【ベンチャー企業の面接でよく聞かれる質問と解答例】面接合格への秘訣とは?

カテゴリ

【ベンチャー企業の面接でよく聞かれる質問と解答例】面接合格への秘訣とは?

ベンチャー企業を志望している皆さん、面接対策は進んでいますか?
実はベンチャー企業の面接には、ベンチャー企業ならではの特徴があります。
ですから、個々の企業研究も大切ですが、ベンチャー企業に特化した対策もしておく必要があるのです。

では、具体的にどのような点に気をつければ良いのでしょう?
今回はベンチャー企業に的を絞った面接対策をご紹介します!

この記事の監修は

ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット


そもそもベンチャー企業と一般企業は何がどう違うのでしょうか。
比較しながら見ていきましょう。

ベンチャー企業に就職するメリット

①新卒でも能力が評価される
一部の例外をのぞいて、ベンチャー企業は企業規模が比較的小さく、社員数もあまり多くありません。
そのため、社員1人1人の発言力が大きく、誰が何をしているかも一目瞭然です。
また、「年功序列」のような古い評価制度に縛られることも少ないので、たとえ新卒でも、結果さえ出せば、一般企業より成果が評価に直結しやすいというメリットがあります。
個性や独自の価値観も、一般企業よりは受け入れられやすいでしょう。

②大きな仕事を任されやすい
多くのベンチャー企業は「少数精鋭」です。
つまり新人でも、能力次第では責任あるポジションに付き、裁量権を持てるチャンスがあるのです。
大手企業なら何年もの下積みを経なければ任せられないような仕事も、ベンチャー企業なら意外と早く関われるかもしれません。

③経営者からスキルを学びやすい
ベンチャー企業では、創設者が社長で、しかも現場の第一線で活躍し続けている例が珍しくありません。
大企業では社長や代表者は雲の上の人ですが、ベンチャー企業では経営者が身近でバリバリと仕事をする姿を見られる可能性があります。
企業を立ち上げ、社員を引っ張る経営者の力量を直接見るのは、新人にとって貴重な社会勉強になるでしょう。

ベンチャー企業に就職するデメリット

①能力がなければ評価されない
一般企業であれば、万が一業務に適さないとわかっても、配置換えなどで対応してくれるかもしれません。
けれどもベンチャー企業にはそんな余裕が無いこともしばしばです。
結果を出せない人材は、下手をすれば会社のお荷物となり、社内でつらい立場に立たされることがあります。

②倒産リスクが高い
そもそもベンチャー企業は、ニッチな需要をうまく利用して急成長しているケースが多いものです。
けれどもそうした「隙間産業」が、いつまでも隙間であるとは限りません。
競合他社の出現や大手企業の参入により、ベンチャー企業が市場から締め出され、最悪の場合は倒産するリスクがあることも知っておきましょう。

③教育体制が整っていない
ベンチャー企業では、教育体制を整えるような人的・時間的余裕が無いこともしばしばです。
そのため、一般企業ほど丁寧な指導・教育は期待できないかもしれません。
上司や先輩をアテにせず、必要なスキルは自力で身に着けるストイックな姿勢が必要になるでしょう。

ベンチャー企業が求めている人物像


では、多くのベンチャー企業はどんな人材を求めているのでしょう。
そしてどんな人がベンチャー企業に向いているのでしょうか。

常に前向きな人

ベンチャー企業には、「常に新しいことに挑戦する」というアグレッシブな人材が集まりやすい傾向にあります。
当然、そこに合流する新人にも、何にでもチャレンジして困難すら楽しめる前向きな姿勢が求められます。

好奇心旺盛な人

ベンチャー企業では、新人と言えども多種多様な業務を1人でこなすことが想定されます。
ですから、「この手の作業は苦手で…」と尻込みする人材よりも、「はい、やってみます!」と2つ返事で引き受けられる、上昇志向の高い人材の方が歓迎されるでしょう。

事業に関する武器を持っている人

ベンチャー企業は、あまり大勢の新卒を一度に採用することがありません。
少ない人数で効率よく業務を切り回せるように、即戦力とまではいかないまでも、ある程度の強みやスキルがある、もしくは大きなポテンシャルを感じさせる新人を好む傾向にあります。

