【内定者が教える】オンライン面接に合格する3つのコツ | 落ちないマナー,注意点も紹介!

記事監修

秋田谷 蘭
Shaberu編集部
秋田谷 蘭

【内定者が教える】オンライン面接に合格する3つのコツ | 落ちないマナー,注意点も紹介!

「オンライン面接って、画面越しに話すから、思っていることをうまく話せるかどうか不安…」そんな就活生も多いですよね。

そこでこの記事では、数百人の就活生を支援してきた就活の教科書編集長 岡本が、オンライン面接に合格する3つのコツを紹介します。

合わせて、オンライン面接を受ける時のマナーや、オンラインならではの注意点も解説します。

この記事を読めば、オンライン面接で押さえるべきポイントがわかり、面接に自信を持って臨めますよ。

 

岡本さん

「オンライン面接のコツを掴んで、内定をもらいたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

オンライン面接を実施する企業は増えている

 

岡本さん

まず初めに、そもそもオンライン面接とは何なのかについて、簡単におさらいしますね。

 
おさらいですが、オンライン面接とは「ウェブ会議システムを使った面接選考」です。

通常の面接とは異なり、すべてをオンラインで済ませられるのがオンライン面接の特徴です。

また2021年卒向けの就職活動では、オンライン面接を実施する企業が非常に増えてきています。

新型コロナウイルスの影響により、対面での面接を実施しづらくなったためです。

そしてオンライン面接を実施する企業は、今後さらに増えることが予測できます。

今後内定をもらうためには、オンライン面接の対策が必須と言っても良いでしょう。
 

岡本さん

オンライン面接は、通常の面接と異なり、対面で話すことはありません。
そのため、オンライン面接ならではの対策をする必要があります。

しかしオンライン面接を受けたことがなくて、対策方法がよくわからない就活生も多いですよね。

そこで次に、オンライン面接に合格する3つのコツを紹介します。

オンライン面接に合格する3つのコツ

オンライン面接に合格するコツは、以下の3つです。

これら3つのコツを意識してオンライン面接を受ければ、面接官に好印象を与えられます。

  • コツ①:身だしなみを整える
  • コツ②:部屋を明るくする
  • コツ③:なるべくカメラを見て話す

 

岡本さん

それでは、オンライン面接に合格する3つのコツを、それぞれ解説していきますね。

コツ①:身だしなみを整える

オンライン面接に合格するコツ1つ目は、「身だしなみを整える」です。

身だしなみを整えることで、面接官に良い印象を与えられます。

例えば、「綺麗なリクルートスーツを着る」「髪型を整える」など、綺麗な身だしなみにしておくことが、オンライン面接を合格するコツです。

オンライン面接で落ちてしまう就活生に多いのが、「寝癖がついていた」「ヒゲを剃っていなかった」などの、身だしなみに気遣えていない失敗です。

オンライン面接は、自宅でリラックスして受けられる反面、身だしなみに気を遣うことを、つい忘れてしまいがちです。

身だしなみを整え印象を良くすることは、オンライン面接の結果に大きく影響しますよ。

 

岡本さん

オンライン面接に合格するために、身だしなみを整えることから始めましょう。

コツ②:部屋を明るくする

オンライン面接に合格するコツ2つ目は、「部屋を明るくする」です。

部屋を明るくすることで、カメラ映りが良くなり、あなたの表情を面接官に伝えやすくなります。

「部屋の照明をつける」「カーテンを開けて部屋に光を入れる」のように、部屋を明るくしてみましょう。

反対に、オンライン面接を暗い部屋で受けてしまうと、面接官にとって、あなたの表情が怖く見えてしまう可能性もあります。

 

岡本さん

オンライン面接であなたの表情をうまく伝えるためには、部屋を明るくするよう意識してください。

コツ③:なるべくカメラを見て話す

オンライン面接に合格するコツ3つ目は、「なるべくカメラを見て話す」です。

カメラを見て話すことで、あなたの話す内容が面接官に伝わりやすくなります。

この時、5〜10秒に1回の頻度で、カメラを見て話すよう心がけましょう。

また、上目遣いや伏し目がちにならないよう、あなたの目線の高さにカメラを合わせることも、オンライン面接を成功させるコツです。

カメラの先に面接官がいることをイメージしながら話すことで、面接官に好印象を与えられますよ。

 

岡本さん

さて、ここまで、オンライン面接に合格する3つのコツを解説しました。

これからオンライン面接を受ける就活生は、これら3点のコツを意識して臨んでみてくださいね。

加えてオンライン面接に合格するためには、面接のコツだけでなく、オンラインならではのマナーを覚えておくことも大切です。

そこで次は、オンライン面接を受ける時のマナーを紹介しますね。

オンライン面接を受ける時のマナー

オンライン面接を受ける時のマナーは、次の3つです。

これら3つのマナーを押さえてオンライン面接を受ければ、面接官に悪印象を与えずに済みます。

  • マナー①:なるべく自宅で受ける
  • マナー②:背景をシンプルにする
  • マナー③:携帯電話をマナーモードにする

 

岡本さん

それでは、オンライン面接を受ける時のマナーを、それぞれ解説していきますね。

マナー①:なるべく自宅で受ける

オンライン面接を受ける時のマナー1つ目は、「なるべく自宅で受ける」です。

オンライン面接を自宅で受けることで、落ち着いて面接を受けられます。

反対に、オンライン面接を自宅以外で受けると、あまり落ち着かず、思っていることを話せない可能性があります。

 

