【志望動機が福利厚生はNG?】企業に好印象を与える書き方

カテゴリ

【志望動機が福利厚生はNG?】企業に好印象を与える書き方

就活の志望動機のメインが福利厚生であったとしても、それをそのまま面接時に伝えることはおすすめしません。福利厚生に魅力を感じること自体は悪くはありませんが、福利厚生の充実を最も強調することはNGとされています。
しかし、福利厚生が志望動機としての大きなウェイトを占めている人もいるでしょう。その場合、「福利厚生に関心が強いことをストレートには言わない方が良いのか」「上手く伝える方法はないのか」と、悩んでしまうかもしれません。
この記事では、「福利厚生とは?」「福利厚生を中心にした志望動機がNGである理由」「志望動機に福利厚生を入れる際のポイント」「志望動機に福利厚生を使った例文」を紹介します。読み進めていくと、志望動機として福利厚生のことをどのように伝えれば良いかがしっかりとわかりますよ。

この記事の監修は

福利厚生とは?

福利厚生とは、企業が従業員に対して通常の給与や賃金とは別に支給する「金銭以外の報酬」です。福利厚生が充実しているかどうかは、「従業員の採用の強化や定着率」には非常に大きな意味を持ちます。その企業の魅力を左右する要因のひとつが福利厚生でもあります。
企業が優秀な人材を集め、その人材がより定着・成長してくれるかどうかは、企業の命運を握るといっても言い過ぎではありません。そのための福利厚生は就活をする側にとっても企業選びに関わる重要なポイントになります。
福利厚生の内容は企業によってさまざまですが、大きく分けて「法廷内福利厚生」と「法定外福利厚生」の2種類があります。以下に詳しく解説していきますね。

法定内福利厚生(雇用保険や健康保険、厚生年金保険など)

法廷内福利厚生とは、従業員が安心して継続的に労働できる基礎となる社会保険のことをいいます。児童手当と児童手当拠出金以外は、ほぼ社会保険だといっても差支えないでしょう。
社会保険は企業への入社と同時に自動的に加入となりますが、例外としては介護保険があります。以下が社会保険です。
・雇用保険
・健康保険
・厚生年金保険
・労災保険
・介護保険

法廷内福利厚生の内容は、どの企業においても共通に定められている内容ですので、他社との違い・差別化のポイントとしては機能しないでしょう。

法定外福利厚生(働きやすい環境作り)

法定外福利厚生には、自社で提供しているものと外注しているものがあり、それを以下に解説します。
≪自社が提供する福利厚生≫
従業員の暮らしを支える目的のものが多く、以下に例を示します。
・通勤手
・家賃補助・住宅手当
・健康診断
・保養施設
・ライフサポート
・慶弔関係
・共済会
・体育・文化・レクリエーション

≪外注型の福利厚生≫
福利厚生そのものを外注して従業員に提供するスタイルです。自社運営での福利厚生では、費用や労力が莫大になるため、専門企業への外注は年々増加傾向にあります。外注型の福利厚生には以下のようなものがあります。
・リゾート・宿泊・旅行
・健康増進・疾病予防
・自己啓発
・エンタメ
・スポーツ・フィットネス
・財産形成
・育児・介護支援

福利厚生を中心にした志望動機がNGな理由


企業が人材募集のために福利厚生をアピールすることはしばしばです。にも関わらず、福利厚生を志望動機として挙げると企業側から敬遠されることがあるのはなぜでしょうか? 以下にその理由を4つ紹介します。

自分中心のように見える

福利厚生を中心とした志望動機を示すと、自己の利益・満足を一番に求めているように受け取られがちです。企業のわずかな一面である福利厚生を志望動機として前面に押し出しては、会社の業務内容に最も関心があるとはなかなか考えにくいからです。

会社に貢献しようとする意思が見えない

会社は当然、組織に貢献しようとする人材を積極的に採用したいと考えています。しかし、「とくに福利厚生に興味・魅力を感じたあなた」からは、会社にどのように貢献して、どのように働きたいという意欲がなかなか見えてきません。