成果に対して執着心があること

ベンチャー企業では1人1人の業務量が多いため、仕事に追われてあっという間に時間が過ぎてしまいます。
けれどもベンチャー企業が成長を続けるには、成果を出すことが必須です。
そのため、単に仕事をしたというプロセスに満足せず、成果を出すことに貪欲な、ハングリー精神の持ち主が求められていると言えます。


こちらの記事もオススメ

よく聞かれる質問と回答例


では、これらを踏まえて、ベンチャー企業の面接で出やすい質問と回答例を見ていきましょう。

「当社の企業ビジョンには共感できますか?」

ベンチャー企業では、一般企業よりも独自の企業色が強いことがよくあります。
おそらく経営者の理念や経営ビジョンが社内に浸透しやすいためでしょう。
そのため、そのカラーに染まりにくい人材は、ミスマッチによる早期退職などのトラブルにつながることがあります。
ここは強い入社意欲を見せると共に、その企業のどこに惹かれたかを熱く語るのがポイントです。

【回答例】
「もちろんです。
そもそも私が御社を志望したのは、社長の「〇〇」という理念に強く共感したからです。
特に会社説明会で伺った社長のお話は、私の座右の銘である「××」そのものです。
こんな人の元で働きたい、この企業の発展に尽くしたいと心の底から思っています」

「業務内容は多岐にわたるものになりますが、対応できますか?」

前述の通り、ベンチャー企業では1つの業務だけをのんびりとこなしているわけにはいきません。
1人1人に任される仕事は、責任の重さもボリュームも一般企業を上回るでしょう。
その覚悟をうながす意味で、この手の質問も多く出されますから、相手を納得させられる答えを考えておきましょう。

【回答例】
「もともと機転がきく方で、突発的な事態にも臨機応変に対応できる柔軟さが私の強みです。
アルバイト先では接客、電話応対、在庫管理に発注業務など、いくつもの仕事を同時進行でこなすポジションについていましたが、すべて問題なくこなしてきました。
忙しければ忙しいほど逆にやりがいを感じる性格ですのでご安心ください」

「当社の知名度は決して高くないと思いますが、なぜ志望したのですか?」

志望度の高さを見ると同時に、なぜ数ある企業の中から自社を選んだのか、具体的な理由を問う質問です。
その企業の社風、商品力、将来性などのどこに惹かれ、どう貢献できるのか、具体性と説得力のある回答が求められます。

【回答例】
「御社は創立当初の既存ビジネスで市場シェアを維持しているだけでなく、着々と新分野にも進出していらっしゃいます。
現状に満足せず、常に先を見据えたアグレッシブな経営姿勢と、それを実現可能にしている御社の高い技術力に、社の知名度に関係なく惹かれて応募しました」

「休みの日は何していますか?」など私生活に関する質問

社員数の少ないベンチャー企業では、人柄やチームワークを重視する傾向にあります。
大手企業に対抗するには、全員が足並みをそろえ、一丸となって戦う必要があるためでしょう。
ですからこの質問には、協調性や心身の健康がアピールできる回答を心がけましょう。
ただし、見栄を張らず、ありのままに答えないと、誤解や過大評価をまねいて入社後のミスマッチにつながることがあるので注意が必要です。

【回答例】
「休日はよく友人と卓球をしに行きます。
卓球場がいっぱいの時は、代わりに遊び半分のバドミントンやビーチバレーをすることもあります。
みんなでワイワイとスポーツをしていると、日頃の運動不足も解消できる上、気持ちがスカッとして良い気分転換になります」

「将来の夢は何ですか?」

ベンチャー企業は、ある意味、夢を追う企業です。
そのため、明確な夢を持ち、実現に向けて突き進める人材に興味や共感を覚えるようです。
現実味のある夢や目標を挙げ、実現のためにどんな努力をするつもりか、できるだけ具体的に述べましょう。
そしてできれば、「この会社に入社すれば夢の実現が近づく」という点もアピールしたいですね。

