【例文あり】新卒向けの自己PR徹底解説!考え方からポイントまで

カテゴリ

【例文あり】新卒向けの自己PR徹底解説!考え方からポイントまで

就活では自己PRがとても大切です。でも、実務経験のない新卒者にとって、自分のどんなところに企業が好感を持ち、どんなところを評価してくれるかは判断しにくいかもしれません。いざエントリーシートに向かっても、思うように文章が浮かばない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、新卒の就活における自己PRの作り方について、例文も挙げながら解説していきます。

就活で自己PRが必要な理由とは?

自己PRは企業に自分の魅力をアピールする手段!

自己PRは、就活生が企業に自分を売り込むための、いわば「セールストーク」です。たとえば、お客さんに商品を買ってもらおうと思ったら、その商品がどんなに優れているかを一生懸命説明しますよね。

同じように、就活生は自己PRというセールストークで、自分がいかに優れた人材であるかを企業にアピールするわけです。「セールスポイント」は、自分のスキル、持ち味、長所、あるいは強みなどになるでしょう。

自己PRは企業の判断基準のひとつ!

自己PRがセールストークなら、志望先の企業はあなたという商品を見極めるお客さんです。お客さんには「こんな性能の商品がほしいな」というザックリとした希望があります。あなたのセールストークにその性能が含まれていなければ、採用をためらう気持ちが生まれるかもしれません。

逆に、「最初の希望とはちょっと違うけど、別の使い方がありそうだから検討してみようかな?」と心が動くケースもあるでしょう。

このように、企業にとって就活生の自己PRは、その人材が自社の求める人材要件に当てはまるかどうかを見極める判断基準のひとつです。ですから、企業の希望をしっかりと理解して、相手の希望にマッチした自己PRに仕上げ、「こんな人材ならぜひ我が社に欲しい!」と思ってもらうことが大切です。

自己PRを組み立てるポイント

自己PRには自己分析が不可欠

自分のことをよくわかっていないと、適切な自己PRを書くことはできません。まずは自分の良いところ、自信のあるところ、人からほめられたことのあるところなど、セールスポイントになりそうなことを箇条書きにしてみましょう。

その中から、企業の求める人材像に近いものをピックアップして、裏付けとなるエピソードや体験談を探します。しっくり来るものが見つかったら、きちんとした文章に仕上げましょう。

効果的な自己分析のやり方って?これで内定レベルの自己分析が完了!

自己PRの構成は「結論ファースト」

自己PRは、最初に結論を述べるのが鉄則です。」

「私の長所は自分から率先して動く行動力です」
「私が御社の〇〇職を志望したのは、部活で培った精神力を活かせると考えたからです」

というように、最初に着地点をはっきりさせておくことで、相手を話に引き込みやすくなり、自分で文章を考える際にも組み立てやすくなるでしょう。

自己PRには努力や工夫の伝わるエピソードがマスト

結論を述べた後には、その結論を裏付けるエピソードが必要です。何かを克服したとか達成したという結果だけでなく、そこに至るまでの努力や苦悩のストーリーを盛り込むことで、自己PRに説得力を持たせることができます。

自己PRには客観的なデータも盛り込もう

自分目線にかたよった自己PRは、一歩間違えば自慢話や勘違いに取られる危険性があります。「第三者に〇〇と評価された」「××という成績を残した」など、客観的な根拠があれば、信頼性が増すのでぜひ盛り込みましょう。

自己PRはこれからの仕事につなげて締めくくろう

自己PRは仕事につなげてこそ意味を持つものです。ただのアピールで終わらせず、「この強みを活かして〇〇を目指したい」
「この長所はきっと御社の役に立つ」といった形で、アピールポイントを仕事につなげて意欲的に締めくくりましょう。


こちらの記事もオススメ

自己PRの例文4選


では、これらを踏まえ、経験値をアピールする自己PRの例文を2つと、自分の能力をアピールする自己PRの例文を2つご紹介しますので参考にしてください。

アルバイト経験をアピールする例文

私の強みは、この業界での3年半に渡るアルバイト経験です。

私は現在、御社と同じ輸入雑貨やコスメを扱うお店でアルバイトをしています。最初は接客だけでしたが、徐々に仕事の範囲が広がり、今では在庫管理や発注業務、ダイレクトメールの作成と発送まで、幅広い業務を受け持っています。

