就活用語いくつ理解してる?知っておきたい就活用語集

カテゴリ

就活用語いくつ理解してる?知っておきたい就活用語集

就活中は普段はあまり使わない言葉を耳にする機会が度々あります。
そんな就活中によく使われている用語を知らないと、企業の説明がよくわからなかった。なんてことが起きてしまうかもしれません。
就活でよく耳にする用語を事前に覚え、不自由ない就活をしましょう。

この記事の監修は

就活生の間でよく使われている用語


インターンシップ
学生が企業で職業体験をすること。業界への理解を深めたり、就職後のミスマッチを防ぐ目的がある。
1日や1週間程度の短期のものから数ヶ月や1年など長期のものもある。

インターンシップについて詳しく知りたい人はこちら

Iターン・Uターン
Iターンは都会育ちが地方に就職すること。
Uターンは進学で地方から上京してきた学生が地方に戻り就職すること。

エージェント
求人紹介、面接日程調整など企業との間に入り様々な支援をしてくれる人のこと。
面接対策だけでなく、自己分析の手伝いや、フィードバックをしてくれるエージェントもある。
うまく利用することで、就活をスムーズに進めることができる。

エージェントを探している人におすすめのエージェントはこちら

お祈りメール
採用見送り(選考落ち)になった場合に送られてくるメールのこと。
「今後のご活躍をお祈り申し上げます」と言う言葉が添えられていることから「お祈りメール」と呼ばれる。
メールすら送られてこない場合は「サイレントお祈り」と言われる。

ガクチカ
自己PRでよく使われる「学生時代力を入れたこと」の略です。
ESや面接時など使う場面が多いので、就活が始まる前から準備しておくといいでしょう。

ガクチカが思いつかなくて困っている人はこちら

キチョハナカンシャ
企業でお話を聞いた際に使う決まり文句、「貴重なお話ありがとうございました」の意。

就活サイト
新入社員を募集している企業の情報が多く載っているサイトのこと。
就活についての記事なども紹介している場合もある。
学生によく利用されているサイトに、マイナビやリクナビなどがある。

マイナビ、リクナビの違いを知りたい人はこちら

NNT
無い内定の略。1つも内定が貰えていないこと。

NNTになりやすい就活生の特徴はこちら

ブラック企業
度を越した長時間労働、強制的な休日出勤など、従業員にとって過酷な労働環境の企業のこと。
人によってブラックと感じる基準は異なる場合があるため、「ブラック」と言う言葉に振り回されず、自分の中で苦に感じる労働環境は何か、それに当てはまるかで就活をすると良い。

ブラック企業の見分け方を知りたい人はこちら

持ち駒
選考途中の企業の数のこと。落ちてしまった場合は「持ち駒が減った」「持ち駒が無くなった」など言うことがある。
企業側からすると、持ち駒と表現されるのは好ましく無いため、企業の前では言わないように気をつけましょう。

就活サイトで使われがちな用語


ウェブテスト
インターネット経由で自宅から受験可能な試験。

OpenES
ウェブ上でESを作成し提出する機能。
一度登録すれば何社にも利用できる。

オープンセミナー
選考とは関係なく、業界・企業理解を目的にした会社説明会。

GD/GW
グループディスカッション、グループワークの意。
グループディスカッションの場合は一つの議題にグループで1つの結論をだす。
グループワークの場合は1つの目標をグループで達成することを目指す。

グループワークのコツを知りたい人はこちら

上場企業
株式が証券取引所で売買されている企業。
大手=上場企業ではないため注意が必要。

スカウトメール
就活サイトに自己PRや経歴を登録することで、それを見た企業側から届く選考を受けて欲しい。という内容のオファーメールのこと。

プレエントリー
会社に個人情報を送ることで、会社説明会の案内やエントリーの案内を送ってもらうための登録。

エントリーシートなどで使う用語


ES
エントリーシートの略。提出物にESと書かれていたらエントリーシートを用意しましょう。
提出物や面接で話す際ESと言う言葉を使う場合は「エントリーシート」と略さず使いましょう。

ESの書き方のコツを知りたい人はこちら

学歴
学業の経歴のこと。
就活用の履歴書には中学卒業時から書くことが多い。

学歴フィルターについて知りたい人はこちら

貴社
選考を受ける相手企業のこと。
御社は話し言葉、貴社は書き言葉で使い分けられる。

趣味・特技
履歴書の記入項目の一つ。
受ける業界によって使い分け、仕事に活かせそうな内容を書いたり、珍しい趣味・特技を書くことで会話を盛り上げる材料にすることができる。

