【面接で尊敬する人を聞かれたら】答えやすい人物と答え方・例文

カテゴリ

【面接で尊敬する人を聞かれたら】答えやすい人物と答え方・例文

この記事は、2018年5月に投稿された記事を一部リライトしたものです。

 

「あなたの尊敬する人は誰ですか。」

就活時のESや面接で時々聞かれる質問。
突然聞かれるとドキッとしてしまいますが、あなたはすぐに回答できますか?

今回は、「尊敬する人」と聞かれた時のベストな答え方や、尊敬する人として答えやすい著名人を紹介します。
この質問は、採用面接では定番の質問。いつ聞かれてもいいように前もって自分なりの回答を用意しておきましょう。

人事が「尊敬する人」を聞く意図は?


採用面接で人事担当者が「尊敬する人」を聞く理由として、以下の2つが挙げられます。

●長所・短所が正しく分析できているか?を確かめるため
●会社の求める人物像と一致しているか?を確かめるため

長所・短所が正しく分析できているか?を確かめるため

「尊敬する人」とは、あなたが誰かを分析した上で「この人のここが良いな」と感じたからこそ、「尊敬する人」になり得ます。
「尊敬する人」やその理由を聞くことで、あなたがその人をどのように分析しているかを知ることができるのです。

つまり、尊敬する人を聞くことで、あなたの観察眼や分析力、またどんな価値観をもっているのかを推し量っていると言えるでしょう。

会社の求める人物像と一致しているか?を確かめるため

あなたがどのような人物を「尊敬する人」として選ぶかによって、あなたの価値観や大切にしてること、キャラクターを推測することができます。

「戦国武将」を挙げる人は、統率力やリーダーシップへのあこがれが強く、野心や野望が大きい人かもしれません。
「経営者」を挙げる人は、チャレンジ精神や経営について興味が強い人かもしれません。

また「尊敬する人」から何を学び、どのような人物になりたいと考えているのかを知ることで、あなた自身の思いや適性も見えてくることでしょう。

このようにして「尊敬する人」からあなたの考え方・志向・適性を判断する1つの材料と活用し、自社にマッチした人材かを判断します。

「尊敬する人」はどう選べばいい?


面接で「尊敬する人」を聞かれた時は、素直に自分の「尊敬する人」を答えてもいいでしょう。著名人でも、身近な人でも問題ありません。
その場合には、上記で紹介したように、会社の求める人材像に近くなるような理由を考えることをおすすめします。
「尊敬する人」が複数いる場合は、自分の将来や適性に近い理由が説明ができる人物を選ぶとよいでしょう。

尊敬する人が思い浮かばない場合は?

「尊敬する人は誰ですか?」と聞かれた時に思い浮かばずに「尊敬する人はいません」と答えるのは避けましょう。
「尊敬する人がいない/思い浮かばない」ことは、普段から自分の価値観について深く考えていなかったり、目指すべき人物像を見つけられていないということを告白するようなものです。

「尊敬する人」を聞かれた時の答え方は?


「尊敬する人」について質問された時は、以下の3ステップで答えると適切な回答ができるでしょう。

(1)尊敬する人の名前を挙げる
最初はその人の名前を挙げます。
有名な人物であればそのまま次の回答をしますが、少しマイナーな人物の場合は、いつの時代の人で、どんな功績を残した人かを説明します。

(2)その人のどんなところを尊敬しているかを説明
具体的にその人物のどんなところを尊敬しているかを説明します。
「●●をすることで、■■な結果をだしたところを尊敬しています」
という説明だと、質問した側も納得しやすいでしょう。

(3)その人から自分が何を学び、どうしたいと思うか?を説明
ただ尊敬しているだけではなく、自分は「何を学んだのか?」「これからどうしたいか?」を説明することで、自分で成長する力を持っていることがアピールできます。

【例文】私の尊敬する人物は野球選手のイチローさんです。(1)
日本のプロ野球だけでなく、アメリカのメジャーリーグに行ってもシーズン最多安打記録など様々な記録を樹立した功績はとても素晴らしいと思います。
ですが私が特に尊敬するのは、そのような偉大な功績を残しているにも関わらず、今もなお、より高いレベルでのプレーができるように、ストイックにトレーニングを続けているところです。(2)

私はイチローさんのように、現状に満足せず、常により一歩上を追い求められるよう、日々の鍛錬を続けていきたいと考えています。(3)

 

おすすめの「尊敬する人物」13選

定番とはなってしまいますが、「尊敬する人」として答えやすい人物を紹介します。
それぞれのポイントを見ながら、自分なりの「尊敬する人」や「尊敬できるポイント」を見つけてみてください。

