将来に不安しかない就活生へ|よくある不安12選と原因別対処方法

記事監修

堀下 美奈
キャリアアドバイザー
堀下 美奈

就活に対して「不安」を感じている就活生は多いことでしょう。むしろ全く不安がない人の方が少ないのではないでしょうか?
この記事では「就活に対して不安しかない…」という憂鬱な就活生に向けて、あらゆる不安の解消法をご紹介します。

就活が「不安」なのは仕方のないこと


この記事を読むほとんどの人にとって、就活をするのは人生初の経験でしょう。
人は未知のものに対して不安を感じやすい生き物です。受験や進学、引っ越しや転校、病気になった時の治療や手術など、いつだって初めてのことに対しては不安を感じてきたのではないでしょうか。

未知の世界に飛び込む時は、過去の経験が助けにならないので、「この先どうなるかわからない」「うまくいくかわからない」「正しいやり方がわからない」など、どうしても不安が生じます。

でも不安に負けて立ちすくんでいたのでは就活を進めることはできません。
不安の原因を突き止めてひとつずつ解決していくことで、円滑に就活を進められるように頑張りましょう。

よくある不安と解消法

何をすればいいのかわからず不安

就活で最初に感じる不安は、「まず何をどうすればいいの?」というものかもしれません。
そんな時はまず就活のスケジュールをチェックしてみましょう。
目指す業界や企業によってスケジュールは微妙に異なりますが、とりあえず大まかな流れが把握できれば、今やるべきことが見えてきて不安の解消につながるでしょう。下記の記事を参考に、自分が今どの地点にいるのかを確認するところから始めましょう。

就活の始め方で決まる!内定までの不安・疑問を解決

自分に合う企業が見つかるか不安

「自分に合う企業が探せるか心配…」という声もよく聞かれます。
そんな不安にかられたら、とにかく自己分析、業界研究、企業研究を徹底しましょう。
自分がどんな職種に向いているか、目指す企業がどんな企業か、その企業が属する業界の現状はどうかなどをとことんリサーチするのです。

これらを徹底することで、自分について、企業について、わからないことが減ってきます。するとそれに比例して不安もやわらいでいくはずです。同時に、入社してから「こんなはずではなかった…」というミスマッチも防ぐことができるでしょう。

身だしなみに関する不安

ビジネスシーンでは、やはり誰にでも好感を持たれる清潔な格好が求められます。
ヘアスタイルなら王道はハーフアップやポニーテール、あるいはシンプルなシニヨンでしょう。ショートカットやボブスタイルも見た目がすっきりしていて人気があります。髪色はあまり明るいと敬遠される可能性が高いでしょう。

就活の髪型・髪色に関する記事まとめ

メイクにも同じように清潔感が求められます。
特に就活女子には若さやみずみずしさが期待されやすいので、就活シーンでは学生らしいナチュラルメイクを心がけましょう。

就活ですっぴんはNG?ナチュラル就活メイクで面接官に好印象を残そう

スーツや持ち物をどう選べばいいかわからず不安

就活は服装で個性を競う場ではありません。
どちらかと言うとスタンダードなスタイルの方が好まれます。

ですから少なくとも1着目のスーツはシンプルな黒いタイトスカートのリクルートスーツにしておきましょう。
中に着るブラウスも、色は白かごく薄いパステルカラーで、胸の開いていないタイプがベターです。

小物は使いやすい黒で統一しましょう。ローヒールのパンプスに、A4サイズの書類が折らずに入る大きめのバッグ、あとは必要に応じてそろえていけばいいでしょう。

AOKI、青山などの大手服飾メーカーなら、たいてい「就活3点セット」「就活5点セット」などのリクルート商品をあつかっています。
そうしたセット商品を購入するか、それらを参考によく似た系統のものを選べば大きな間違いはないはずです。

https://kicho-navi.jp/category/fashion/

漠然とした不安がある

できるだけの備えをしても、どうしても不安から抜け出せないと言う人もいます。
おそらく、どんなに念入りに備えたところでうまくいかない時はいかないということを、過去の経験からなんとなく知っているせいでしょう。

たしかに就活は準備さえしておけば誰でもクリアできるほど甘くはありません。事前にしっかりリサーチをして、あらゆる対策をたてておいても、行きづまる日が来ないとは限りません。
それでも備えたことは決して無駄にはなりませんし、始まってみないとわからないことも多いので、むやみにおびえることなく、ひとつずつハードルを越えていくつもりで一歩ずつ前進していきましょう。

どうしても不安で仕方がない時は、周囲の人に相談したり、プロにアドバイスしてもらうのもいいかもしれません。

東京近郊で就職したい人に最適

よくある不安と解消法(就活中)

ES・履歴書の書き方がこれでいいのか不安

応募書類は本当に就活生泣かせですよね。
趣味がない、ガクチカがない、自分の長所がわからないなど、最初はなかなかはかどらないと思います。

ですが何度も文章を練っている内に、だんだんと書き方もわかってきます。
最初はとにかく心をこめて一字一字丁寧に書くことと、空欄を残さないことを心がけましょう。
他にも参考になりそうな記事をピックアップしてみましたので、困った時は参考にしてください。

