面接で落ちる理由はたった2つ!受からない就活生の共通点

カテゴリ

面接で落ちる理由はたった2つ!受からない就活生の共通点

「自分ではうまくやっているつもりなのに面接に落ちてしまう。」
「なかなか面接でうまく答えられない」

就活の面接では、思うようにいかないことも多々あります。
今回は、就活の面接で落ちる理由と、当てはまる学生の特徴、対策方法について紹介します。

そもそも採用されるとはどういうことなのか知ろう

企業が新卒採用をする意味は様々です。例えば以下のようなものがあげられます。

・企業が目指す方向と現在とのギャップを埋めるために採用したい
・新しい風をいれることで社内の士気を向上させたい
・事業拡大のため早期に活躍できる人材を採用したい

これを踏まえた上で、採用されるとの意味を考えてみましょう。採用されるということはそれだけ企業から期待をされており、企業はその期待に沿った活躍ができる人物を採用したいと考えています。でも、面接という短時間の中でその人材かどうかを判断するのは正直いって難しいのです。だからこそ、採用される側が上手にアピールをして、「一緒に働きたい」と思ってもらう必要があります。

企業側も本気でいい人を採用したいと考えて面接に望んでいます。私たち就活生も、その企業に入社したらどう頑張っていきたいのか、どんな強みを持っているから貢献ができるのかなど、企業側に採用後のイメージを沸かせるようにアピールすることが大切です。

なんで面接に落ちるの?面接で落ちる理由

面接に落ちる原因の本質は、①受ける企業にマッチしてない②マッチしてるが企業側にうまくに伝わっていない、の2パターンが考えられます。
1次面接や2次面接、それぞれの選考段階により見られるポイントは多少変わってはきますが、この2つに集約されると考えていいでしょう。
具体的には以下のようなことが考えられます。

①受ける企業や業界にマッチしてない

そもそも受ける企業が自分にマッチしてなければ、いくらあなたがアピール上手でも、一緒に働きたいとなかなか受かりづらくなってしまいます。マッチしているかどうかを見極めるには、自己分析と企業研究が大切。もし、上手にアピールできていると自負していてもなかなか受からないということであれば、この2つが不足しているのかもしれません。

自己理解が浅い学生の特徴として、やりたいことが先行していることが考えらえます。「○○という経験から、この仕事がしたい!」という動機はもっともらしいですが、それがあなたができることとずれている可能性があるのです。1つの会社に入社するということはその会社にとって利益がでるように働くということです。やりたいことができない可能性は十分にありますから、それよりもどんなことが強みなのかをしっかり理解した上で伝えられる方が、企業側も採用イメージが湧きますよね。

今一度、志望している企業が、自分の強みや得意なことを活かせる仕事なのか、自己分析をしてみてください。もしそこにずれが生じているのであれば、このまま就活を続けて内定がもらえたとしても、入社後に苦労するかもしれませんよ。

一人で自己分析を進めるのはむずかしい。就活のプロに相談すると効率UP!



DiG UP(ディグアップ)は、ひとりひとりに合わせた親身なサポートが評判の就活サポート会社です。


こちらの記事もオススメ

②マッチしてるが企業側にうまくに伝わっていない

2つめのパターンとして、相手に自分のよさや、企業があなたを採用することでのメリットがうまく伝わっていないことが考えられます。伝わっていない要因は、いくつか考えられます。例えば以下のような場合です。

・身だしなみが整っていない
見た目からの情報であなたの印象は大きく変わります。しわしわのシャツやスーツ、汚れた靴、乱れた髪など、清潔感のない身だしなみでは、いくらいいことをいっても説得力がありません。”中身を見てほしい”というのであれば、まず中身をみてもらうように余計な情報を取り除く努力をしましょう。

・質問に対する回答を準備している
面接でよく質問される「志望動機はなんですか?」「あなたの長所を教えてください」という質問がきたとき、ここぞとばかりに用意してきた回答を話していませんか?面接官からすると、用意してきた回答を話していることはすぐにわかります。文章を覚えるのではなく、伝えたい要点だけ覚えておき、はなしながらその要点を繋いでいくようなイメージで答えると自然な会話になりますよ。

・抽象的な表現が多い
話すときに、抽象的な表現が多いと相手に伝わりづらくなります。多く使いがちな抽象的な表現として、「コミュニケーション能力」「成長できた」「たくさん」などがあげられます。しかし、このような表現は人によって捉え方が異なり、イメージがわきません。もし面接でそのような答え方をしている心当たりがあれば、具体的な数字や固有名詞をいれるように心がけましょう。

(悪い例):レギュラー落ちして悔しい思いをしたので、これまでより練習をたくさんしてレギュラーを取り戻した。
(良い例):レギュラー落ちをした悔しさから、練習後に毎日2時間居残り練習をして、フォームの改善、体力づくりに努めた。結果、次の大会ではレギュラーを勝ち取ることができた。

・何がいいたいのかわからない
話の中に要点を詰め込みすぎてしまうと、何をアピールしたいのか、何を伝えたいのかがわかりづらくなってしまいます。

(悪い例)
私は学生時代にカフェでのアルバイトを頑張りました。まず意識していたのは時間を厳守することです。接客面では丁寧な対応を心がけ、お客様の居心地のよい空間づくりに貢献をしました。結果売上が上がり、店長やお客様から感謝の声をいただくことができました。

この文では、伝えたいことが時間厳守なのか、お客様の満足度向上に貢献したことなのか、売上に貢献したことなのかがとてもわかりづらいです。また、“頑張った”、“丁寧な対応”、“貢献をした”など、抽象的な表現が多く、何も伝わらない自己PRになってしまいます。

・志望動機から意欲が伝わっているか
当たり障りのない志望動機や、使いまわせる文章で志望理由を伝えていませんか?もしかすると、企業側に意欲が伝わっていないのかもしれません。これまで伝えてきた志望動機は、その企業でしか通用しないものでしょうか。聞いている面接官は、「それなら他の会社でもできるなあ」と思っているかもしれません。その会社でないといけない理由はなんなのか言葉で伝えられるようにしましょう。

・声が小さい、聞き取りづらい
そもそも、伝え方が弱い場合は、いくらいいことを話していても相手に伝わりません。お腹から声をだし、はきはきと受け答えができるように練習をしましょう。鏡の前で練習してみるのも有効ですよ。


こちらの記事もオススメ

最終面接で落ちるのは覚悟が足りていないから

“最終面接はただの意思確認”と思っている就活生も多いかもしれません。でも、実は最終面接で落ちる就活生は多くいるのです。しかも、不思議なことに”最終面接だけよく落ちる”という就活生の声をよく聞きます。最終面接まで進めたということは、人柄や経験など求める人物像に近しいという判断をされたということなのに、なぜ最終面接で落ちてしまうのでしょうか。それは、その会社で働く覚悟が感じられないという理由が大きいのです。企業側は採用目標があり、内定辞退を防ぎたいというのが本音です。そのため、同じくらいのスキルの学生であれば、志望度の高い学生の方を採用したいと思うのです。

ですから、最終面接前には、今一度「なぜこの会社なのか」「他の企業ではなく、この会社にいきたい理由はなんなのか」を今一度固めてから臨みましょう。

まとめ

いかがでしたか。面接で落ちるのは、自己理解が浅かったり、自己理解が浅いことが原因かもしれません。もし自分で進めていくことが不安なのであれば、就活エージェントを利用するのも有効です。自己分析からES添削、面接対策まで二人三脚であなたの就職をサポートしてくれますよ。


関連記事