向上心が無さそうに見える

福利厚生への期待が志望動機の中心であると、肝心な仕事の部分でのスキルアップを図ろうとする向上心が無さそうに見えてしまいます。

経験や強みが見えず、人間性がわからない

会社は、あなたがどういう人物かを見極めるひとつの材料として志望動機を確認します。福利厚生のことを強調するあなたからは、今までの経験・優れた点・持っているスキル・働きたいという強い意思等が伝わりにくいです。人間性をアピールできないことはマイナスに働いてしまいます。


こちらの記事もオススメ

どうしても志望動機に福利厚生を入れたい時のポイント

これまで述べてきたことをふまえて、それでも志望動機に福利厚生を入れたい時のポイントを紹介します。

仕事への熱意や会社への興味も一緒に盛り込む

まずは、働くことへの熱意ややる気、そして会社そのものへの関心を伝えることが先決です。その上で福利厚生のことにも触れつつ、その会社自体への興味や関心の方をしっかりと盛り込むと良いでしょう。
仕事への意欲をメインとして、福利厚生についてはプラスαとして表現できると良いでしょう。

社員を大事にしている(=福利厚生が充実している)魅力を伝える

「福利厚生の充実=従業員のケアとサポートがしっかりしている会社」と捉えることができます。ですので、「社員を大事にしている会社」のあり方に注目してほめることが大事です。間違っても、「社員旅行の行き先と保養施設がすばらしいと感じました」などと、福利厚生の内容自体が気に入ったようなコメントは避けた方が賢明です。

「社員を大事にしている会社そのもの」への魅力を伝えると、自己満足的ではなく、アピールできる志望動機となるでしょう。

自分の働き方やライフスタイルとマッチしていることを伝える

福利厚生は従業員の働き方やライフスタイルに大いに影響を与えるものです。ですので、「自分がこの会社でどのように働きたいのか」「どんなふうに生きていきたいのか」「福利厚生がどう仕事に活きてくるのか」を伝えられると良いでしょう。
福利厚生のことをきっかけに自信の生き方を伝えることができれば、より魅力的で自己アピールできる志望動機になります。「自分のビジョンを叶えるために、福利厚生の充実は非常にありがたい」という表現でしたら、違和感なく志望動機を伝えられます。

志望動機に福利厚生を使った例文

すぐに活用できる、福利厚生を使った志望動機の例文を2つ紹介します。前の項目(どうしても志望動機に福利厚生を入れたい時のポイント)で解説したポイントを意識することが大切です。

【例文1】

多くの食品メーカーの中でも、御社の福利厚生の充実ぶりから、従業員を大切にサポートする社風を感じます。「従業員が大切にされているからこそ、商品も顧客も大切に扱われ、高品質と良いサービスが実現する」と考え、この会社に応募しました。

【例文2】

御社の「バースデー休暇」「メモリアル休暇」という独自の福利厚生にはとても興味を惹かれ魅力を感じています。福利厚生には大きなコストがかかるにも関わらず、従業員を喜ばせ、モチベーションを高める企業は、顧客にも真心がこもったサービスが提供できると確信し、御社を選びました。

 

まとめ

会社に就職するにあたって、福利厚生が充実していることは魅力ですよね。ただ、面接時に福利厚生について述べた方が良いかは別です。企業が求めるのは働く意欲がある人材であり、福利厚生を楽しみに会社に来る人材ではありません。
ですので、面接でしっかりとアピールしたいことは、あくまで「自分のやる気・熱意・会社への関心」等です。福利厚生はアピールのためのひとつのキッカケにすぎませんよ。
企業側でも、ある程度は人材確保のために福利厚生を考えていることはあるでしょう。あなたが福利厚生を重視することは決して間違っているわけではありません。
志望動機としては、あくまで「あなた自身の良いアピールにつながること」が大切であることを忘れないでくださいね。

この記事の監修は


こちらの記事もオススメ


関連記事