岡本さん

「ネットカフェ」「友人の家」など、自宅以外でオンライン面接を受ける場合は、質問にうまく答えられるよう、原稿を用意するなどして対策しておきましょう。

マナー②:背景をシンプルにする

オンライン面接を受ける時のマナー2つ目は、「背景をシンプルにする」です。

背景をシンプルにしておくことで、面接官にあなたの話を集中して聞いてもらえます。

例えば、背景には「白い壁紙」「無地のカーテン」のような、シンプルなものがおすすめです。

背景をシンプルにしておかないと、面接官は気が散ってしまう可能性があります。

 

岡本さん

オンライン面接では、面接官に話をしっかり聞いてもらうために、背景をシンプルにするよう心がけましょう。

マナー③:携帯電話をマナーモードにする

オンライン面接を受ける時のマナー3つ目は、「携帯電話をマナーモードにする」です。

携帯電話をマナーモードにしておくことで、集中してオンライン面接を受けられます。

反対に、携帯電話をマナーモードにしておかないと、「面接中に電話が鳴ってしまい、面接官に気を遣わせてしまう」などのトラブルが起きる可能性もあります。

面接官に悪印象を抱かせないためにも、オンライン面接中は、携帯電話をマナーモードにしておきましょう。

 

岡本さん

さて、ここまで、オンライン面接を受ける時のマナーを3つ紹介しました。

これら3つのマナーを押さえておけば、面接官に悪印象を与えることもありません。

しかしオンライン面接を受ける時には、マナーだけでなく、他にも注意すべきことがあります。

そこで最後に、オンライン面接を受ける時の注意点を紹介しますね。

オンライン面接を受ける時の注意点

オンライン面接を受ける時の注意点は、次の3つです。

これら3つの注意点を踏まえてオンライン面接を受ければ、面接で失敗することも極力避けられます。

  • 注意点①:ネット環境を整えておく
  • 注意点②:5分前には準備を済ませておく
  • 注意点③:アカウント名を本名に設定しておく

 

岡本さん

それでは最後に、オンライン面接を受ける時の注意点3つを、それぞれ解説していきますね。

注意点①:ネット環境を整えておく

オンライン面接を受ける時の注意点1つ目は、「ネット環境を整えておく」です。

ネット環境を整えておくことで、オンライン面接をスムーズに進められます。

もしネット回線が不安定だと、「会話に遅延が生じる」「回線が切れて面接が中断する」などのトラブルが発生する可能性もあります。

 

岡本さん

オンライン面接をスムーズに進めるためにも、ネット環境はあらかじめ整えておきましょう。

注意点②:5分前には準備を済ませておく

オンライン面接を受ける時の注意点2つ目は、「5分前には準備を済ませておく」です。

5分前にはオンライン面接の準備を済ませておくことで、面接に向けて気持ちを落ち着かせられます。

また、早めにオンライン面接が始まった場合にも対応できるなど、5分前に準備を済ませておくメリットは多いです。

オンライン面接で就活生がよく失敗するのが、「自宅でリラックスしすぎていて準備が遅くなり、面接時間に遅れてしまう」です。

オンライン面接に遅刻してしまうと、評価を下げられてしまったり、場合によっては面接を受けられない可能性もあります。

 

岡本さん

オンライン面接を受ける時には、5分前には準備を済ませておくよう心がけましょう。

注意点③:アカウント名を本名に設定しておく

オンライン面接を受ける時の注意点3つ目は、「アカウント名を本名に設定しておく」です。

アカウント名を本名に設定しておくことで、面接官に悪印象を与えずに済みます。

ZoomやSkypeなどのビデオ通話ソフトをよく使う就活生は、あだ名などでアカウント名を登録している場合もありますよね。

しかしオンライン面接では、フォーマルさが求められるため、あだ名などは相応しくありません。

 

岡本さん

オンライン面接を受ける時には、アカウント名は本名に設定しておきましょう。

まとめ:オンライン面接は身だしなみを整えるのが合格するコツ!

この記事では、オンライン面接に合格する3つのコツを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、オンライン面接を受ける時のマナーや、注意点も解説しました。

この記事で学んだ内容をまとめると、以下の通りです。

==================================
オンライン面接に合格する3つのコツ

  • コツ①:身だしなみを整える
  • コツ②:部屋を明るくする
  • コツ③:なるべくカメラを見て話す

オンライン面接を受ける時のマナー

  • マナー①:なるべく自宅で受ける
  • マナー②:背景をシンプルにする
  • マナー③:携帯電話をマナーモードにする

オンライン面接を受ける時の注意点

  • 注意点①:ネット環境を整えておく
  • 注意点②:5分前には準備を済ませておく
  • 注意点③:アカウント名を本名に設定しておく

==================================

 

岡本さん

オンライン面接は、通常の面接と異なり、対面で話すことがありません。

オンライン面接を受けるうえで、カメラ越しに話すことに慣れておく必要があります。

「友人とビデオ通話をする」などして、カメラ越しに話すことに慣れ、オンライン面接への対策をするよう心がけましょう。

後悔のない就職活動ができるよう、Shaberuさんの記事など、様々な情報を参考にしてくださいね。

この記事がみなさんの就活に役立てば幸いです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

=========【この記事を書いた人】=========

● 岡本恵典(就活の教科書 – https://reashu.com/

月間60万PVの就活メディア「就活の教科書」の運営代表。

「就活の教科書」では、自己分析、エントリーシート、グループディスカッション、面接対策などの就活の基礎知識について、内定者が自身の経験を元に投稿しています。

==================================

記事監修

秋田谷 蘭
Shaberu編集部
秋田谷 蘭

Shaberu編集部。悩んだ時・困った時に就活生をサポートできるようなメディアを目指して日々運営中。就活に関しての不安や何か聞きたいことがあれば、気軽に就活面談にお越しください。