就活中のバイトどうする?上手く両立させる方法とは

カテゴリ

就活中のバイトどうする?上手く両立させる方法とは

就活中もアルバイトを続けるべき?

就活を始めるにあたり、バイトも続けるべきか悩むところではないでしょうか。
就職活動には交通費やスーツ代などさまざまな出費が発生するため、バイトをしたいけれど、スケジュールや体力など不安になりますよね。
今回は、就活中のバイト事情についてまとめました。

就活中もバイトを続けるべき理由

気持ちのリフレッシュ

就活中は考えなければいけないことやうまくいかないことがいっぱいで、頭の中がぐちゃぐちゃになりがち。
アルバイトで体を動かしたり、誰かと会話をしたり、就活とは別のことに集中することで、頭の中をリフレッシュさせるよい機会となります。

就活資金

就職活動では交通費やスーツ代の他にも、参考資料を購入したり、身だしなみを整えるために美容室に行く機会が増えたりなど、色々な出費がかさみます。
時間に間に合いそうにない時はタクシーを使ったり、遠い場所に行くと外食費なども発生します。
そのため、できれば就活資金は多めに確保できると精神的余裕をもって就活に取り組むことができます。
そういった点でも、就活中もバイトを続けられると経済的に楽になります。
就活中にかかる費用については以下の記事をチェック

就活にかかる費用は◯十万?地方と首都圏学生の内訳調査!

対人関係/コミュニケーションのトレーニング

就活の大きな関門に面接がありますね。
面接試験では初対面の大人と会話をしなければならず、社会経験の少ない就活生にとっては大きな緊張を強いられることになります。
そこでアルバイトで色々な大人(社会人)とコミュニケーションをとっておくことは、大きなアドバンテージとなります。
コミュニケーションやトークスキルは経験した場数で決まることが多く、話すのが苦手だと思っている人こそ、積極的にアルバイトでさまざまな人とコミュニケーションをとる訓練をしてみてはいかがでしょうか。

忙しい中でも何かをやりきる

就活中にバイトをすると、就活に集中できないのではないか?という心配もあるかもしれません。
ですが決められたスケジュールの中でやるべきことをこなしていくことは、これからの社会人生活においてとても重要なことです。
仕事だけではなく、プライベートも充実させた生活を送りたいのであれば、忙しくても計画通りにやるべきことをやる力を身につけておきたいもの。
無理のない程度に就活とバイトの両立を成立させることは、就職後も公私共に充実した生活を送るためのトレーニングになるでしょう。

友人関係

バイトの現場では、さまざまな人と出会うことができます。
大学や職場は、おなじような趣味趣向や環境、考えの人が集まりがち。
一方でアルバイトの仕事では、自分とはまったく環境が異なる人との出会いも多いため、それまでとは違ったタイプの友人関係を築くのに適しています。
就職をすると、普段遊びに行く人が職場の同僚しかいない、という人も多くいます。
もちろんそれもありですが、視野を広める意味でも、多種多様な友人関係を気づいておくことは、あなたの将来にとって役に立つかもしれません。


こちらの記事もオススメ

就活中のバイトは、以下の点に注意しよう

(1)シフトの組み方
多くの就活生は、就活前よりもシフトを減らしてバイトを続けています。
就活では、説明会・セミナー・採用試験などの日程がいつ決まるか分かりません。選考がバイト被ってしまうと、どちらかを断らなくてはいけなくなるので、周囲に負担をかけたり、自分に無理がかかる場合があります。
あらかじめ出勤日を減らしたり、バイト先の上司や同僚に就活中であることを伝えて、シフトの調整がしやすい環境を整えておきましょう。
(2)新しく始めるなら、負担が少ないものを選ぼう
トラブルや覚えることが多いバイトを始めてしまうと、そちらばかり気になってしまい、肝心の就活に集中できなくなってしまうことが考えられます。仕事内容や、雰囲気など事前に確認しておきましょう。
(3)時間がない
就活の際には、面接や試験の他にも、資料準備やエントリーシートの作成などやらなければいけないことがたくさんあります。
アルバイトを入れすぎて、就活のために割く時間がなくなることがないように注意しましょう。

就活とバイトを両立させる方法


就活に専念したいけれど、就活も案外お金がかかり、就活とバイトを上手く両立させたいと思っている方は多いのではないでしょうか?
就活とバイトを上手く両立させる方法をアドバイスします!

① 面接や選考が入らない時間帯にシフトをいれよう

基本的に面接や選考は企業の営業時間内に行われます。企業によって多少の誤差はありますが、9時〜18時の時間帯を避ければ就活の予定と被る可能性は低くなります。したがって、おすすめの時間帯は「平日の早朝」「平日の夜」「土日」です。しかし、「土日」も営業日の企業や、選考をあえて「土日」に設定している企業もあるので、就活情報サイトなどをチェックして注意しましょう。

② シフトの融通がきくアルバイトを選ぶ

決まった曜日や日数にシフトに入らなければいけないバイトは、急な就活の予定に対応することが難しいでしょう。そのため、シフト提出が1週間前でもOK
なバイトや、急な面接が入った時に交代してもらえるように、スタッフ数が多いところを選びましょう。日雇いのバイトは前日までに申し込めば勤務ができるパターンが多いので、急な就活の予定に合わせやすくておすすめです。

③ スケジュール管理をしっかりしよう

就活とバイトを上手く両立させるために最も重要なのは、スケジュール管理でしょう。いつでもどこでも予定がわかるように、スマホや手帳などで管理し、毎日の自分の予定は把握しておきましょう。

④ 予定と予定の間は余裕を持っておこう

1日にバイトと就活の予定を入れることがあるかもしれません。どちらの予定も必ず時間通りに終わるとは限りません。なるべく隙間の時間を多めに持って、時間と心の余裕を持ちましょう。

もし面接とアルバイトが被ったら?

まずはバイト先に相談する

もし、シフトを提出してしまった後に就活の予定と重なることが分かったら、分かった時点でできるだけ早くバイト先に連絡しましょう。事情を伝えて、他のスタッフに代わってもらうなどの対応・調節をしてもらいましょう。

企業にお願いする

どうしても、バイト先への連絡がギリギリになってしまい、バイトを休むことができないかもしれません。そういった場合は、企業に日程の変更をお願いすることになりますが、あまり印象は良くないということを覚えておきましょう。企業からしてみると、「バイトが抜けられなくて…」と正直に事情を話すよりも、学業を理由に断る方がいいかもしれません。

まとめ


就活中は何かと忙しいですよね。また、何かとお金が必要になるのではないでしょうか?就活とバイトを上手に両立させて、就活を乗り切りましょう!
また、就活中は何かとナーバスになり落ち込む時がありませんか?一人で悶々と悩み続けるよりも、バイトで外に出て気分転換をした方が、就活のヒントになるかもしれませんよ?!


関連記事