人事の心を掴む、趣味・特技欄の書き方はこちら

職歴
職業・職務の経歴のこと。
基本的にアルバイトにつては書く必要がないため、新卒の場合は「なし」と書くことが多い。

PDCAサイクル
plan(計画)do(実行)check(評価)action(改善)を循環的に行い、物事の改善、効率化を測る手法。
社会人に求められがちなスキルのため、ガクチカなどのエピソードはこれに沿って話すと良い。

論理的思考
物事を順序立て、整理して考えること。自己PRに使われることが多い。
これを自己PRとする場合、論理的思考ができている話し方をしないと説得力がなくなるため、注意が必要。


こちらの記事もオススメ

企業側がよく使う用語


アウトソーシング
業務を外部の会社に委託すること。

インセンティブ
企業が定めた目標を達成することで、通常の給与とは別に報酬金が支払われること。
社員のやる気向上が目的。

OJT
業務現場での従業員教育の意。
実際の業務を見て学ぶことで、実践力をつけることを目的とする。
「on the job training」の略

キャリア
業務経験、スキルなどの職業経歴。
どのようなキャリアを築いていきたいか、キャリアプランを立てて就活を行うことが大切である。

クレド
経営理念のこと。
従業員が心がけるべき行動指針を表しているので、エントリーする企業のクレドは必ずチェックしておく。

コンピテンシーモデル
その企業で優れた業績をあげ、評価されている人をモデル化したもの。
職種によって求められる成果などが異なるため、モデルも異なる。

裁量労働制
実際の労働時間は関係なく、あらかじめ定められている時間働いたとみなされる制度。
労働時間が8時間で設定されている場合、仕事が早く終わり6時間で退社したとしても8時間労働したとみなされる。

スタートアップ企業
新しい技術で、短期間での急激な成長を目指す企業のこと。
ベンチャー企業と混合して使われやすい。

BtoB
企業同士の取引のこと。例えば、BtoB企業のお客様は企業である。
BtoCの場合は企業と消費者の取引を指す。

フレックスタイム制度
勤務時間を固定せず、一定期間の総労働時間を定め、労働者がその範囲内で労働時間を決め働くことのできる制度。
コアタイムが設けられている企業が多く、コアタイムの間は必ず出社する必要がある。

業界によってよく使われる用語

メーカー

一括外注
製品の一部または全てを一括して外注することの意。

CSR
「corporative social responsibility」の略。
企業の社会的責任、企業理念。

ファブライト
メーカーは必要最低限の製造設備のみを所持し、製造を外部委託すること。

商社

巣ごもり消費
消費者が、家の中にこもり、全てを完結させようとする消費傾向のこと。
消費者の節約志向から、実際に旅行に行かずに観光地の名産品を取り寄せ楽しむ消費者が増えている。

ネットスーパー
インターネットで注文を受け、品物を指定住所に宅配するサービス。
スーパーマーケットのネット通販。

リスケ
スケジュールを組み直すこと。

小売・サービス

アクセシビリティ
お店などへのアクセスの良さのこと。
立地の良さを決める重要な要素。

EOS
電子機器を利用し発注を行うシステム。

差異化
その店の独自性を打ち出し、他の競合と差をつけること。

金融

ノンバンク
クレジットカード会社や消費者金融会社などの貯金取扱金融機関でない、金融会社のこと。

ファンド
運用を目的とした一定規模以上の資金。

ホールセール
大手法人向けの事業分野。

リテール
個人向け事業分野。

マスコミ

業界紙
特定の業界についての限定した情報をて今日する新聞。

ティザーサイト
情報を小出しにし、詳細を知らせないことで閲覧者に興味を抱かせるサイト。

通信社
新聞社マスコミ、民間企業などの求めに応じて情報を提供する会社。

ソフトウェア・通信

SaaS
ソフトを買うのではなく、必要な際に使ったぶんだけの金額を払う、サービスがたソフトウェア。

CMS
ウェブサイトのコンテンツ管理の支援をおこなうシステム。

WAN
広域通信網の意。「wide area network」の略。

まとめ

いかがでしたか?
上記で紹介した単語以外にも、就活では今まで聞いたことのなかった単語を耳にする機会が多いでしょう。
その度に、わからなかった単語をそのままにせず、単語の意味を調べることでせっかく企業からお話を聞けたのに意味がわからなかった。ということが無いようにしましょう。

この記事の監修は


こちらの記事もオススメ


関連記事