【就活タロット占い】就活のやり方が正しいか分からず、毎日が不安です。

記事監修

アバター
Naoko Iwata
Naoko Iwata


就活は長く厳しい自分との戦い。いつも明るい就活女子達も、ときには悩んで疲れてしまうもの。
そんな時、がんばる力が欲しくて占いに頼りたくなることもあるかもしれません。

このコーナーでは某企業で採用担当者という異色の経歴を持つタロット占い師、ユーキャンノ氏が、就活女子達の悩みを占います。

今回の相談者は、大学3年生の美津子さん(仮名)です。

◆ 相談内容 ◆

大学3年生です。就活をしていて、自分のやり方が正しいのか分からなくなってきました。
インターンに行ったりESを書いたりはしているのですが、どんな企業が自分に合っているか、どんなことをアピールすればいいのかが分からなくて、毎日が不安です。

こんな私に何かアドバイスをもらえないでしょうか。

「美津子さん、相談してくれてありがとうございます。」

「今日はよろしくお願いします。」

「就活をしていると、これまでやったことがないことばかりで不安になりますよね。先輩や周りの人の話を聞けば聞くほど、自分も何かしなきゃ!と焦ってしまうと思います。でも、大丈夫です。一人ひとりで、やるべきことや力を入れるべきタイミングは違うものです。そのことを知って、自分らしく取り組むことができれば、きっと良い結果を手に入れられるはずですよ。それではさっそく、カードを引いてみましょう。」

「はい、お願いします。」

身近な男性が進みたい将来の妨げに!?

「今回は今の状況と就活がうまく行っていない原因。そしてその原因を乗り越えるために必要なこと」を見てみましょう。……なるほど、色々なことが出ていますね。」

「なにか分かりますか?」

「まず、美津子さんはある程度「これがやりたい!」というものをお持ちのようです。できることなら、それに向かって進みたいという気持ちもあるのではないでしょうか。」

「そうですね……」

「では、何がその歩みを妨げているのか。そこに「身近な男性」を示すカードが出ています。お父さんとか彼氏さんとか、何か思いあたることはありませんか?就活の進め方に反対されているとか。」

「反対はされていないと思いますが、1年前に就活の話をしてから、父とはその話をほとんどしていないですね。」

「それはどうしてですか?雑談とかはしますよね?」

「普通に話しますが、なんだか就活の話は避けてしまっていた気がします。」

「なるほど……。就職に関して、ご両親と価値観が合わなかったりなかなか本音で話すことができなかったりして、ぎくしゃくしてしまう方は多いと思います。もしかすると美津子さんも、そういったご状況になってしまっているのかもしれません。」

「はぁ……」

「このカードからお伝えできることは、美津子さんには本当は進みたい道がある。ただ、お父さんに何かを言われたり、またはこれまで触れてきた価値観によって、無意識のうちにその道を選ばないように行動している可能性があります。」

「ぜひ、自分にこう問いかけてみてください。今、自分の進みたい方向性と素直に向き合うことができているだろうか?と。」

「進みたい方向性、ですか。」

「はい。どうしてこのようなことをお伝えするかというと、現状を乗り越えるために必要なことが「女性としての自分らしさを大事にすること」だと出ているからです。」

女帝のカード。

絵柄と名前の通り女性的な面を強調しており、意味合いとしては特定の女性や、物質的・精神的な満足感や豊かな実りの訪れを示している。今回は、将来の妨げとなっている男性に対する、美津子さん自身の女性的な面を重視すべきというメッセージだと読んだ。

「美津子さんは「就活」や「仕事」に対してどのような感覚を持っているでしょうか?周囲の人と競争して、がむしゃらに働いて、どこかで自分らしさを犠牲にしてでも頑張らなければいけないと思ってはいないでしょうか?そうした男性的な感覚ではなく、むしろもっと自分らしさや女性であることを大事にしながら就活と向き合う方が良い結果になると、このカードからは読み取れます。イメージとしては、誰かと競い合って内定を勝ち取るというよりも、和気あいあいとした雰囲気、周囲と協力しながら自分に合う仕事を選んでいく感じでしょうか。」

「そうですか……」

「ぜひ一度、自分のやりたい仕事について、改めてじっくりと考えてみてください。そして、そこで出てきた考えをを踏まえて、改めてお父さんと就活について話してみてください。そうすることで、自分に合った企業の選び方やアピールすべき強みが、自然と見えてくると思いますよ。」

同じ悩みを持つみなさんへ

就活をしていると「本当にこのままでいいのだろうか」と不安になることが誰にでもあると思います。
順調に進んでいるように見える人でも、一度は悩んでいるはずです。

そんな時は、改めて自分自身や身近な人たちと向き合い、自分が大事にしたい価値観を明らかにすることが大切です。
現状にしっくり来ていないということは、どこかで自分を大事にできていないということなんです。

就活中はたくさんの情報が入ってきますから、知らないうちに自分自身が変化していきます。
そして、人は変化すると不安になる生き物です。

そんなときこそ改めて自己分析を行い、「その時点でのやりたいこと・進みたい方向性」にアップデートすることが大切です。
そうしてアップデートした情報をもとに行きたい企業や自分の強みを考えれば、これまで以上に自信を持って志望動機や自己アピールを相手に伝えることができるはずです。
そして、それが本当の意味で自分にとって正しい就活のやり方を見つけることにつながるのです。

君ならできる!


 
■ユーキャンノ氏 プロフィール
京都大学で心理学を学んだのち、新卒で世界的キャラクターの展開を行う企業に入社。
1年目から人事として、新卒・中途両方の採用計画の企画・設計や面接、入社フォローなどを行う。
その後複数の企業でキャリアを積みながら、これまでの経歴を活かしたキャリアタロットアドバ
イザーとしても活躍中。
「ロジックだけで物事を決断することは不可能」という考えのもと、新しい視点を提供するため
にタロットを活用し、多くの人にアドバイスを行なっている。

記事監修

アバター
Naoko Iwata
Naoko Iwata