アスリートだけじゃない!五輪延期による就活への影響とは?

記事監修

長倉 優貴
キャリアアドバイザー
長倉 優貴

新型コロナウイルスの流行により2020年夏に予定されていた東京オリンピックが延期となりました。こうした社会的に大きな影響は必ず就活にも響きます。実際にはどんな影響があるのか21卒の方向け、22卒の方向けにそれぞれ解説します。

21卒向け就活への影響

採用の長期化

五輪開催を見据えて早期の採用を予定して組まれたスケジュールが、面接や説明会の中止の影響で後ろ倒しになることが予想されます。結果、採用が長期化する企業が増えてくると考えられます。

採用枠の減少

五輪延期が発表されたことで観光業界やホテル業界では経営難に陥った企業も少なくありません。また、これの企業はあくまで一例に過ぎず、こうした被害を受けた企業は無数に存在します。

そのため、多くの企業が人件費削減として採用を中止、あるいは採用はしても当初予定していた人数より採用枠を縮小すると考えられます。

家でも就活できるのかな...プロに相談!無料!LINEで就活相談

22卒向け就活への影響

大企業志向が強まる

五輪延期の影響で倒産や経営難に陥る企業が増えることで経済状況が不安定となり、学生たちが不況でも安定している大企業を志望することが多くなります。

「不況に強く安定した企業ってどんなところ?」と思った方はこちらの記事をどうぞ。

不況に強い業界を押さえておきましょう。

コロナ不況も大丈夫!不況に強い業界

コロナによる不況に強く安定した業界を紹介します。


秋、冬インターンの激化

多くの企業にとって延期後の夏に開催される来年の五輪の期間は忙しくなり、また観光客の利用者が増えることで交通機関の混乱が予想されます。そのため、夏には採用を行わず、選考スケジュールを早期化して4月から6月頃には選考が終わる企業も多くなります。

それを見据えてこれらの企業は22卒学生向けの秋、冬のインターンを精力的に行い、いち早く優秀な学生の確保を行います。こうした背景から22卒向け秋、冬インターンに参加しないことで就活に出遅れてしまうことが考えられます。

対策

情報を毎日仕入れる

オリンピック延期によって、今後も新しい影響が出てくることが考えられます。志望先の企業のホームページや各種SNSなど利用して情報収拾をこまめに行いましょう。

突然のスケジュール変更や採用情報の更新などに素早く対応しやすくなります。

プロに相談する

この状況で一人で就活するのが不安な人や自分で就活を進めていくことに難しさを感じている人は就活支援のプロであるキャリアアドバイザーに相談しましょう。

下記のバナーからShaberuのLINEを登録すると簡単なビデオ通話面談など無料で相談が可能です。ぜひご活用ください。

家でも就活できるのかな...プロに相談!無料!LINEで就活相談

まとめ


これまで解説したようにオリンピックの延期が皆さんの就活にも大きな影響を及ぼします。不安定な中での就活になりますが焦らずに情報を集めて満足いく就活をしましょう。

記事監修

長倉 優貴
キャリアアドバイザー
長倉 優貴
DiG株式会社 キャリアアドバイザー。就活生のトライ&エラーを徹底的にサポートします!就活の悩みはお気軽に相談に来てください!
東京の就活エージェント|ディグ株式会社