正直、販売以外の仕事を頼まれた時は、自分には荷が重いと感じました。でも、持ち前の負けん気でどうにか食らいついていく内に、コツやペース配分がわかり、今では「あなたの考えた発注スケジュール表はとてもわかりやすい」と店長に褒めて頂けるまでになりました。

この経験から学んだ、「どんな仕事も苦手意識を捨てて真摯に取り組み結果を出す」という私の信念を、ぜひ御社でも発揮したいと考えています。

ゼミをまとめた経験をアピールする例文

私は、仲間と助け合いながらゴールに向かうプロセスを大事にする人間です。

大学のゼミでは副ゼミ長としてゼミ長のサポートをしてきました。そして教授やゼミ長とゼミ生との間にトラブルやわだかまりが生じた時に、双方の意見をすり合わせてまとめるポジションにやりがいを感じていました。

活動に消極的なゼミ生がいれば、役割分担を見直したり、SNSで情報を共有するなどの新しい工夫を試みました。また、ゼミ内の縦のつながりを強化するために、懇親会や学年を超えたグループ研究を企画しました。

その甲斐あって、ゼミ生の中途移籍者をゼロにできた時は本当に嬉しかったです。御社でも、みんなの気持ちをひとつにまとめるにはどうしたらいいのかを常に考える社員でありたいです。

リーダーシップをアピールする例文

私は自ら率先してリーダーシップを取りに行く性格です。

大学のテニス部ではキャプテンに立候補して、この1年間、30人の部員をまとめてきました。キャプテンを務める上で私が最も大切にしているのは部員一人ひとりとのコミュニケーションです。そのため、私がキャプテンになってからは、定期的に部員と個人面談を行ない、それぞれの近況や要望を確認しています。

そして問題があれば、みんなで話し合って、偏りのない公平な解決ができるように心がけています。部内の風通しを良くして、不満をためこまない環境を整えてこそ、一致団結して部としての本領を発揮できると信じているからです。

この経験を通して培ったリーダーシップを仕事にも役立てたいと考えております。

協調性をアピールする例文

私の長所は協調性があることです。どんな場面でも、相手が何を望んでいるか、どうすれば喜んでくれるかを考え、そのために自分にできることを考える性格です。

現在、英会話教室の受付のアルバイトをしていますが、訪れるお客様によってご要望はさまざまです。しつこい勧誘を警戒しているお客様もいれば、懇切丁寧な説明を求めているお客様もいらっしゃいます。私は、そうしたご要望をできるだけ素早く見抜き、お客様の嫌がる接客はしないように気をつけています。

入学を迷っているお客様に、「もう一度あの子と話をしたい」とご指名いただけるのがなによりの喜びです。社会人になってからも、お客様だけでなく、周囲の人への気遣いを忘れず、人間関係の緩衝材のような役割を果たしていきたいと思っています。

不安な時はプロに相談するのもおすすめ


自己PRは、自分の良さを自分で見つけてアピールする行為です。人によっては抵抗があったり、やりにくかったりするかもしれません。いくら推敲を重ねても、なかなかスッキリしないこともあるでしょう。

そんな時は第三者に協力してもらうことを考えましょう。就活のプロなら、客観的な目であなたの文章を吟味して、より良い表現を見つけてくれるはずです。行き詰まった時は気軽に相談してみましょう。

(※弊社就活相談のリンクバナー挿入予定です。)

まとめ

中途採用の就活とは違い、新卒には過去に積み上げた実績や実務経験がありません。ですから、まだ経験したことのない未知の仕事について、「自分ならできる」「やり遂げてみせる」という意欲をアピールすることになります。勝負の鍵は、ポテンシャルと熱意です。あなたの可能性と熱意に賭けようと企業が思ってくれるような、相手の心に刺さる自己PRを練り上げましょう。


こちらの記事もオススメ


関連記事