就活スーツはスカートが好印象?最適な形・丈・おすすめスーツを紹介

カテゴリ

就活スーツはスカートが好印象?最適な形・丈・おすすめスーツを紹介

就活にスーツは必需品ですが、女子の場合、いざ購入しようと思うとスカートにするかパンツにするか迷ってしまいますよね。
また、スカートを買うなら、形、長さ、素材などは何を基準に選べばいいのでしょう?
今回は就活に適したスカートの選び方をご紹介します。

パンツとスカートはどちらを選ぶべき?


まず、パンツとスカートのどちらがいいかをシーン別に見てみましょう。

無難で面接官受けしやすいのはスカート
新卒の就活ファッションの主流はやはりスカートスーツです。
特に金融系や公務員など、何事もオーソドックスが好まれる業界では、スカートを着用した方が無難でしょう。

また、スカートはフレッシュで女性らしい印象を与えます。
ですからアパレル業界や美容業界など女性らしさが求められる業界では、スカートの方が企業の求める人材イメージに近いと考えられます。

個性や意志力をアピールしやすいのはパンツ
対するパンツスーツはスカートよりアクティブでシャープな印象を与えます。

ですから、たとえばベンチャー企業やIT系などアグレッシブな人材が好まれる業界、あるいは総合職や営業職など知性や積極性が求められる職種であれば、パンツの方が求められる素質を強調できるかもしれません。

ただし、中には「女子ならスカート」という思い込みのある面接官もいます。
パンツ派の人も念のためにスカートは用意しておきましょう。

パンツとスカート、似合うのはどっち?
外見がボーイッシュな人やある程度身長のある人は、スカートよりパンツの方が似合うかもしれません。
反面、小柄な人や「可愛い系」の人では、スカートの方が雰囲気に合うでしょう。

お店で両方を試着して、できれば知人や店員さんなど第三者の意見も聞いた上で、自分にはどちらが似合うかを判断しましょう。

冬に暖かいのはパンツスーツ
スカートスーツは足元がストッキング1枚ですから、真冬の寒さがこたえる人もいると思います。

その点パンツならスカートよりは防寒効果があります。
普段はスカート派だけど冬場はパンツ、という選択肢も有りだと思いますよ。

結局のところ、〇〇業界ならスカート、××業界ならパンツという明確なルールがあるわけではありません。
自分に似合う方をメインに使い、あとは業界や社風によって使い分けましょう。

就活に適切なスーツのスカートって?

迷ったらこれ!就活に適したスカートの形

就活にお勧めのスカートの形は次の通りです。

タイト

腰から下の体のラインにフィットする形状のスカートです。
きちんとした感じになりますし、女性らしい雰囲気を出せるので、就活女子なら1枚は持っておきたい王道のスカートです。

タイトスカートはたいてい、足さばきが良いように裾にスリットが入っています。
このスリットが真後ろ以外の位置にあったり深すぎたりするものは避けましょう。

セミタイト、台形

タイトスカートよりヒップから裾にかけてのラインがやや緩やかなスカートです。
その分足さばきが良く、腰の張っている人などでは体形カバーも期待できます。

ギャザーやプリーツが入っているタイプは、かわいくなりすぎるので避けましょう。

フレア

ふわりと広がるAラインのスカートです。
華やかな雰囲気になり、女性らしさや若々しさや可愛らしさを演出できます。

ただしフレアスカートは前述の2つよりもインフォーマルな印象になりがちです。
お堅い業界や古い体質の企業では避けた方がいいかもしれません。

ちなみに、ヒップまでが比較的タイトで裾部分だけがフレアになったデザインのスカートをマーメイドスカートと言います。
リクルートスーツでも時々見かけますが、就活用としてはかなり個性的です。
NGではないものの、できるだけフレア部分が目立たないデザインを選び、着用シーンも慎重に検討した方がいいでしょう。

迷ったらこれ!就活に適したスカートの素材


スカートにせよパンツにせよ、スーツには大きく分けて夏用、冬用、オールシーズン用の3タイプがあります。それぞれ適した素材について見ていきましょう。

夏用
夏用スーツの素材はモヘアかサマーウールがお勧めです。
どちらも通気性がいいので日本の猛暑をしのぐにはうってつけです。
また生地に適度な光沢がある分、高級感があります。

コットンや麻も夏向きの生地ですが、しわになりやすく、カジュアルダウンした印象になりがちです。
もちろんクールビズ指定の選考であれば問題はありません。

冬用
冬用スーツの素材はウールが人気です。
暖かさはもちろんのこと、しわになったり型崩れしたりしにくいので就活には最適の素材です。

オールシーズン用
オールシーズン用スーツの素材はウールかポリエステルが主流です。
ポリエステル100%、ウール100%のものもあれば、ウールとポリエステルの混紡もあります。
いずれも真夏にはちょっと暑く、真冬にはちょっと寒いでしょう。