織田信長(戦国武将)

理想の上司などにも挙げられることが多い「織田信長」は、従来の考え方にとらわれない発想力や、的確な人物評価、大胆な行動力などによって、天下統一まであと一歩というところまでたどり着いた人物です。
このような統率力・行動力などリーダーシップをアピールしたい場合には、織田信長を参考にしてみるとよいでしょう。

長友佑都(サッカー選手)

イタリアの名門チームに所属するなど、日本を代表するサッカー選手である長友選手は向上心の塊として知られています。
明治大学出身の長友選手は、怪我のせいなどもあって大学2年までは補欠であり、試合の時にはグラウンドではなく応援席で太鼓を叩いていたというエピソードがあります。
そんなエリートとはほど遠いところにいながらも、自分の弱点を克服し、長所を伸ばす努力を続けたことで、大学在籍中にJリーグのプロチームとの契約を果たしました。
あきらめずに鍛錬を重ねる向上心や努力家をアピールしたい場合には、長友選手などスポーツ選手を参考にしてみるとよいでしょう。

二宮金次郎(農政家)

銅像でも有名な二宮金次郎(二宮尊徳)は、幼少期に貧しい家庭環境であったにも関わらず、学ぶことをあきらめず、自分たち家族だけではなく周りの貧しい人たちを救済するための力を身につけ、飢饉に苦しむ多くの人達を助けることになりました。
目標を達成するため、どんな苦しい環境でも努力を惜しまない姿勢を学びたい人は、二宮金次郎を参考にしてみましょう。

ヘレン・ケラー(教育家)

幼い時の病気が原因で視力と聴力と声を失うことになったヘレン・ケラーと、家庭教師であるサリバン先生は、その三重苦に負けることなく、声を取り戻すことに成功し、人とのコミュニケーションが行えるようになりました。
そこにたどり着くまでの二人の努力と困難に負けない忍耐力の強さをぜひ学びたいところです。
またその経験をもとに、世界中の身体障がい者のために尽力したことにも触れておきたいですね。

マザー・テレサ(聖人)

マザー・テレサはキリスト教の教会の修道女でしたが、宗教や宗派にとらわれず、貧しい人や飢えや病気に苦しむ人の救済にその人生を捧げました。
苦しんでいる誰かのために、見返りを求めず別け隔てなく行動をすることができる姿勢に多くの人が共感と尊敬の念を抱いています。

王貞治(野球監督)

通算本塁打868を記録し、巨人のV9に貢献しました。初めて野球監督で国民栄誉賞を受賞した人物でもあります。他人が考え付かないような、馬鹿にされかねない一本足打法を編み出し、それを成功させました。自分の能力を最大限に発揮できる方法を、自ら考え貫いた人物です。

杉浦千畝(国家公務員)

第二次世界大戦中、リトアニアのアウナス領事館に赴任していました。杉原千畝は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランドなど欧州各地から逃れてきたユダヤ人難民を、外務省からの命令に反し、自分の判断で大勢のユダヤ人に日本経由のビザを発行しました。他国のユダヤ人のために、自分のキャリアや名声のためではなく、行動できたその姿は、日本人の誇りであると言えます。

レオナルド・ダ・ヴィンチ(芸術家)

レオナルド ・ダ・ヴィンチは、イタリアルネサンス期を代表する芸術家です。絵画のみならず、音楽・建築・数学・幾何学・解剖学・生理学・植物学・天文学・気象学・地理学・物理学・光学・力学・土木工学など、様々な分野に顕著な業績を残しています。多彩な才能を持っていることから、『万能人』と言われています。ただ才能があるだけではなく、自ら丹念強く学び続けた結果である点は見習いたいですよね。

クララ・バートン (看護師)

アメリカ赤十字社の設立者で、看護師のパイオニアと言われています。「戦場の天使」とも呼ばれ、南北戦争の病院勤務看護師を勤めていた。当時、看護教育は制度も整っておらず、クララは看護が学校に通っていなかったために、自分自身が学んだ看護の仕方を教えていた。当時は戦時中でも負傷した兵士は病院に運ばれ、そこでしか治療ができなかったが、クララは戦場に医薬品を運ぶという前代未聞のことを政府に訴えた。しかし、制度が整っていない当時はその訴えが届く1年以上もクララは訴え続け、ようやく許可がおりると、南北戦争中でも有数の激しい戦地に赴き治療に当たった。
世の中に何が必要か、自分ができる最大限のことはないかを考えて行動できる人材というのはどの時代、どの場所でも活躍できる可能性が高いです。

