「就活にやる気が出ない!」やる気の出ない原因とその対処法

カテゴリ

「就活にやる気が出ない!」やる気の出ない原因とその対処法

就活中は、自信を無くしたり肩を落としたりするシチュエーションが山ほどあります。
全てをはねのけてモチベーションを維持するのは難しいですよね。
「やる気が出なくて就活に集中できない…」
「周囲のパワーについていけない…」
そんな「就活スランプ」におちいったとしても不思議ではありません。
今回は、どうしても就活にやる気が出ない時の原因と対処法をご紹介します。

この記事の監修は

就活にやる気が出ない原因とその対処法


就活でやる気が出なかったり、やる気を失ったりする原因は人それぞれです。
自分がどうしてモチベーションを保てないのか、立ち止まって考えてみましょう。
原因がわかれば、効果的な対処法も見つかるかもしれません。

失敗続きでやる気を無くしている

 (失敗のイメージしか思い描けていないと、選考を受けても、また失敗すると思って暗い気持ちになる。)

「立て続けに不採用通知を受け取った…」
「第一志望に落ちてしまった…」
こんな時、就活に対してやる気を失う人は多いと思います。

でも、どこかで気持ちを浮上させなければ前進することはできません。
それどころか、自信の無さや失敗への恐れが表情や態度ににじみ出て、その後の選考にもマイナスの影響を与えることがあります。

就活では「気持ちの切り替え」がとても重要です。
「あの会社は縁が無かったんだ」
「また次がんばろう!」
という、くよくよしない前向きな気持ちを持つように心がけましょう。

やるべき事がわからなくてやる気が出ない

はっきりした目的が無く、ただ漫然と就活をしていると、自分が何のために就活をしているのかわからないので、やる気が出ないことがあります。

目指すものがあるか無いかで、就活のモチベーションは全く違います。
「就活しなきゃ…」という義務感で無理やりノルマをこなすのではなく、
「こんな仕事をしてみたい!」
「あの企業で働きたい!」
という明確な目標が見えるまで、自己分析や企業研究を極めてみましょう。
 

やる事が多すぎてパンクしている

「明後日までにA社にESを送って、次の日はB社の会社説明会、就活ノートもまとめなきゃならないし、バイトもゼミも休めない…」
そんな毎日を送っていると、気持ちが疲れて、充電切れしてしまいます。

スケジュールは詰め込みすぎず、自分のキャパに合わせましょう。
「忙しい」のと「充実している」のとは、似ているようで全然違います。
多すぎる課題に振り回されるのではなく、ひとつひとつを充実させる時間的余裕を確保することで、気持ちに余裕が生まれて、やる気がよみがえるかもしれません。

学生生活に未練があって、やる気がわかない

「ずっと学生でいたい…」
「社会になんか出たくない…」
そんな気持ちも、就活にやる気が出ない原因になり得ます。

未知の環境を恐れる気持ちは、人間なら誰でも持っています。
でも、現実的に考えて、いつまでも子どもでいられないのはわかりますよね?
今は難しそうに見える社会人生活も、始まってみれば当たり前のこととなり、新しい世界が広がるでしょう。
むやみに恐れるのではなく、
「親に頼らず自立して生きていける!」
「稼いだお金を自由に使える!」
など、なんでもいいので、良い面に目を向けていきましょう。

就活に行き詰まってやる気が出ない

何をしてもうまくいかなかったり、相談できる相手がいなかったりすると、この先どうしたらいいのかを見失い、やる気を無くすことがあります。

そんな時は、就活のプロに相談してみましょう。
顔見知りには言えないことも、相手がプロのエージェントなら、正直に話せるかもしれません。
また、プロなら、自分に足りない部分を指摘してくれたり、それを補うためのテクニックを伝授してくれたりもするでしょう。
なにより、就活に一番必要な「理解者」となり、あなたのやる気を復活させてくれるかもしれませんよ。
  


こちらの記事もオススメ

途中で心が折れてやる気がなくなったら


「もう何もしたくない…」
「就活なんかどうでもいい…」
そんな心境になってしまったら、一度就活をお休みしてみましょう。

やる気をふるいたたせようとがんばればがんばるほど、気持ちが空回りして、結果に結びつかず、かえって焦りや自己嫌悪が生まれることがあります。

そんな時は、一度しっかりリフレッシュして、気持ちをリセットしてあげましょう。
自分にムチを打ってボロボロになりながら無理やり走り続けるよりも、適度に休憩をとり、周囲の景色にも目を向けながら、マイペースで走った方が、足取りは軽くなるでしょう。
「心が折れそう…」と思った時は、無理をせず、自分を休ませてあげることも、就活を長続きさせる大切なポイントです。

就活が終わった後に楽しみを作る

「そうは言っても足を止めるのが不安…」という人は、せめてひとつひとつの課題をクリアしたあとに、自分にご褒美をあげましょう。

「今日はよくがんばった!」と自分を思い切りほめてあげたり、
「次の面接が終わったら思い切り〇〇をしよう!」といった具合に、煮詰まった気持ちを適度に解放してあげることで、こまめに燃料を補給して、充電切れをふせぎましょう。

就活モチベーションを上げる方法3選

目標と予定を細分化して、やる気アップを目指そう

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと手当たり次第に就活をしていると、気持ちが焦るばかりで、うまくいくものもいきません。

「〇日までに××を仕上げる!」
「この週末は△△をまとめる!」
と、目標や予定をこまかく区切ることで、「まずひとつクリアした!」という達成感を得られやすくなります。

モチベーションの高い就活生と交流しよう

たとえばスポーツや習い事で、限界を感じ、行き詰った時、プロのプレーや演技を観て、やる気がよみがえった経験はありませんか?

「あんな風になりたい!」
「あの人みたいになりたい!」
という気持ちは、モチベーションに大きく影響します。
ですから、意識の高い就活生の中にあえて自分を置くことで、学びや気づきがあったり、刺激を受けたりして、やる気が復活するかもしれません。

就活を楽しむ方法を探そう!

就活でやる気を無くしてしまうのは、結果が出なかったり、方向性を見失ったりして、途方に暮れてしまうからではないでしょうか。

そんな時は、無理に結果を出そうとしたり、目標探しを急いだりせず、とりあえず今の状況を楽しめるような別の要素を見つけましょう。
受ける企業の周辺で、下見を兼ねて、グルメスポットやおしゃれスポットを探すのもいいでしょう。
選考会場で他の就活生を観察し、メークや着こなしをこっそり研究するのもいいでしょう。
他校の就活仲間を作って情報交換するのもいいですね。
「結果はどうなるかわからないけど、とりあえず明日の〇〇が楽しみ!」という、テンションの上がる要素を見つけて、就活の原動力にしてしまいましょう。

まとめ


100%やる気に満ちて、最初から最後までモチベーションを保てる就活生は、実はそう多くありません。
誰でも悩んだり苦しんだりしながら、自分の未来を模索しているのです。
そういう意味では、やる気を無くしてしまった時こそ、就活の「正念場」と言えるでしょう。
やる気を無くしたまま、先の見えない就活を続けるか、どこかで気持ちを切り替えて、もう一度明るく選考にチャレンジjするか、その違いが就活の結果に表われるのではないでしょうか。

この記事の監修は


こちらの記事もオススメ


関連記事