ナゼ面接に受からない?落ちる原因と受かるための対策

カテゴリ

ナゼ面接に受からない?落ちる原因と受かるための対策

「せっかく書類選考を通っても、なかなか面接に受からない」と悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか。
「しっかり対策はしたつもりなのに、面接で手応えを感じない…」
「自分の面接には問題があるらしいけど、それがどこなのかわからない…」
今回はそんな悩みを持つ就活生に向けて、面接に受からない原因と受かるための対処法を解説します!

書類選考を通ったら、面接に合格できる可能性がある!

書類選考の合格通知は、本当に嬉しいものですよね。
書類選考や筆記試験を通過したということは、押し寄せる大勢の志願者の中から、「面接するだけの価値がある」と認めてもらえたということです。
つまり、企業があなたに何らかの興味や可能性を感じてくれた証拠です。
この先の面接を考えてブルーになる人もいるかもしれません。
でも、まずは「選ばれた」ことに対して自信と誇りを持ちましょう。

▼「面接が怖い!」そんなあなたへ▼

「面接が怖い」就活生へ。その原因と対処方法

面接に受からない原因と対策


書類選考は通過するのに、どうしても面接を突破できないという人は、一度初心にもどって、面接の基本を見直す必要があるかもしれません。
よくあるマイナスポイントを以下に挙げてみますので、思い当たる点が無いか、客観的に考えてみてください。

コミュニケーション能力に問題がある

手応えのある面接は、多くの場合、会話がはずみ、面接自体が盛り上がります。
面接が終わった後の感想として、「たくさんしゃべったな」「充実した面接だったな」と思えるような面接であれば、結果もそこそこ期待できるでしょう。
逆に、「会話が途絶えがちだった」「間(ま)が多かった」などの自覚がある面接は、面接での受け答えに問題があったのかもしれません。

・明るい表情でハキハキと聞き取りやすい応答ができていたか
・質問に対して的を得た回答ができていたか
・口ごもったり考え込んだりして、面接のリズムを崩していなかったか

こうしたポイントを、面接を受けるたびに思い返して、おさらいしておきましょう。
できれば一問一答を、紙に書き出すことをおすすめします。
文字にして眺めると、記憶や頭で考えるより、問題点が見つかりやすく、情報を整理しやすいからです。
そして、
「あの質問にはこう答えるべきだった」
「あそこで言葉につまったのはまずかった」
などの問題点に気づいたら、次回に備えて、適切な対応を考え、面接力を上げていきましょう。

▼「あがり症」なあたなへ▼

あがり症でも大丈夫!面接で緊張しない方法・緊張のほぐし方

回答が抽象的

ソツなく答えたつもりでも、実は言葉に具体性が無く、薄っぺらい回答に思われている可能性もあります。
たとえば営業や接客業を希望している人が、志望動機を聞かれて、「人と接することが好きだからです」と答えたとしましょう。
おそらく面接官は、内心「それだけ?」と思うか、「なぜ人と接するのが好きなのですか?」など、一歩踏み込んだ質問をかぶせてくるでしょう。
面接で質問に答える時は、うわべだけの抽象的な回答ではなく、具体的で説得力のある回答が求められます。
たとえば「人が好き」という前述の志望動機は、
「同業種のアルバイト経験を通じて、個々のお客様のニーズに合わせた商品を考え、ご紹介することの喜びと楽しさを身をもって知ったからです」
という具合に、「経験がある」「適性がある」「前向きに取り組める」などの要素を盛り込めば、面接官を納得させやすい回答になるでしょう。

▼「面接の準備の方法」が分からないあなたへ▼

【面接のコツ】就活成功は事前準備にあり!超初心者向け面接対策

自己分析が浅い

面接は、ESだけではわからない、応募者の人柄や中身を知るためのステップです。
そのため、アイデンティティ(自分で自分をどう評価しているか)やパーソナリティ(人からどう評価されているか)を探ろうとする質問が多く出されます。

自分で思う長所・短所やアピールポイントだけでなく、他人からどんな印象を持たれ、どんな評価を受けてきたかなど、客観的な視点からも自己分析を深めておきましょう。

思いがけない質問というのは、どうしても避けられないものですが、自分がどういう人間かをしっかり把握できてさえいれば、応用がきくので、答えられる質問の幅が大きく広がるはずです。

▼「自己分析の仕方」が分からないあなたへ▼

就活の自己分析のやり方って?これで内定レベルの自己分析が完了!

自己分析をプロにお願いしたら就活の方向性が見えてきた【DiG株式会社】

志望意欲が伝わらない

面接で重要視されるポイントのひとつに、志望意欲の高さが挙げられます。
面接官がどこでそれを見分けているかと言えば、たとえば、「どうしてもこの会社で働きたい!」という熱意が感じられるかどうかです。
様々な質問を想定し、上手な受け答えを練習しておくのはたしかに重要な面接対策です。
でも、模範解答にこだわるあまり、自分らしさが十分に出せかったり、どこの企業にも通用するような平凡な答えになったりしていませんか?
「どこの企業でもそう答えているんでしょ?」と面接官に思われないように、その企業に特化した回答を、熱意をこめて語ることが大切です。

▼「志望動機が書けない」あなたへ▼

人事の心を掴む志望動機とは?企業がみているポイントとは

そもそも企業にあっていない

職種や業界をしぼって就活をしている人で、どうしても面接を通過できない場合は、一度自分の適性やキャラクターを見直す必要があるかもしれません。
求められている人材像と自分との間にギャップやミスマッチがあると、どんなにがんばっても、なかなか良い結果にはむすびつかないでしょう。
応募要件や人材要件が本当に自分に合っているかどうかを、冷静に見極める作業が必要です。
また、応募書類では上手にアピールできていた魅力が、面接では効果的に伝わっていない可能性もあります。
書類に表われている自分と、面接で見せている自分との間に温度差が無いかどうか、よく考えてみましょう。

▼「企業選びの軸」が分からないあなたへ▼

「企業選びの軸は?」と聞かれたら?企業選びの軸の考え方

力が入りすぎている

自分の中に、「形式ばった面接が正しい」という思い込みがあると、面接官に、堅苦しく表面的なイメージを与えてしまうことがあります。
礼儀正しさは必要ですが、度を超すと、親しみにくく、人間性が感じられなくなるので注意が必要です。
面接では、自分らしさを伝えることが大切なポイントです。
軍隊のようなかしこまった態度で、用意してきた模範解答を繰り返しているだけでは、面接官にはあなたの人柄も個性も伝わらないでしょう。
適度な「隙(すき)」を見せてこそ、「おもしろい子だな」「よく気がつくな」といった本来の姿が伝わることもあります。
思い当たる節がある人は、時には肩の力を抜いて、自分の言葉で会話する余裕を持ちましょう。


こちらの記事もオススメ

まとめ


面接を突破できない日々が続くと、自信を無くしたり気持ちが落ち込んだりしてしまいがちですね。
でも、面接にはテクニックだけでなく、運や経験値も必要です。
この記事で紹介したようなポイントを踏まえつつ、一歩ずつ面接スキルを上げていきましょう。
そしてあなたの良さを正当に評価し、熱意を買ってくれる企業を、あきらめずに根気よく探していきましょう。


関連記事