つまり就活用のスーツは、夏用、冬用、オールシーズン用と3タイプをそろえるのが理想です。
「でもスーツにそこまでお金をかけられない…」という就活生も多いのではないでしょうか。

その場合は、とりあえずオールシーズン用でスカートとパンツがセットになったものを1セット確保しましょう。
素材は、ポリエステル100%のものから、ウール混のポリエステル、シルク混のウールなど、予算と相談しながらできるだけ高級感のあるものをチョイスします。
あとはインナーやアウターを工夫して、オールシーズン着まわしてしまいましょう。

これで解決!就活に最適なスカート丈


スカート丈は、短すぎれば軽薄な感じになり、長すぎれば重い感じになってしまいます。

就活シーンで着用するスカートは、立った状態で膝にかかるくらい、座った状態で膝上5センチから10センチ以内に収まる長さが理想です。
試着の際はおじぎをしたり椅子に座ったりしてみて、あらゆる角度から丈を確かめましょう。

大切なのは丈だけではありません。
苦しいのは困るからと大きめのサイズを選んだり、逆に無理をして小さめのサイズを選んだりすると、シルエットやフィット感が損なわれてしまいます。
必ず実際に試着をして、ぴったりのサイズを買い求めましょう。
 

身だしなみを整えよう


せっかく素敵なリクルートスーツを買っても、着こなしがだらしなければ評価は大幅にダウンしてしまいます。
特にスカートはパンツより着用によるダメージが目立つので、次のような点に気を配りましょう。

シワはしっかりのばす

スカートでもっとも気になるのは「座りジワ」ではないでしょうか。
鏡で見えない部分だけに、細心の注意が必要です。

この座りジワを取るにはいくつか方法があります。
クリーニングに出す暇が無い時などに試してみてください。

霧吹きを使う
まずスカートをハンガーにかけ、ぬるま湯をスプレーして生地を軽く湿らせます。
あとは干して乾かすだけです。

スチームアイロンを使う
アイロンの蒸気だけをシワの部分に吹きかけます。
これもあとは干して乾かすだけです。

いずれも干す前に、シワを床に払い落すようなイメージで、軽く手でスカートを払っておくとより効果的です。
ただし、熱や水濡れで縮んだり色落ちしたりする生地でないことを事前に確認してくださいね。

また、市販のシワ取りスプレーを常備しておくと手軽にケアができますよ。

”テカり”に気をつけよう

長く着用するとテカることがある。手入れで多少よくなるが、できれば買い替えを。

長いこと着用していると、スカートはお尻の部分がテカッてくることがあります。
ブラシで逆なでをしたり、スチームアイロンの蒸気を当てたりすれば若干改善されますが、できればこうなったら潔く買い替えることをお勧めします。

匂いにも気をつけて

雨や雪、汗などの湿りを放置しておくと、スーツから嫌な匂いが発生することがあります。
スカートをクリップではさんだ上にジャケットをセットでかけるのではなく、スカートとジャケットは別々のハンガーにかけて毎回徹底的に乾かしましょう。

市販の消臭スプレーを活用するのもお勧めです。


こちらの記事もオススメ

おすすめスーツ4選

スーツ 上下 3点セット レディース


「スカートもパンツも欲しいけど、お金がない!」という就活生には、こちらがおすすめです。
ジャケット、スカート、パンツの3点セットなので、その時の状況によって使い分けられるでしょう。


JIQINGNVLANG レディース セットスーツ


こちらの商品は、スカートかパンツか選べるだけでなく、スカートの長さも好みのものを選ぶことができます。
お値段もリーズナブルで手が出しやすく、おすすめです。


スカートスーツ 洗える 上下 セット (テーラードジャケット + タックフレアスカート)


こちらのスーツは家で洗うことが可能です。
就活中、スーツを洗いたいけれど、クリーニングに出している暇がない!という時に便利です。
また、スカートはフレアスカートなので女性らしさ、可愛らしさを演出できます。


防汚加工付ロング丈パンツスーツ(蓄熱裏地付) レディース


こちらの商品は寒い冬にぴったりな裏地がついています。
また、シワにもなりにくく使いやすいので、冬場の就活に活躍するでしょう。

まとめ

まとめると、就活に適したスカートは、ひざ丈のタイトスカートか台形スカートかフレアスカートで、素材は予算や季節と応相談、パンツかスカートかは受ける企業とその時々の判断による、ということになります。
ここまで調べた上でまだ迷っている人は、試着した時の鏡の中の自分を見て決めましょう。
もしも「あ、このスカート私に似合ってる!」と思えたその1枚が、この記事でご紹介したポイントを全ておさえたものであれば、それがあなたの就活に最適なスカートと言えるでしょう。


関連記事