インターンに受からない人の共通点・特徴とは?【対策方法】

カテゴリ

インターンに受からない人の共通点・特徴とは?【対策方法】

「インターンに参加したい!」
そう思って何社もエントリーしているのに、いつも書類選考で落ちてしまう…。
あるいは、書類選考は通過するけど、毎回面接で落ちてしまう…。
そんな悩みを持っている人は、意外と多いのではないでしょうか?
今回は、インターンに受からない人の共通点と、インターンの選考突破につながる対策法を徹底解説します。
この記事を読んで、念願のインターン参加権を獲得しましょう!

この記事の監修は

インターンの選考に受からない人の共通点


まずは、書類選考で落ちる人と面接で落ちる人、それぞれの共通点を見ていきましょう。
自分に当てはまる項目が無いか、じっくり考えてみてください。
もちろん対策と解決法も、後半でご紹介します!

書類選考で落ちる人の共通点


書類選考をどうしても通過できない人の共通点は、ずばり、「応募書類に問題がある」ということです。
具体的には、次のような部分で、合格点を逃している可能性が高いと考えられます。

①志望動機が弱い
インターンの応募書類において、志望動機は重要です。
「こんな志望動機なら、他社のインターンでもいいんじゃない?」と選考官に思われてしまったら、書類選考を通過できる見込みはまずありません。
あなたの書いた志望動機は、ライバルに差をつけられる内容になっていますか?


②自己PRが薄い
自己PRは、自分がどんな人物なのかを相手に伝える「要(かなめ)」の部分です。
応募要件にそぐわない自己PR、あるいは平凡でありきたりな自己PRでは、選考官の興味を引くのは難しいでしょう。
自分がどんな性格で、どんな長所があり、大学でどんな勉強をしてきたか。
また、それらをインターンでどう活かせるか。
この2つを効果的にアピールできていますか?

企業にアピールできる新卒の自己PRの仕方とは?⏩https://kicho-navi.jp/pr-howtowrite/


③熱意が伝わらない
応募書類は、少ないスペースで最大限に自分の良さを伝えるための大切なツールです。
やる気や熱意がこもらない応募書類は、熟練の選考官なら、ひと目でわかります。
「しっかりと時間をかけて丁寧に作られた応募書類だな」と、思ってもらえる応募書類に仕上がっていますか?

エントリーシートが通らない人へ⏩https://kicho-navi.jp/entrysheet_not_pass/

面接で落ちる場合

次に、書類選考は通過するのに、いつも面接で落とされてしまうという人の共通点を見てみましょう。

①第一印象で損をしている
面接では第一印象がとても大切です。
無難に整えたつもりでも、実は着ているスーツやヘアスタイルが自分になじんでいなかったり、作り笑顔やわざとらしいリアクションをしているかもしれません。
第一印象で好感を持ってもらうための研究をおこたっていませんか?


②自分をうまくアピールできない
応募書類ならうまく書けた志望動機や自己PRも、面接で深掘りされると言葉につまってしまう人がいます。また、思ったことをうまく言葉にできなかったり、性格的に自分を売り込むのが苦手な人もいるでしょう。けれども面接では、積極的に自分をアピールしていかないと、相手に自分のことをわかってもらえません。
今までの面接に積極性が欠けていなかったか、よく思い出してみましょう。


③会話がはずまない
相手の質問に「はい」や「いいえ」だけで答えていたり、的外れな返事を繰り返したりしていませんか?
こんな面接は、話が盛り上がらないので、選考突破にはつながりにくいでしょう。
「いつも面接があっさり終わってしまう」という人は、自分のコミュニケーション力を見直す必要があるかもしれません。

面接でうまく話せない人はこちらも参考ください⏩https://kicho-navi.jp/no-speak/


④業界研究や企業研究の不足
「ぜひとも御社のインターンに参加したい!」と熱くアピールしておきながら、「弊社について何を知っていますか?」といった基本的な質問に、うろたえたり言葉に詰まったりしていませんか?
これでは熱意を疑われても仕方がありません。
伝えたい熱意と集めた知識に開きや温度差が無いかどうか、自分の下調べの充実度を見つめ直してみましょう。

効果的な企業研究のやり方が分からない人へ⏩https://kicho-navi.jp/company_research/


⑤倍率が高いインターンばかりをねらっている
(インターンは倍率が高いことが多い)
そもそも、人気企業の長期インターンは、非常に倍率が高くなっています。
面接をどうしても突破できないという人は、一度冷静になって、難易度や競争倍率を見直す必要があるかもしれません。


こちらの記事もオススメ

どうしたらインターンの選考に通る?