津田梅子(教育者)

女性の高等教育を目指す私塾「女子英学塾」として、1900年に津田塾大学を設立。設立者・津田梅子は、女性の地位向上こそ日本の発展につながると信じて、「男性と協同して対等に力を発揮できる女性の育成」を目指し、女性の高等教育に生涯を捧げました。
女性が男性と同じように地位向上のために勉強できる環境を作り上げる動きは、世の中をもっと良いものしたいという社会貢献度が高いですよね。

松下幸之助(実業家)

パナソニックの創業者である松本幸之助は、独特の経営哲学でパナソニックを日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下の教育方針は徹底して「褒める」という方針で、会社を作っているのは社員であることを誰よりも理解しており、家族のように扱うことは難しいのにも関わらず、「褒め続ける」ことを徹底しました。松下の名言に
「どうしてみんなあんなに、他人と同じことをやりたがるのだろう。自分は自分である。100億の人間がおっても、自分は自分である。そこに自分の誇りがあり、自信がある。そしてこんな人こそが、社会繁栄のために本当に必要なのである。」という言葉があります。

母親

尊敬する人で挙げやすく、挙げられることが多いのが、自分の母親です。「仕事と家庭を両立した」「20年間、家族を支えてくれた」という内容は、他の就活生も答えがちです。さらに掘り下げて、深いエピソードを足して、他の就活生と差異化しましょう。

父親

一家の大黒柱として家族を支える父親を尊敬する人としてあげる就活生は、母親と同じく多いです。「朝早くから夜遅くまで働いて、土日は家族サービスを頑張っている。」「悩んでいるときに、背中を押してくれた。」など、自分なりのエピソードが含めやすい人物です。そのため、実際に自分が体験したことや、思ったこと・気づいたことを含め、こと細かく話すことができます。

「尊敬する人」のNG回答


「尊敬する人」を回答する際に、答えてはいけないNG回答をいくつか紹介します。

「尊敬する人」ではなく「感謝している人」を答えてしまう

「尊敬する人」を挙げる際に、「感謝している人」「お世話になった人」を挙げてしまう人がいます。
なぜ感謝しているかを説明しても、その人が素晴らしいだけで、あなた自身のアピールにつながりません。

もしその人のことを「尊敬する人」としてアピールするのであれば、その人のどんな資質や考え方がすごいと思うのかを整理して説明してみましょう。

実績だけに目を向けて、人物像を理解していない

尊敬する理由として、実績だけを挙げるのは適切ではありません。
世界を代表する企業「アップル」の創業者スティーブ・ジョブズは、その実績だけがすごいのではなく、なぜそこまでの企業に成長させることができたのか?こそが重要なポイントです。
スティーブ・ジョブズの発想力やアイデア力こそが彼の成功の鍵であり、そこに注目した理由付けができるとよいでしょう。

自分の長所や短所とかけはなれた人物像の人を答えてしまう

いくら魅力的なアピールをしても、あなたの長所やこれからの仕事とはかけ離れている場合には、せっかくのアピールを活かすことができません。
自分にないものを持っている人物に憧れを抱くことはあるかもしれませんが、理想だけで発言するよりも、その人物から学んだことを自分にも活かしていきたい、そのイメージがわくことが大切です。
また、いま志望している職種にあったふさわしい人物を選ぶことも重要でしょう。

炎上が多いタレントやネット上の有名人

いまの時代、企業は「炎上」によるブランド低下や様々な被害を恐れています。
「炎上」で有名な芸能人やネット上の人物を挙げることは、あなたも炎上するようなことをする危険があるのではないかと疑われてしまいます。
「尊敬する人」がそのような人である場合には、面接時には触れず、別の人物を探すことが無難でしょう。


こちらの記事もオススメ

面接でよくある質問は?

「尊敬する人は?」という質問の他にもよく聞かれる質問があります。

「自己PRをしてください」
「あなたにとって仕事とは何ですか?」
「最近関心のある出来事はなんですか」

など、いきなり聞かれると言葉に詰まってしまうこともありますよね。
そうならないためにも、よくある質問やその答え方についてチェックしておきましょう。

二次面接の頻出質問10選と解答例|落ちる人の特徴や対策方法

まとめ

面接時の定番質問である「尊敬する人」は、定番だけに回答準備がしやすい質問でもあります。

前もって、あなたが
・どんな長所を持った人間で
・どんな人物になりたいか
・どのように会社に貢献してくれるか

をアピールできる人物を「尊敬する人」として探してみることをおすすめします。


関連記事