみならず、自分の身だしなみも、相手に良い印象を与えるために大切な要素の一つです。笑顔で話すことやリラックスして自己紹介に臨むことに加えて、パリッとした清潔感漂う身だしなみで話している姿は、相手に好印象を与えることができます。

内定式の自己紹介に困ったら


内定式の自己紹介で、何を話すべきか迷った場合には「自分と会社」「自分と社員さん」などとの共通点を探してみることもおすすめです。例えば、誕生日や出身地が同じだったり、共通の趣味を持っていたりと、何らかの共通点に触れることができたら、その後の話のネタにもなるかもしれません。これは自己紹介に限らず、コミュニケーションのコツとも言えますね。

ただ、内定式当日の場の空気や雰囲気によっては、共有点探しは避けた方が良い場合もあるので、その場の空気を読むことは最低限必要です。もし可能な雰囲気が漂っていたら、何らかの共通点にぜひ触れてみてくださいね。周りの印象に残りやすくなること間違いなしです。

内定式の自己紹介で避けるべきタブー


内定式の自己紹介で避けるべきタブーについて解説していきます。社会人のはじめの一歩でマイナスのスタートになってしまわぬよう、内定式前に1度目を通しておくと安心です。

長すぎる自己紹介

長すぎる自己紹介は想像通り、周りの迷惑となってしまうため避けるべきです。特に内定式での自己紹介は、会社の規模や人数にもよりますが、それぞれが話せる時間は1分〜3分が目安です。

その時間を超えて長々と話してしまうと、聞き手が飽きてしまうことはもちろん、最悪の場合、他の内定者の時間まで奪ってしまうことにも繋がります。そうならないためにも、事前に言う内容を整理し、当日は長くなりすぎないように注意しながら話すのがおすすめです。

自慢話をすること

自己紹介の中で、自分のことを知ってもらうため、趣味や特技について話すことは好印象ですが、それが自慢話になってしまわぬように注意することが必要です。誰しも自分の自慢話ばかりをする人に好印象は持ちません。

個性と自慢話は違うということを忘れずに、自己紹介の中で相手に伝えたい内容を考えることがポイントです。

ネガティブな発言をすること

内定式は、これからその会社に入って活躍していく意欲を高める場です。そのため、「私のようなものが…」などネガティブな発言をしてしまうと、場の空気を盛り下げてしまう原因となってしまう他、自分自身の評価も下げてしまうかもしれません。

社会に出た際に、謙遜が必要な場面もあることは間違いありませんが、内定式の自己紹介の場面ではそのような発言は避けるのがベターです。

内定式の自己紹介は事前に考えておくことがベスト


内定式は、普段生活している大学やバイトの場とは違う雰囲気で、緊張してしまう可能性もあります。いつもは緊張しないと言う人でも、これから一緒に働いていく社員や同期の前に立つと一気に緊張して、何を話したら良いかわからなくなってしまう危険性もあるので、自己紹介の中で話す内容は事前に考えておくのが安心です。

考えたことの暗唱となってしまうのはよくないので、話す文言まで一言一句暗記する必要はありませんが、時間を考えながら、何を話そうかの大枠は決めておくことをおすすめします。余裕がある人は、前の人と被らないように、いくつかのパターンを用意しておくとなお良いですね。

まとめ

内定式での自己紹介は、自分の内定先の会社での第一印象を決める大切なポイントです。これから働く会社で、良い印象を与え、好スタートが切れるよう、十分に準備をして臨みましょう。

この記事を書いたのは


こちらの記事もオススメ


関連記事