ここまで読んで、思い当たる項目があった人は、自分に合った対策を知って、選考突破につなげましょう。

書類選考で落ちる人におすすめの対策

①「志望動機が弱いかも…」と思う人に必要な対策
「受かる志望動機」を書くポイントは、次の2点を強調することです。

◆インターンを通じて、何を学び、何を身に付けたいかという明確な目的意識
◆「その目的をクリアするには貴社のインターンが最適」と考えた根拠

つまり、「他社との違いを理解した上で、ぜひ貴社のインターンに!」という思いが伝わる志望動機が理想です。
自分の書いた志望動機を何回も読み返し、これらの条件を満たせるように、文章を練り直しましょう。


②「自己PRが薄いかも…」と思う人に必要な対策
一部の就活サイトでは、みごと選考を突破した先輩達の応募書類が公開されています。
それらをよく読み込んで、効果的な表現や、使えそうなエピソードを研究しましょう。

受かる自己PRには、「自信」「向上心」「明確な展望」など、いくつもの共通点があります。
それらを上手に取り入れて、自己PRを充実させましょう。
ただし、念のために言っておきますが、丸パクリは厳禁ですよ。


③「熱意の伝わる応募書類になっていなかったかも…」と思う人に必要な対策
応募書類は、達筆である必要はありませんが、最低限、一文字ずつ丁寧に心をこめて書きましょう。
雑な文字や誤字脱字、空欄・余白はもちろんのこと、「特になし」という記載も、あまり良い印象を与えません。
あとは読みやすくわかりやすい文面を心がければ、自然に好感の持てる応募書類になるでしょう。

面接で落ちる人におすすめの対策

①「第一印象で損をしているかも…」と思う人に必要な対策
まず基本的な身だしなみや自分の醸し出す雰囲気を客観的に見直すところから始めましょう。
メイクやヘアスタイルは、自分の魅力を引き立たせることに重点を置くといいでしょう。また、鏡の前でシミュレーションを繰り返し、感じのいい笑顔や自然なリアクションを練習するのも効果的です。


②「自分をうまくアピールできない」と思う人に必要な対策
この場合、「自分の気持ち」をしっかり整理して自信を持つことが必要です。

「なぜこのインターンに参加したいのか」
「なぜこの企業を選んだのか」
「なぜ自分は自己PRに〇〇を選んだのか」

など、初心に帰って自分自身に問いかけてみましょう。
ブレない「軸」をはっきりさせれば、自信を持って自己主張ができるようになるはずです。

自己PRが書けない人の対処法・解決策⏩https://kicho-navi.jp/recruit-pr/


③「会話がはずまない」と悩んでいる人に必要な対策
コミュニケーション力に自信の無い人は、イメージトレーニングを繰り返しましょう。
面接官がどこでどう突っ込んでくるか、あらかじめ予測をして答え方の練習をしておくと、思いがけない質問に動揺して頭が真っ白になるのを防げます。
想定される質問を書き出し、模範解答と思える答えを、実際に声を出して練習しておきましょう。
ひとつの回答に複数の質問を予測しておくことと、深堀り質問まで想定して対策するのがポイントです。


④「業界研究や企業研究の不足」を自覚している人に必要な対策
面接で、「こんなことも調べていないの?」という反応をされたことがある人は、事前調査が足りていないと言わざるを得ません。
企業にとって、自社をどれほど知っているかは、志望意欲のバロメーターです。
目指す企業や業界のデータは頭に叩き込んでおきましょう。
OB訪問で先輩にアドバイスをもらうのも非常に有効です。


⑤「倍率が高いインターンばかりをねらってきたかも…」と思う人に必要な対策
インターンの募集期間は限られています。
無謀な挑戦を繰り返したあげく、一度もインターンに参加できないまま時期を逃してしまうより、もう少し門戸の広いインターンに切りかえた方が、就活を効率よく進められるかもしれません。
ブランドにこだわらず、募集中のインターンをよく比較検討してみましょう。

まとめ


たとえインターンの選考に通らなくても、多くの場合、本選考には影響がありません。
ただし、インターンの選考は本選考の前哨戦です。
選考に落ちたらそのままにせず、原因を究明して次に活かしましょう。
その努力の積み重ねが、就活力アップにつながります。
ぜひともインターンの選考を突破して、本選考に対する自信をつけましょう。

この記事の監修は


こちらの記事もオススメ


関連記事