【回答例】
「私の夢は、スキンケア業界初の、まったく新しい商品を開発することです。
一昨年御社から発売された〇〇は、これまであまり注目されていなかった××のケアに人々の関心を向けるトリガーとなった、まさに画期的な商品だと思います。
御社のホームページで開発秘話を拝見し、入社後間もない若手社員が開発に大きく貢献したことを知り、胸がおどりました。
努力次第では若手にもチャンスが与えられる御社の研究環境で、ぜひとも業務に貢献しながら自分の夢を実現したいです」

「学生時代に頑張ってきたことは何ですか?」

ガクチカと呼ばれるこの質問は、その学生がどんな価値観を持ち、何をモチベーションに動く人間なのかを見る質問と言えます。
ですから、自分が何に興味を持ち、どんな目標を設定したか、そして達成や実現に向けてどんな行動をとったかをしっかりと伝えましょう。
また、この質問には学生と企業との相性を読み取る意図もあるため、入社後のイメージがわくエピソードがお勧めです。

【回答例】
「私が大学でもっとも力を入れていたのは〇〇学のゼミです。
実際の市場調査はもちろん、海外の文献や過去の論文にも目を通し、新しい知識を得ることが楽しくて、ひたすら研究に没頭しました。
卒論を仕上げた後も、残った疑問を解消するため、有志を募って追跡調査を続けたくらいです。
実は、卒論よりもこの追跡調査がゼミの教授に評価され、この分野で知る人ぞ知ると言われる御社の存在を教えていただき、応募に至りました。
これらの活動で培った知識と、持ち前の負けず嫌いな性格を活かして、社長が今後の課題として挙げられていた××の問題を打破するお手伝いができればと思っています」

ベンチャー企業の面接の特徴と受かるための秘策!


一般企業の面接は、どちらかというと定型的な質問が多く見られます。
常識があるか、協調性があるかなど、社会人としての基本的なマナーとルールが身に付いているかどうか確認するわけです。
けれども多くのベンチャー企業は、「良い子かどうか」よりも「やる気があるかどうか」に関心を示します。
また、ベンチャー企業は資金が潤沢とは限らないので、採用に関して大きな失敗が許されません。
そのため面接官の本気度は高く、本人の内面を探ったり、目的意識や責任感の強さを問う質問が多く見られます。
以上を踏まえ、ベンチャー企業の面接を受ける時は次の点を意識するといいでしょう。

①向上心・成長意欲が伝わるような回答を意識する

前述の通り、ベンチャー企業では人材を育てる環境が大手ほど整っていません。
そのため、手取り足取り面倒を見なくても自分で成長していける、前向きで向上心にあふれた新人が好まれます。
「好奇心旺盛で、新しいことにはどんどんチャレンジするタイプです」
「人に指示されなくても自分の判断で動くことができます」
など、積極性と成長意欲を前面に出しましょう。

②企業にとってメリットのある人材だとアピールする

基礎から教えなくてもいい新人は、ベンチャー企業にとってありがたい存在です。
在学中にある程度の知識やスキルを身に着けている人は、その点を大いにアピールしましょう。
他にも、飲み込みが早い、機転がきく、順応力が高いなど、性格面の強みも大きな武器になります。

③企業理念・経営ビジョンへの共感を最大限に伝える

ベンチャー企業がもっとも恐れているのは、ミスマッチによる早期離職や就業意欲の低下でしょう。
そのため、「この会社のことは十分に調べ、よくわかった上で第一志望にしている」という強い意志をアピールする必要があります。

まとめ

一概には言えませんが、多くの場合、ベンチャー企業が求める人材は、目的意識が高く、責任感があり、将来性や伸びしろを感じさせる人物です。
ベンチャー企業の面接を突破するには、こうしたベンチャーならではの要望と質問の意図を理解しておく必要があります。
そして、自分が将来的に会社の役に立つ人材だということを、いかにして相手に確信してもらうかが、ベンチャー企業の面接の鍵と言えるでしょう。

この記事の監修は


こちらの記事もオススメ


関連記事