資格欄の書き方に困っている人はこちら。

エントリーシートの正しい資格の書き方をわかりやすく解説

趣味・特技欄で困っている人はこちら。

就活履歴書の趣味は何を書くべき?人事にウケる趣味の書き方・伝え方

人事の心をガッツリ掴む!就活における趣味・特技の書き方と例文

ガクチカで困っている人はこちら。

「ガクチカがない」人が面接官の目に留まるガクチカを書く方法&例文

自己PRで困っている人はこちら。

自己PRがない時の解決方法とは?長所の見つけ方と例文まで解説

面接がうまくいくか不安

面接の方法にはいくつか種類があります。
就活生が1人で面接にのぞむ「個別面接」。
就活生数人が同時に面接を受ける「集団面接」。
面接官の前で複数の就活生が課題に取り組む「グループワーク」や「グループディスカッション」。

何を見られているのか、どうふるまうのがいいのか、押さえるべきポイントはそれぞれ違います。
自分が受けようとしているのがどのタイプの面接なのか、事前に調べてしっかり備えておくことが大切です。

就活の面接にコツってあるの?内定獲得のための面接対策はこれで完璧!

落ちすぎて内定がもらえるか不安

何度も不合格通知を受け取ると、この先どうなるのか不安がつのりますよね。
そんな時は一度立ち止まって自分の就活を見直してみましょう。
自分ではクリアしているつもりでも、人事や面接官にうまく伝わっていない可能性があります。
以下の記事をよく読んで、当てはまるものがないか検証しましょう。
そして解決策として取り入れられそうなものは次回の選考からさっそく取り入れましょう。

企業との電話やメールのやり取りがこれでいいのか不安

社会人相手のメールや電話が苦手な学生は少なくありません。
けれどもこれは十分に克服が可能です。
見本やお手本や例文を読みこんで、基本を覚えてしまえばいいのです。

キチョナビ内でもメールや電話については想定されるシーン別に詳しく解説しています。
自分のおかれた状況にぴったりの記事を見つけて参考にしてください。

OB訪問に関するメールのやりとりの仕方はこちら

【例文付】OB訪問のメールの書き方・マナー【ポイント3つで解説】

面接の日程に関するやりとりはこちら

一次・二次・最終面接の日程メールの返信・例文・マナー

評価を下げない!就活面接の日程変更の方法【メール・電話の例文付】

面接をキャンセルしたい時の連絡の仕方はこちら

【面接をドタキャンしたい】不快感のない断り電話・メールの例文

面接当日キャンセルはNG?不快感を与えない断り電話・メールの例文

面接後のお礼メールの仕方はこちら

面接後のお礼メールは必要なの?お礼メールの基本マナーから例文まで解説

よくある不安と解消法(内定獲得後)

内定が複数あり、自分に合うところを選べるか不安

複数の内定を獲得してしまったら、嬉しい反面、どこを選ぶか、ものすごく迷うことでしょう。
最後の決断をするときは、意外とストレスがかかるものです。お世話になった企業を断ることになればなおさらです。

そんな時は自分が就活で軸にしていた希望条件やキャリアプランを思い出しましょう。
そしてたとえば縦軸に企業名、横軸に希望条件を重視する順に並べ、情報を表にしてみましょう。企業ごとに〇×や点数で評価すると比べやすくなります。

内定を辞退する連絡をするのが怖い

内定辞退の連絡は誰でも気が重いものです。怒られたらどうしよう、脅されたらどうしようと不安になるのも無理はありません。
ですが現実にはそんな横暴な企業はあまりありません。多少きついことを言われたとしても、その場限りのことですからぐっと我慢しましょう。
ただし万が一危険を感じるような応対をされた時は、迷わず周囲の大人に相談しましょう。

メールで辞退する場合

【内定辞退のメールの書き方・例文・送り方】穏便な辞退方法とは?

電話で辞退する場合

【正しい内定の断り方】電話やメールでの内定辞退方法と例文

内定式後に辞退する場合

内定式後に辞退は可能?内定の法的拘束力・辞退期限・辞退方法を公開

内定先に入社して本当にいいのか不安

入社日が近づくにつれて不安が高まることがあります。
本当にこのまま入社していいのか、自分はちゃんとやっていけるのか、考え始めるときりがありません。

けれども就活を始めた頃を思い出してみてください。やはり「うまくやれるのか」「このやり方でいいのか」と不安でいっぱいだったはずです。

あなたはそれらを乗り越えて、無事にここまでたどりつきました。不安に負けず前進し続け、立派に成果を出したのです。
これまで頑張ってきた自分を信じてあげましょう。そして今の内定先を受けようと思った理由や選考時の意欲を思い出しましょう。

どうしても気持ちが晴れない時は、「内定ブルー」と呼ばれる内定者特有のメンタルダウンかもしれません。下記の記事を参考に、当てはまることが無いか考えてみましょう。

内定ブルーどう向き合う?不安への向き合い方・解消方法

まとめ

いかがでしたか?
就活に関しては次から次へと不安がわき起こります。
それを放置していると、不安が不安を呼んで自分がまいってしまうかもしれません。
早め早めに解決策を探して上手に解消していきましょう。
体の健康だけでなくメンタルケアもしっかりしていくことが、就活を最後までやり抜く秘訣です。

東京近郊で就職したい人に最適

記事監修

堀下 美奈
キャリアアドバイザー
堀下 美奈
DiG株式会社 キャリアアドバイザー。一人一人に合った企業選びをお手伝いします。どんなことをしたいのか、一緒に考えていきましょう。お気軽に就活無料相談にいらしてください。
東京の就活エージェント|ディグ株式会社